最高のsite louisvuitton jpルイヴィトン_ルイヴィトンダミエグラフィットポルトフォイユブラザ site louisvuitton jpルイヴィトンスーツ|実用的なsite louisvuitton jpルイヴィトン Lystbådehavn


2015-02-07 15:46    site louisvuitton jpルイヴィトン
 検察側は控訴した。  再度、血液型は別の権威あるT大学で鑑定されることになった。   被害者(夫人)の血液 B・M・Q・E型   シャツの血痕     B・M・Q・E型   容疑者N男の血液   B・M・q・E型  四種類の血液型検査を試みたが、夫人とN男の着ていたシャツの血痕は一致していた。自分の血がシャツについたというN男の主張は、嘘《うそ》であることが明白になり、殺害の容疑はますます濃厚になっていった。  しかし、被害者である夫人の血液が、容疑者N男のシャツに付着したと断定するのは納得できない。なぜならば、他の理由で被害者以外のB・M・Q・E型の人の血が付着する可能性も考えられるのではないかと、N男側の弁護士は反論した。  あの有名な国鉄下山総裁轢《れき》断《だん》事件(昭和二十四年七月)も同じような経過をたどっていた。  常《じよう》磐《ばん》線綾瀬駅近くで、深夜どしゃぶりの雨の中、総裁は轢断死体となって発見された。  T大学の法医学教室で、司法解剖が行われた。  結果は轢断部に生活反応がないという理由で、死後の轢断と判定された。つまり殺害後、飛び込み自殺のように偽装された殺人事件ということになったのである。  日本中は大騒ぎとなった。  死亡直前の下山総裁の足取りや、当時の社会情勢(過剰な鉄道員の大量解雇)などから、殺人の可能性は十分考えられた。しかし、別の見方をすれば大量解雇に悩み苦しんでいた総裁には、自殺という可能性も否定できない。  K大学の法医学者らは反論を唱えた。  とくに飛び込み自殺のような場合には、ほぼ即死状態だから、轢断部に生活反応は現れにくいので、これがないからといって直ちに死後の轢断と判断するのは早計である。自殺の可能性も考えられると、主張した。  聞きなれない生活反応という法医学用語が、マスメディアに登場し、日本中は自殺か他殺か、論争の行方《ゆくえ》を固《かた》唾《ず》を呑んで見守っていた。  これとは別に、法医学的争点の一つに現場の血痕が問題になっていた。