收藏

ルイヴィトンエピ財布値段編集

 困ったワープロ取材  この欄の原稿は、ワープロで打ってから、それにファクシミリアダプターというキカイをくっつけて電話線からピーと送っている。キカイにはけっして強いほうじゃないのだが、バンドの新聞やファンクラブの新聞をワープロでつくっているため、会社のワープロは、全部で五台になった。 「ワープロについてインタビューしたいんですけど」と電話があったのは数日前。そういう依頼は初めてだったが、バンドの新聞からつくった単行本「今月の困ったちゃん」が完成したばかりだし、たいして気にもとめずに受けた。  ところがインタビュアーは連絡もせずに三十分遅刻。「仕事は全部ワープロでやっているわけですか」。そんなこといわれても、私、漫画家だし。二つのワープロ新聞を持ってきて見せると「この新聞は……」と言ったきり、私がつづきを言ってくれるのを待っている。見ればわかるだろ。だんだん「こいつ、困ったちゃんだわ」とわかってきたが、仕方がないので少ししゃべってみた。しかし彼は「もうワープロなしではいられません」というラブコールを期待していたらしく、機嫌が悪い。 「そりゃ確かに便利だけど、手で書いたもののうれしさってあるでしょ。ほら、この漫画のせりふ、全部手がき文字にしてみたの、これもいいもんでしょ」と本を開いて見せると、「じゃあ最近は漫画のせりふは全部書いてるんですか」。「あんた、あたしの漫画、読んだことないの?」「はあ」「どうも話が変なんだけど、なんであたしんとこにワープロの取材に来たわけ?」「エッセイも書いてるから」「じゃあどういう所で、これはワープロ使ってるなと思ったわけ? 何読んだの?」「……まだ読んでません」「そういう行きさえすれば何とかなるって根性、やめた方がいいよ。出直してらっしゃい」  彼は謝りもせずに帰った。たまにこうして私は無礼者を追い返す。やりたかないんだけどね。  恋愛という欠勤理由  少し前に「天気がいいので彼は会社を休んで私と一緒にいてくれた」という内容の何かのCMがあったが、私はあれが大嫌いだった。正面きって「今日は彼女といたいから休みます」と言ってるやつはまさかいないだろうから、良識ある方は「ひえー、うそ」と思うかもしれないが、女と一緒にいたくて会社を休む男って、いる。  まあ知り合ったばかりのころ、部屋に泊まったりすると、朝いきなり「さあ、会社だ現実だ、今日もいやな上司に頭を下げてがんばるぞ」という気になりにくいのもわからないではないが、なんで会社を休んでまで恋愛がしたいのだろう、セックス以外にしたいことはないのか。そういうやつは、君のために会社を休んだよというノリを女が喜ぶとでも思っているんだろうか……思ってっからああいうCMが作れるんだよな、と考えるとやっぱりいやだ。  よく仕事と家庭を両立するのに苦しむ主婦のCMをみて「何よこの、もう今日ご飯つくる元気ないって甘えるシーン! だんながつくればいいじゃないの」とか「あの人が言うように両立は無理? いったいなんなのここのだんなは!」と怒ってる人がいるが、あんなのよりももっと根が深いような気がするのだ。
表示ラベル: