ルイヴィトンタイガ素材
null
ルイヴィトン タイガ 6連 キーケース メンズ アルドワーズ M30532 【並行輸入品】
__47,90000
ルイヴィトン タイガ 6連 キーケース メンズ アルドワーズ M30532 【並行輸入品】 
null「良かった、それは不幸中の幸い……っていうのは失礼だね。子供には子供なりの苦しみがあるんだし。想像する事しかできないけど、辛い事も多かっただろう。静音ちゃんは我慢強いな」 「——————」  ……いやだ、泣きそう。わたしはまたも、みっともなく取り乱しそうになっている。悲しくて、切なくて、それよりずっと嬉しくて苦しくなる。  こんな苦しさは二年前の冬以来だ。家に帰って、子供の頃からの遊び相手だった柴犬のクリスの臨終の未来を視た時と同じ。  あの時の冷たさは今も心に焼き付いている。  わたしが帰ってくるまで待っていてくれたクリス。  翌朝、小屋の中ではなく、縁《えん》の下で眠るように息を引き取っていたクリス。  その風景を視ていながら、わたしは未来を変える事ができなかった。病院に連れていこうと、一晩一緒に過こそうと、クリスの臨終は動かせない答えの気がして。わたしにできる事はクリスが望んだ終わりを見てあげるだけなんだと涙した。  クリスの死の悲しみと、わたしを待っていてくれた事への嬉しさでその晩は泣き続けて、翌朝、クリスの現在《死》を見て、わたしはまた泣いた。人より一回分だけ多く、わたしは悲しい思いを背負わされる。  それをこの人は、口にするまでもなく思ってくれたのだ。 「———あ、あの!」  もうどうしようもない熱意というか、衝動というか、そういうのに突き上げられて声をあげる。手をつけていないアイスココア越しに、当方の敵発見。  なに? と顔をあげる黒桐さんに、 「た、他意はないんですけど……!  ……そのですね。いまからですね、幹也さんと呼んでしまっていいでしょうか!?」  心臓とか舌がおんぼろな懐中時計になったみたい。  ぎこちないわたしの声に、いいよ、と一つ返事の幹也さん。  ウォッシャーと心のギアを一段あげるわたしなのだった。