收藏

チープLouis Vuitton-ルイヴィトン モノグラム マルチカラー アニー MM M40308 ショルダーバッグスーパーコピーブランド 通販編集

 邦子のそういう声が、やけに大きく響いた。 「マック、お連れしたぜ」  ジャンが言ったので気がつくと、二階から吹き抜けになったロビーへ、細身で面長の男がゆっくりおりて来るところであった。  黒いスラックスに白い上着を着ていた。額が広く、ちょっと険のある顔だちであった。  マックはジャンに顎をしゃくって見せた。ジャンは頷いて階段と入口の中間にある木の扉をあけて中へ入った。私と邦子はマックを従える恰好でそれにつづく。  そこもかなり大きな部屋であった。三か所にソファーとテーブルのセットが置いてあって、私たちは窓際にある革ばりのソファーに腰をおろした。 「砂漠は向こうから来るときにだけ存在する」  マックはいきなり言った。余り唇を動かさない陰気な喋り方であった。かなり渋い声である。 「まず、なぜそれが判るのか教えてもらえるでしょうね」  私は鄭重《ていちよう》に言った。 「俺も向こうにいた」 「まあ」  邦子が言う。 「それじゃ、やっぱり宇宙人に」  マックは頷く。 「僕らもそうなのです」 「ヴォネガットを知っているそうだな」 「ええ。しかし、ここにいるヴォネガットが……つまりJ・Gが、僕の知っているヴォネガットと同じかどうかは判らないのです」
表示ラベル: