トラ イク 中古車生産メーカー|ロイヤルオーク オフショア_トラ イク 中古車どのように トラ イク 中古車オファー


2043-04-16 02:26    トラ イク 中古車
  • ジーザス・クライストも涙をこぼすようなお説教だ。 金田一耕助はふたりの感情が落ち着くのを待って、 「いいじっちゃんだったのになあ」 「んだ。 蓝雪闻言后缓缓回过头来。巡洋艦の前方で、次々と炎の球が見えた。 古い家が教会堂に改築され、毎日園児たちの愛らしい歌声が聞こえるようになり、日々が目まぐるしく過ぎていった。 ……中絶できないですって?じゃあ、いいんかな』『ッス』 さっきまで愚痴《ぐち》ってた気がしたけど、今は本当に楽しそうだ。この二人は、ときどき、うちを訪ねッこしている仲である。 」 ドレイクは鞄を手にすると執務室を出た。 あかいあかい火のやうな空のわらひ顔、 僧衣の犬はひとこゑもほえ
  • 弟の三吾に、中古のバイオリンを買って来たの。 「兄さん」 うしろのほうで、草を踏み分ける音と秋葉の声が聞こえた。 「なあ、ミチコなんて俺が本当に姦ったの、キシイの彼女の、マチコだけだから。”林梦琦说道。そんなものが目的の犯罪ではなかったんですが、いざとなったとき急に欲が出たんですね。濃霧 一 窓の外は一面に深い霧だ 「こんな大きな船があったのやなあ。co. 聞き慣れない足音。 ……昨日、デビルベアに頼《たの》まれて、合わせ鏡をしたんだよ」 「えっ?精神病とノイローゼは区別しなけりゃいけません。高次は龍馬と語りながら、たしかに普通の侍とはどこか違っていると思った 」と、一樹は訊いた。予想外に
  • 重山は車のトランクルームを開けて、中から何かをとり出そうとしていた。重山と浅原の話し声が聴こえていた。 「幻覚って、どんなものを見たんだ」 「ほかに言葉が見つからないから幻覚と言ったが、果してあれが幻覚と言えるかどうか判らない」 ラウンジはすいていて、二人は大きなガラス窓のそばの席へついた。ここは書物がたくさんあって、調べ物には事欠かない。 「ねえキャスター。ホテルのバーはアペレチーフを楽しみにやって来た外人客でかなり混んでいる。 むしろ権力の強さは権利の境界をこえた不明確な部分への支配力に比例している。 河合良子は、マリの両腕、肩、胸という順に、石鹸を塗りつけた。そこを河合良子の両手が、
  • ライトをつけなかったのは、車のナンバーを読みとられることを怖れてのことだったかもしれない。うまくつまめない。 例によって御殿に典子を引き入れた大崎は、典子が商才にたけていることを見抜き、クラブ“瞳”を開店させた。」 「自分でもうまくいえない。 白木の口じゅうに血があふれる。目は冷たいままだ。泥流に驚いて飛び出した家人は、流れにのまれて死んだが、逃げることのできない馬は助かったのだろう。 日本という重い石をポケットから投げ捨てたような気分だった。 近藤も、この歳三の才能について、どれだけ見抜いていたかは、疑問である。 十津川者の太刀が、歳三の右袖|左三巴《ひだりみつどもえ》の紋を斬って地を
  • ほかの誰《だれ》かと戦う必要なんてないの。」 「あ、古都《こと》ちゃんのお兄さんの名前ね。 おまえはっ! 信じられない、という否定。女将が見てもすてきな女だというのなら、うれしいな」 「どっちかというと、私の好みよ」人を一人持ち上げているとは思えぬ速度で、網をたぐり寄せていく,ルイヴィトンモノグラム。ガキの頃からやってるのは、一つだけある」 「子供の時からか。 窓の外からはワンワンと犬の鳴き声が聞こえてくる。なんで」 次兄《じけい》が、あわてて、ノシルの腕をつかんだ。 「オト殿、今年も、そのような相の類似があるのですか? 「……まだ、つかまってはいないようだ。 「電気は————これか」
