收藏

ルイヴィトングラフィットジッピー編集

監察の山崎烝である。上にも下にも、ホテルや旅館が並んでいるが、邦彦はまず坂の上へ行くことにきめた。」 「喜んでいいのか、悲しんでいいのか、判らないなア。雌馬たちは耳を後ろに引きつらせ、目を剥いて流月を拒んだ。 「まさかあの子に渡すの?アディリシアを助けたように、黒羽を救ったように、誰かのためにあの瞳《ひとみ》を使ってしまうだろう。 (そんなに悪い印象の男だったのだろうかお茶飲む時ぐらいしか会ってないわ」 「それでかしら」 「何か、あったの?ウエストの、くびれた部分がきゅっと抱き寄せられて、亜希子は軽い目まいを覚えた。 「土方先生」 と原田左之助は不満そうにいった。土方歳三が指導したのちの新選組の戦術や、会津戦争、函館戦争のやりかたは、三多摩の土俗戦法から出たものである。
「あのとき……」 「そうよ。今でも部落の教会で、集会の時に説教ばやっております。長峰は、マンションの管理人室に連れていかれて、刑事たちの質問に答えつづけた。そういうやり方なのですね。 「その仕事は、あなたの本業でもあるけど、あたしたちにも必要な仕事よ。さらに鬼王丸は、そのまま馬を、砂浴びでもさせるような姿勢で横転させた。 自分はどうして生き帰れたのか。人に呪《まじな》いをかけて金をもらう穢れた者とおそれ、きらわれながら、一方では、医術師にもみはなされた者が、最後にすがるのは、呪術師だった。父の永種は東福寺に入つて一時僧籍をもつたが、やがて還俗して連歌師として立つた。 例の「離俗論」の中で、「何がしの禅師が、隻手の声を聞けというもの、則俳諧禅にして離俗の則也」といっているところである。
暗い夜。とにかく、すこしでもはやく、ここをはなれるべきだった。 「おまえたちがよくても、おまえたちには家族があるだろう!倉持が、土井稔殺しが矢田の手で曝露《ばくろ》されそうだ、と泣きつけば、黒島も黙っているわけにはいかないはずである。二階に行くわけにはいかなかった。北方に枝のない立木は此処には一本も生えていなくて、黒と紫を絞ったつつじの花が甘い香気のなかに赤金襴《あかきんらん》のように縮《ちぢ》んで見えた。だからな、そこに、不要品にみせかけて航海に必要なものをかくしておいてやろう。」 タルサンの衛兵たちのあいだから、どよめきがおきた。 「追うな、逃げるにまかせよ」 といいつつ、戦場に踏みとどまった美濃兵の一団を火の出るように攻めたてた。 小人数で敵陣を襲う場合、二つの法がある。
中肉中背かなあ。自分なんかまるでマネキンガールのようなもので、実に危険千万な話だ。 テレポート、つまり精神力による空間移動などということは、実際に俺たちの世界ではありえないと言ってもいい。隅田は妻の体がふわりと前へ倒れるのを見ていた。いずれ、人の社会にはいられなくなる。たとえ……死《し》んでいたとしても。どうせホラーなら全部お前気絶するだろうが」 「……そ、それはさすがにひどいんじゃないかな」 「んにゃ、俺はお前が『のび太《た》の魔界大冒険《まかいだいぼうけん》』で気絶したのを忘れねー」 「がっ」 いきなりトラウマを直撃《ちょくげき》された。 深夜零時の逢瀬《おうせ》。もっとも、ベルリンに着いたときにはすでに大分病勢が進んでいて、コッホは一目見るなり、 「なぜこんな瀕死の病人が来たのか」 と叱りつけたという。ナージの翼は強い。
昼に、お菓子屋の主人が契約書を持ってきて、ついでに手伝っていってくれたそうでした。 「逃げたのでしょう?裏返った声でヌガンは叫《さけ》ぶや、父の血で濡《ぬ》れた剣《けん》を、再び天に向けてかざした 闘蛇《とうだ》の群《む》れが、入り乱れて争うさまを、セィミヤたちは、声もなく見つめていた。 圭子はすっかり野々山と組むつもりになっていたのだ。日に日に頬がこけ、手首や肩などが目にみえて細くなっていくマリナに、ケアルは自分の無力さを感じずにはいられなかった。身のほどを、よく知っている」 傷口はここにも開いていると、氏の満身創痍《そうい》の面持を見つめるのである。だが彼らは、家のつくりや町並みの様子に気持ちを奪われている様子で、視線には気づいた様子もなく、もの珍しげな目できょろきょろとあたりを見回しながら歩いている。おれはビルの入口の、テナントの店名の並んだ案内用のパネルを見るふりをして待った。」 と例の通り一句一句に追いかけてしつっこく訊《き》く。ということは、脅迫屋と義兄のあんたが手を結んでるということを、和子さんに知らせることだ。
バベルの塔ぐらいは知っているだろう。 [#1字下げ]総長、御前に入るや天機特に麗しからず、総長の敬礼に対しても天顔を向けられず、最初より異状の空気を呈しあり。景行は知らないことだが、その言葉は、かつて夜叉が保憲に語ったものと同じだったのだ。多分、すごく痛かったせいだと思うんだけど」 裕生《ひろお》は心底|驚《おどろ》いた。 組閣の際に岡田首相は林陸相に留任を求めたが、このとき林陸相は「陸軍では在満機構の改正を考えて居る。 「はい。家康公以来の|御馬標《おうまじるし》を先頭にお立てあそばすならば、旗本、譜代大名の臣、ことごとく御馬前に死ぬ覚悟をもって戦いまする。いやがっている顔ではなかった。 鍵をまわしてドアを開けると、台所と部屋の境の戸が開いた。ロタ人の小屋に足をふみいれたときも、好奇心がさきにたって、おびえは感じなかった。
「香織様と隅田君の恋のはじめを祝って……」 隅田は二人の動作に合わせ、操られたように深紅の酒を飲んだ。彼女の事を、軽々しく口に……! なまあたたかい口が全身をおおった刹那《せつな》、チャグムは目をとじて、ハヤブサに変じた。「カゲヌシにとりつかれている」というのは、なんの証拠にもならない。一体、京のどこがきらいなのだろう」 「土が赤すぎる。 「なんですか、これ?街の辻占いは辛いだろうに、まだ人様の運命に手を出したいと見える。信栄ファイナンスの調査員たちだ。 「どうやら創造神霊教というのは、そこいらの貧乏神様とはわけが違うようだ」 北尾が頷いている。いま持ってんの?
……秋葉には、悪いと思ってる」 「………………」 翡翠はそれきり黙りこんだ。自分の作品を愛読してくれる人士と聞いて、好い気になって訪ねるなんて、自分のお目出度さに愛想が尽きた。 最後に、光秀と藤孝が披《ひ》露《ろう》した。 「知っているのかい、博士?) わざわざタンダの名をかたって、人をなぶるやり方には、にじみでるような悪意があった。 あはははは、と楽しそうに笑って、自らを殺そうとする俺を、迎えている。場合によっては、父が掘ってそこで死んだ場所から子が掘りつぎ、孫の代になってやっと、墓の中の財宝を盗みだすという。 みちるはため息をついた。 ギンザメ《フォルネウス》に攻撃《こうげき》を仕掛《しか》けさせるか?そこだけ四角い空白になっている。
表示ラベル: