ルイヴィトンバッグlouis vuitton n53151ダミエアルマpmハンドバッグ加盟 louis vuittonモノグラム|ルイヴィトンバッグlouis vuitton n53151ダミエアルマpmハンドバッグの十大ブランド,ルイヴィトンバッグlouis vuitton n53151ダミエアルマpmハンドバッグいいか Lystbådehavn


2015-02-07 15:33    ルイヴィトンバッグlouis vuitton n53151ダミエアルマpmハンドバッグ
「あんた……自殺するつもりでいるの?」  葉子が繰り返し、男は無言で頷《うなず》いた。  瞬間、怒りが、まるで電気が走ったかのように蘇《よみがえ》った。怒り——そう。それはかつて感じたことのないほどの、猛烈で、凄《すさ》まじい怒りだった。  怒りは、消耗しきった肉体の細胞を突き動かした。 「ふざけるなっ!」  葉子が叫び、男がビクッとして後ずさった。 「あんた、自分のしたことがわかってるのっ! 死ねばそれで済むと思ってるのっ! バカ野郎っ! ふざけんじゃないよっ!」  葉子は自分でも信じられないほどのしっかりとした足取りで男に近づき、渾身《こんしん》の力を込めてその鳩尾《みぞおち》に拳《こぶし》を突き入れた。低く呻いて体を折った男の腕を鷲掴《わしづか》みにし、「一緒に来いっ!」と叫びながら部屋の出入口に突き飛ばした。立ち尽くす男を一瞥《いちべつ》し、足をもつれさせながらソファの上にあった自分のダウンジャケットに駆け寄り、汗で濡《ぬ》れた体にじかに羽織った。自分に歩み寄ろうとする男に「動くなっ、バカ野郎っ!」と怒鳴り、まるで猫の子を掴むように男の背中を掴んだ。 「さっさと歩けっ!」 「ちょっと待ってください、ヨーコ先生。少し冷静になって……」 「うるさいっ、黙れっ!」 「……でも」 「黙れったら黙れっ! このイカレ野郎っ! そんな簡単に死んでもらうわけにはいかないんだよっ! あんたにはこれから苦しみ抜いてもらわなきゃならないんだよっ!」  葉子は男の後ろから背を突き飛ばしながら部屋を出、黒光りする長い廊下を歩き、広々とした階段を下りた。 「この家に今、ほかに誰がいる?」 「……誰もいません」 「お母さんや家政婦さんたちはどこにいるの?」 「母は旅行に出ています。住み込みの者たちもみんな外出させました……今、家にいるのは先生とボクだけです」

最新情報

ランキング