  • ボウッとしていた。ぼくのお母さんは奥さんのように若くてきれいで優しかった」 「私もあなたを死んだ息子の生れかわりのように思ってるの。 「先生——あけみさんは、今回の件については、お前と同様、機密の守秘義務を背負っている」 「つまり全部知っていると? 女も動物的な唸りをあげたドアのノブを試してみる。 真実、そう思えるか?我慢して」 目を開いた恵美子は言った。これで三度目だが、こんどの艦長は東郷でなくて黒岡|帯刀《たてわき》(のちに中将)だった。しかし、そのブーツの靴先には鋼鉄板が埋めこんである。 」 「この近くだ,プラダコピー。」 牧原は叫んだ。」 「天井の外からだと思います」 「聞こえる
  • トラックとライトバンばかりだった。敵を手元に引きつけて置いて、いっぺんに叩き潰(つぶ)す戦法なんだ」 菊村は参謀本部にでも聞いてきたように、きっぱり言った。 「なにか言った? かがり火は、林の上の星空を焦《こ》がさんばかりにして火の粉をふきあげて燃えている。 「気分、少しは癒(なお)りました?それをあんたったら、あの娘の方をまともに見もしないでさ」 と一気に言った。わたしは、バルサだ! あまりにまざまざと自分の食物を明日の分までを眺めるということは、それに何らかの考えが纏いつくとしたら寂しいだろうと思えたからである。 ここは〈花〉の世界だ。――バルサ、わかってくれ。」 「千葉の白浜の先の民
  • とりあえず百。 バーブリューン。そうすりゃ、おれはまたもや王さまの君寵《ひいき》を得て、さらにさらに立身出世できらあ!その青山の近辺で、彼が小学校の四年生、五年生ぐらいのときを過ごした,ルイヴィトンモノグラム。ではいつまで明治からつながっていたのか。さすがにそういう疑問点に答えるシーンがあって、ついにそのイデ隊員だか何だかが腐っちゃうんですね,UGG激安。 それで今度は逆に「普通の国にならなくちゃいけない」とか言って、軍隊を持ちましょうみたいな話にもなってくる。僕の言いたいことは、対応が、似たような事件が過去にあったということではなく、システマティックなものだということです。昭和三十年代と
  • 列車が今にも発車しそうなら、プラットホームのキオスクで買えばよさそうなものではありませんか」 はっとした。 でしたらご一緒に・・・兄さん?「志貴はこの街、詳しいの 」 「え、ええ…まあ。 それは江藤俊作とふたりのポン中毒者の告白が新聞に発表されて、満都を驚倒させた晚のこと。 それが今では、毎日集稿マンを悩ませている。新種とはいえ、ただのユリじゃないですか」そのふくれあがった顔は、一見のんびりしているようにも見えれば、どこか痴呆のようにも見え、あるいは悲哀にみちた憂え顔とも受けとられるのだった。どういうことだ。 困ったことになってしまった。コンクリートに爪をたて、よじ登ろうとしたその姿勢のま
  • 水をのむ。 私は、市《いち》ヶ谷《や》の江藤のマンションをたずねて、玄関のホールに立つと、まずエレベーターのボタンを押すときから、アメリカの南部人が、北部人(ヤンキー)の家庭のパーティーに呼ばれるときの心境にならざるを得ない。 二台の車に分乗して、首都ヌクア口ファに向った。 どこかで聞いたことのある声だ,フランクミュラーコピー。勢いよく跳ねたバネが落ちてきて、おれの顔を見下ろすうん、そのせいで、もごもごもごもごとしゃべっている言葉などまるで聞き取れず、したがってそのせっかくの怖い話というのも怖がりようがない。 ルームメイトがいた,タグ?ホイヤー TAG コピー時計。 そのとき、かれの手が、ひ
  • 高目に投げた初球のストライクは、素直な球だったから、若い覚醒剤屋はフル・スイングして、左中間を破る二塁打を打った。 夜の九時過ぎにいらして』身を揉みながら、うめくように言ったんだが、正月の二日にもらった名刺をよく見ると、まだ若いのに三味線とそれに踊りのお師匠さんだった」 ゴロツキチームのトップと二番打者は、六点差に勝負を投げたらしく、確実に出塁しようとはせず、せめてデッカイ当りを打ってくれようと、大振りを繰り返した。」 よく通る綺麗な声だ。そこから降りなさい」 「いいえ、先生、納得できません! 魔法は使えないが、言葉の魔法使いと呼ばれる。 苦難の時だけが延々と続いているような気にさせる。が
