ルイヴィトンダミエグラフィット長財布どんな商標は良い ルイヴィトンベルトポーチ中古 買ってルイヴィトンダミエグラフィット長財布どのウェブサイトの良い|ルイヴィトンダミエグラフィット長財布スーツ Lystbådehavn


2015-02-07 15:41    ルイヴィトンダミエグラフィット長財布
 そんなことを思い出しながら、僕は女を見下ろした。  痩せ衰えた肉体にモカブラウンの薄っぺらなショーツだけを身につけた女は、鉄格子の根元にうずくまり、目から涙を溢《あふ》れさせてこちらを見上げている。女の目の前には相変わらず、キツネ色をした春巻が転がっている。 「ねえ……こんなこと、もうやめて……このままじゃ死んじゃう……もう許して……何でも言うとおりにする……ここから出ても誰にも言わない……警察には絶対に通報しない……だから、お願い……ここから出して……」  かつてあれほど生意気だった女の口調は、今ではこんなにもかわいらしくなり、ふてぶてしかった態度はこんなにもしおらしくなった。 「あの日、あなたたちが食べ残した料理がここにあれば、少なくとも1カ月は食べていけましたね」  そう言いながら、僕はまた老酒《ラオチユー》を飲む。 「……許して……お願い、許して……」 「この地球には、生まれてから1度もチョコレートを口にしないで死んでいく子供たちが何十万人といるんですよ」  今度はシューマイを頬張りながら僕は言う。「生まれてから1度も肉を口にせずに死んでいく子供たちが、本当に何十万人もいるんですよ……そういうことを考えてみたことがありますか?……蜂の巣の炒め物、鹿肉の野菜炒め、ナマコと海老卵の煮込み、フカヒレの姿煮……あの時、あなたの残した料理で、いったい何人の子供たちが生き延びることができたんでしょうね……?」 「そんなこと、あんたに関係ないことじゃないっ? あたしが注文した料理をどうしようと、あたしの勝手じゃないっ?」 「そうです……もちろん、あなたの勝手です」  老酒を飲み、カリカリに揚げられた春巻を食べる。「あなたの残した料理は、あのあと、どうなったんでしょうね?……五目炒飯、海鮮湯麺、青菜粥、胡麻餡入り黄な粉餅、ジャスミンゼリー、マンゴプリン……生ゴミとして処理されたのか……それとも、カラスがつついて食べたのか……まあ、あなたには関係ないことですよね」 「ねえ、何か食べさせて。少しだけでいいの……お願い、食べさせて……お願い……お願いっ……お願いっ!」  部屋の中には相変わらず料理番組からの音声が響いている。女は鉄筋を握り締めて叫び続け、僕は鉄格子の向こうの壁に掛けられた、これから殺される雄牛を描いた絵を眺めながら食事を続ける。とろけるような肉を頬張り、肉から滲《にじ》み出すまろやかな煮汁を目を閉じて味わう。     2.  僕の自宅の1階部分は広いガレージになっていて、そこにクリームイエローの356ポルシェという古い車が停めてある。埃《ほこり》っぽいガレージにはほかにも、書籍や雑誌類、もう使わなくなったファンヒーターや電気ストーブ、キャンプ用品やバーベキューセット、ビーチパラソルやビーチチェア、サムソナイトのスーツケース、マングースのマウンテンバイク、野球のバットやテニスラケット、ぶら下がり健康機、ウォーキング・マシン、テーブルや椅子やソファなどのガラクタが雑然と並べられている。