louis vuittonルイヴィトンm93522スーツ_louis vuittonグラフィット,特価louis vuittonルイヴィトンm93522|louis vuittonルイヴィトンm93522新型価格 Lystbådehavn


2015-02-07 15:42    louis vuittonルイヴィトンm93522
   2  校門のすぐ横に、黒のプレリュードが停まっていた。  プレリュードのボンネットに寄りかかって、たばこを吸っている男は、一目でやくざとわかる恰好《かつこう》だった。  男は校門から出てきた宇津木の車と、運転席の宇津木の顔を見ると、プレリュードの助手席に乗った。プレリュードの中には、三人の男が乗っていた。  宇津木は何も気づかないふりをして、門から道に車を出した。プレリュードがうしろからついてくるのが、バックミラーに見えた。こういうことが、しばらくはつづくのだろうな、と宇津木は思った。  プレリュードは、ぴたりと張りつくようにして、宇津木の車の後についてきた。尾行ではなくて、威嚇《いかく》のつもりだとわかった。宇津木は、自分の行先をプレリュードの連中に隠そうとは思わなかった。  県営団地の藤田圭子の家の棟の前で、宇津木は車を降りた。プレリュードはすぐうしろに停まった。宇津木はプレリュードの中の男たちと視線を合わさないようにして、建物の中に入った。男たちは建物の中にまではついてこなかった。  インターフォンを鳴らしたが、返事はなかった。ドアの向うに人が近づいてきて、覗き穴からこちらを見ている気配があった。それからドアが開けられた。  藤田圭子は、ドアを開け、宇津木をちらと見ただけで、黙って奥に引き返していった。宇津木は中に入った。  藤田圭子はキッチンの食卓の前に坐《すわ》っていた。奥の部屋で音楽が鳴っていた。藤田圭子の前には、コーラが半分ほど残っているグラスが置かれていた。テーブルの横の棚に置かれた小さな水槽の中で、熱帯魚がゆったりと泳いでいた。母親は留守だった。 「何か用?」 「おまえのようすが気になってね。見に来たんだよ」 「おもしろい? 強姦された女の子を見るのは……」  宇津木は返事をせずに、椅子に坐った。 「強姦やりたくてきたんでしょう、先生」 「強姦、強姦て自分で言って楽しいか?」 「平気よ。何回でも言ってやるわ」