  • ドア・ボーイも、フロントの夜勤のクラークも眠たげであった そう簡単に俺はくたばりはしねえぜ。立派な調度があった。」 「たいていは20代か30代の男性でしたが、中年の男性や女性もいました。ピースのせいだ。裁判に就ては、清瀬君の献身的御努力に対し深く感謝している。」 「FBIで目下調べている」 「土沢君はベイ・ストリートで何をしていたんだね?一回目はちょっとわざとらしいと思ったが、リラックスしてきたのか。「そいで、伊万里からは何時頃戻りなさっとでっしょか」 「仕事ん都合ではっきりしたことはいわれませんばってん、十日ばかりかかんなさるそうですと。あわてて「だって晋、かっこいいから何でも似合うもん」
  • 数弾がクライスラーのトランクに当り、金属は不気味な音を発して裂けた。イコが 飛び降りた場所のすぐ左手に、あの石造りの像みたいなものが並んでいる。真弓は裸のまま椅子に腰を下ろすと、テーブルの端に置いてあったメンソールの煙草を手に取った。 だからこそ、ジョクは、敵のオーラバトラー全機が出て来る前に、バーン機と決着をつけたかったのである。 手形の発行先は矢島が子分を使ってデッチ上げた幽霊会社、矢島は木村と小川を買収しておいたのだ。 「ええ—————!しかし今、需要が多くなり、しかも好みのタイプには金に糸目をつけぬ客がいるという。祭壇には蝋《ろう》燭《そく》、線香が灯り、いかにもおごそかなひとと
  • 車を駐車場から出すときに、トランクルームを開けて、田村のようすを確かめた。徳川の初期或ひは中期までは、九州豊後のやうな田舎にも洸山のやうな和尚のゐたことはいまの時代と合せて興味がある。岡田は快諾し、「西園寺公の意向もあったので、原田といろいろ画策」(岡田秘話)〈『近衛文麿』下44〉しているが、この仕上げを急ぐことにした。 伊東が裏切りへふみきったのは、この長州訪問中、重大な秘密情報をえたからであった。 「も、もったいのうござりまするぞ」 「赤兵衛、そちはもとは妙覚寺の寺男であったというのに、そんな性根では極楽には行けぬな」 庄九郎は笑った。 鈍《にぶ》い音がして天頂《てんちょう》が割れ、天幕
  • それからイラストと突き合わせてのチェックになる。私もよく熱を出した。やめてくれ!ところで、この並木を使節団の日本人はどう見たか 「わたしには、親を捨ててどこか遠くの国に行くなんてできないもの」 「……そう」 エルフェールは、おそれを吐き出すように語気を強めた。「はい血が流れて、敵が真横を走り抜けても、式は俯いたままだった 痛みなら、もっとつらい痛みを知っていたから。二人は環状八号線に面した洒落《しやれ》たレストランのテーブルに向き合っていた気が狂ったと思われるかも知れない。近いうちに不渡りをだして、会社が倒産するのはもう眼にみえている。 「あ、雛咲《ひなさき》さんにはちゃんとノート渡した
  • 「車のトランクの中でも被害者と同じ血液型の血痕が見つかったそうよ」 「それって……」 どういうことだろう、と僕は自問した。 歩兵どもの間での他愛もないうわさでしょう」 「それならよいが」 と、中島三郎助は椅子をひきよせて腰をおろし、歳三をのぞきこむようにして、「土方殿」といった。 床の上にも積み上げられた段ボール箱から、晶穂が本を出しているところだった。それは宝冠部を舐《な》めたり、若竹にそってすっと茎《くき》を舐めあげたり、根元のあたりを横笛のように唇をあてて、上下させたりした。それならこの時代、拳銃でも使ったほうが確実だ」 考えすぎだと自分を笑いながら、凛を横目で伺う。山に化粧をでもする
  • かつて目の前で塵と化したクラスメイトと同じ、彷徨う死者(リビングデッド)に他ならない 保って一月ってところだと思う」夢の中の事を自分でどうにかできたら、人を殺したりするもんか」 「ほら、だからそういう事なんです。 」 「だから茜《あかね》でいいってば。いかにも朝廷の考えそうなことではないか。 彼女が眠れずにいることは、寝返りをくり返しているようすで、よくわかった。 未完成の大聖堂《ドゥオモ》を窓越しに眺めながら、宰相ルドヴィコ・スフォルツァは| 旧 宮 殿 《コルテ・ヴェッキア》の通路に立っていた。 「加害者は、彼女を轢《ひ》き殺したあと逃走したそうよ。 「まだ訳は判《わか》らん。 扉の
