收藏

louis vuitton alma bag編集

[ルイ・ヴィトン] LOUIS VUITTON アルマPPM スリーズ トリヨンレザー M48879 [中古]
__null00
[ルイ・ヴィトン] LOUIS VUITTON アルマPPM スリーズ トリヨンレザー M48879 [中古] 
[ルイヴィトン] LOUIS VUITTON アルマ モノグラム モノグラム M51130 [中古]
__null00
[ルイヴィトン] LOUIS VUITTON アルマ モノグラム モノグラム M51130 [中古] 
「短歌の話をしましたよ。智秋さんの歌に、なかなかいいものがあったので、つい嬉しくて電話したのですから」  山田は迷惑そうに、眉をひそめていた。 「そのときに智秋さんが言ったことで、何か憶えていることがありませんかねえ」 「そうですなあ……何しろだいぶ前のことですから何を話したのか……日光のことを言っておられたような……そうそう」  山田は急に思い出したのか、いきいきした目になった。 「日光で面白いものを発見したとか、そんなことを言って、ちょっと気負っておられたような感じだったですね」 「面白いもの……ですか。何ですかね、それは?」 「さあ、何のことなのか、私は分かりませんでした」 「しかし、それはちょっとおかしいですな」  刑事の言い方が、不遜な感じだったので、山田はムッとした顔になった。 「おかしいとは、何がおかしいのです?」 「いや、おたくさんは、智秋さんが『日光で面白いものを発見した』と言ったことに対して、何のことだろうとか、そういう疑問は持たなかったのですか?」 「それはもちろん、持ったと思いますよ」 「だったら、当然、問い返したいという気になると思いますがねえ。そうはしなかったのですか?」 「いや、それはもちろん訊いたでしょう。いや、たしかに訊きました。何を見つけたのですかとね。訊きましたが、それに対する答えは……憶えていないというより、なかったのじゃないかな?……そうそう、たしか、いずれ教えてくださるというような感じだったと思いますよ」 「なるほど、そういうわけですか」  刑事は納得したらしいが、それでもなお、首をひねった。 「さっき、おたくさんは『気負っていた』と言っておられたが、どうしてそう思ったのです?」
表示ラベル: