louis vuittonルイヴィトンダミエ
null
null「秋葉を———見ていた?」  殺人鬼は、秋葉を見ていた。  屋敷の中で。  獲物を狙う陰湿さで、物陰からじっくりと。  まるで、次の獲物を秋葉に定めたかのように。 「な—————」  背筋が凍った。  けど、今は立ち止まっている時じゃない。 「秋葉————!」  叫んで、全力で屋敷へと走り出した。  はあ———