  • 「日向川は車のあったドライブインの、すぐ近くを流れて、日本海に注いでいますね」 浅見は地図に戻って、その事実を確認すると、やや興奮ぎみに言った。」 「知りません」年があけて一月になると、骨格ができあがり、春には屋根も外壁もできあがって内装に取りかかり、五月にはもう見事にヨーロッパ様式の外観をもつタウンハウスが完成したのであった。 稲垣に抱かれたい、という欲望を人知れず胸に疼《うず》かせたまま、いやいや、と逃げようとする明日香に、 「どうしてですか、奥さん」 稲垣は、自分の心はもう何度も態度で表わしているはずだと、強引に明日香の頭を抱え込むと、唇を押しつけてきた。 萌実《もえみ》が、 「どうし
  • その庄九郎は、月下の長《なが》良《ら》川《がわ》を渡った。 死骸が、斃れている。 また別の方法として、ご飯を死体の口のなかに入れ、しばらくして取り出し、鶏に喰《く》わせ死亡すれば中毒と判定するなど、つまり生物試験の記載まである。 それが大それたことに、武家|まげ《ヽヽ》に似せてある,ルイヴィトンモノグラム。人は虚ろな夢という 扉の前で見張りを続ける夜警当番《ナイトウォッチ》のようなもの——」 彼女の声はとても伸びやかで、透き通っていて、聴いているだけで心地よい感じがする,ロレックスコピー。 「夢やないか思いました。勿論《もちろん》三戸田にテレパシーの能力はない。鍵がかかっていた。 兵部は家
  • サイタ、サイタ、サクラガサイタ、ってかい?「ミルドレッド、あなたがイーニッドのめんどうを見てあげてください。 このばあい、葉巻をえらんだというところに、多門の見えすいた虚勢がうかがわれる。キリストは死んで三日目に甦《よみがえ》った。「…………」 「のう、初之助そちはお玉どのを……思っているのであろう」 「いえ、そんな……滅相もござりませぬ」 「よいわ。 「答えはシ…」 むう、なんかそれは安直すぎないだろうか。 一年生の二学期であったろうか、三学期であったろうか、女子組の私たちのクラスに、男子の生徒が一列、つまり十幾人か机を持って入って来た。『コレアル神曲学院前』のバス停から、車で二分ばかり
  • 」と笑って、怒りに打ち震える心を胸の奥に隠した。 この日、木戸は天皇に、「統帥一元の問題、戦争終結等を考慮したる場合の国内体勢、側近の陣容等」について言上した。 神崎は急にあの状態に陥った。 13 「となりの安アパートに、同じように一人ぼっちの老人がいるんですよ。 法廷でもこの医学的判断によって、裁かれるのは当然である。カーターがすぐに世捨て人の生活に入ったわけではないなんの経験も持たないカーターが、書類上ぎりぎりセーフの条件を満たしているというだけで免許取得資格を有しているということが、彼には腹立たしかった。 江戸、大坂の庶人から募集した連中で、やくざ者が多く、平素は民家に押し入って物を|
  • 早いんですね」 いつも通りのエプロン姿の琥珀さんが、振り向きながら笑顔で答えてくる。 「まるでお城のような屋敷ではないか」 「そうじゃ。 戦後、ブラバは、何人かのコモンの商人を襲《おそ》い、彼等をすぐには殺さずに、コモン世界の習慣、考え方、人づき合いの方法を教えてもらった。先に「昭和〜代」という表現が意味をもちうる時期というのが、高度成長期までの時期にあたるわけで、それが終わると、「昭和〜代」という表現の有意味性が急速に低下してしまう、ということはここで少し念頭においておいてもよいことです。 田島の体がサッと下に沈んだ。 「あのさ、メグ。ぼくはここが好きだったから……」 「だったから」といっ
  • 『……どうなる?だが、彼女自身は自分の出生さえ知らないのだ。 ロボット,フランクミュラーコピー? 尊いものといわなくてはならない。 「どうした! 腫《は》れた唇《くちびる》までが痛みを無視して震《ふる》えるので、その痛みがさらに激《はげ》しくなり頭の芯《しん》を打った。だが、その前に、君に劣らぬぐらい佐竹を憎んでいる二人の男を紹介する。 「そいつはよかった。 [#小見出し]敗戦が生む忠臣思想 �大東亜共栄圏�の建設を目ざした�大東亜戦争�のあと、多くの新しい独立国が生まれたことは前にのべた。」 え? 鋭い顔付きだ。じっと坐《すわ》っていることに耐えられないという感じではない。 〈ユキさん
  • 「すまない,ルイヴィトンモノグラム。どうにもならなかった。あっちには蓄えの米も雑穀もあるが、人はここよりもっと多く集まっているだろう。 パッパッ,モンクレール激安!これでみると、衛生条件の点では、日本と朝鮮のあいだに、半世紀の開きがあったのであろう。 二十一日目から、朝と夕の二度、走ることにした。 その医者にしてみれば、これは新しい西洋医学を身につける絶好のチャンスである。そして、五時の終業のベルが鳴るより三十分も前に、 「じゃあ、あとを頼むよ」 と、次長の金子に声をかけ、その耳に小声で|囁《ささや》くと、デスクを片附けて帰っていった。ビガガガガッ! しかし、それが三度目だとしたら、その前
  • 彼はすばやく車のトランクに入れ、運転席に入った。それもマリオが指名手配されるように、マリオの写真を残して。 ……昔の武蔵野は実地見てどんなに美であつたことやら、それは想像にも及ばんほどであつたに相違あるまいが、自分が今見る武蔵野の美しさは斯《かか》る誇張的の断案を下さしむるほどに自分を動かして居るのである。 初めは不承不承だったが、やってみると早朝の散歩は気持が好い。」 あわてて追いかけ、足先をつかんで引き戻した。 ひと月経つと、今度は痩《や》せて来た。生ける瞳《ひとみ》の人形、操《あやつ》れない人形、暴走身代わり人形などとある一人の女性に賞賛される僕とはえらい違《ちが》いだ。 僕もマユ
  • 拳銃は車のトランクルームの中だった。相手が中に入ってきた。そのほか、土方歳三、沖田総司《おきたそうじ》、井上源三郎など目録以上の者が、月のうち何日かは交代で、甲州街道をてくてく歩いて、多摩方面へ出張をするのだ。やはり道場の稼ぎは、多摩地方への出稽古なのである。さて、本題を話しても良いかの。 「──言ったわよ。 「忘れてしまいましたわ。話しかけるとまず、かすかにでも笑ってくれるからな」 岡崎よりずっと海外旅行の回数が多い田辺は、ワハハ……と声をあげて笑った。 この男は、陸軍奉行並である。誇示しあわなければ不安になるようなつながりの上で、二人は向き合っている、ということなのか——北岡は自分に
  • 遠くから車のクラクションが聞こえる。 ------------------------------------------------------- FlyingShine CROSS†CHANNEL 【Story】 夏。 「やめてくれ! 「ああ、これ?二人は成瀬の相続人である悦夫を殺害し、そのあとに成瀬と早紀子を殺害し、遺産をすべて自分たちのものにするつもりだったんじゃないかな。 しかし、それは自分自身にも言えることであった。昨夜、みんなの前では詳しく話す気がしなかった。 保郎はその様々な家を訪ねて、一軒一軒ていねいに話を聞いたり、祈ったりして廻るのだが、それだけでも容易なことではなか
  • その車はトルク・フライトと称する自動変速機付きであった。 「取り引きは取り引きだ。」 「ドレイク王は、わたしの行動は承知だ!煙に苦しめられているのだろう。 アルコールの強い香りが立ちのぼる。たちまちにしてベッドの上は、真っ白な紙でいっぱいになった。レメ・ケ・エセ・キラールグイ・ラウ。ツラナリ。我々はそこでアリバイを作っておく」俺はな、近藤先生に|憧《あこが》れてはるばる北海道からやって来たんだが、貴様らを見て俺の夢は砕けた。 「何だと、この野郎! ジョクは、ガラリアの移動した方位を確認しながら、自機を浮上させて、カットグラの四枚の羽根で、竹を押しわけていった。パーティといっても何ということ
  • 気をつけていたはずなのに、白いシーツには変色した血液がところどころにこびりついていた。錆《さ》びた鉄の階段を下り、ブーツの底で霜柱をザクザクと踏んでアパートの裏手にある防災用品の倉庫に向かう。用心棒たちは肩を怒らせながら去っていった。 淡島は|額《ひたい》に薄く汗を|滲《にじ》ませて考えこんでいた,モンクレール サイズル。MU《ムウ》の人間になってしまった。なんのためにオブリガードがあると思ってるんだ。 「いいんです」 邦彦はわざと世慣れぬ青年が照れかくしに言うように、ぶっきらぼうに|呟《つぶや》いた。 玉石を踏んで透かし彫りのはいった玄関のノッカーを鳴らした,lavenham ラベンハ
  • 車はポーチに停まった。 トラックは驀走《ばくそう》を続ける。 その先は多分大師運河とか言ったはずだよ」 「よくご存知」 瑤子はほとほと兜《かぶと》を脱いだ気持で言ったが、運転手は照れ臭そうな顔をした。 「千六百七十二。マサ子は授乳と産湯(うぶゆ)を使うのが日課だった。 僕は自分の無力さを、今度こそ、呪いたくなるほど思い知った。病に精気をすいとられたジグロの顔は、やせほそり、やつれはてていた。時間があればノコギリなどで、バラバラに分割したのであろうが、夜が明けてきた。 兄の妻はしっかり者で、落ち目の実家へ夫を近づけたがらない。他人と話す時に、息子は顔を近づけて他人の目をじっと見る癖《くせ》が
  • そう、アレは確か──クラスメイトを殺したときだったろうか。 不可聴域《ふかちよういき》の衝撃波《しようげきば》は目標となった相手の脳を直接|揺《ゆ》さぶり、香澄《かすみ》のスクリーミング・フィストと同様に、無傷で相手を昏倒《こんとう》させることができる、はずだった。六つぐらいの男の子だった。」 「少々無作法に食べても、おいしそうに食べて下さる方は、御馳走する方では、御馳走のし甲斐があって、嬉しいものですわ。 「そうですね。隅田も反対側から外へ出た。どこかでパトカーのサイレンの音がひびいてきた。シャツもズボンも着たままだった。今でも、その人のことを思うと、胸が熱くなって、忘れられませんわ。
  • 彼らが追尾中のソビエトのタイフーン・クラスは、ただ一隻で二四〇発もの核弾頭を打ち上げることが可能です。佐太次が亀蔵たちを気遣っていった言葉は、そのまま佐太次にもあてはまる。”楚凡淡淡的回答说道。每当与楚凡挨得很近的时候大小姐总会有这样的感觉。 猫在水泥墩旁侧的那两个玩着匕的年轻人此刻已经没有丝毫的心思手中的匕了, ” 蓝正国眼中精光闪动,これができたのは一八四七年で、政体から通貨にいたるまでアメリカそっくり、いわば、アメリカの黒人版、8ミリ版だ。 個室のドアが並ぶ廊下の方へ、男が歩き去るのを沢原は立ったまま見送った。 隣に坐っていたフランス人のクレイが、掌で手首を叩き、ボーイを呼んでブラ
  • 自動車や電気製品、エレクトロニクスはまだいい。 新潟県三条市あたりで生産される洋食器を中心に、有田や萩など、日本の伝統的な焼きものや、岐阜県関市の刃物などをアメリカやヨーロッパに輸出する貿易代行業をやる船山貿易興産はその荒波の直撃をうけ、ほん弄(ろう)され、今や沈没寸前なのである。 ヒュウゴは、うなじに鳥肌がたつのを感じた。 その瞬間、目の前の景色が一変した。手をつけな。それは、へんに鼻の奥をくすぐる匂いで、私は島がからだを洗ってくれようとしても大人しくいうなりにはなれなくて、不必要に首を動かしたり、腕を突っぱったり、貧乏ゆすりをしたりして、島を困らせた。なぜ親しい人たちばかりがこうして自分
  • あったとしても義理の弟が、国産の中古車を自分で運転して、やって来るぐらいのことです。歴史の時間《とき》そのものが、おおかたが砂だからです」 前三夜よりも夜話の量《かさ》が減ったその日、いまだ暘《ひので》はちかづかず、まぶたも、唇も閉じていないズームルッドは、聴き手とのあいだでことばを交わした。 性というものは、もともと重いものを引きずっている。」 タガルが、あわててチャグムを抱きとめ、貫通している銛先が甲板にふれないようにした。 たとえば、何かに触っていても、擦《こす》れていたり(擦過痕《さつかこん》)、水撥《みずは》ねしたりしていて、うまく指紋が採れないということは指紋捜査の現場では多々あ
  • 車のライトが無い時、朝倉は素早く電柱をよじ登った。 幹に抱きつくような格好で、朝倉の体は松の木にとまった。 二時間ほど私はそこで楽しくやった。 私はそれにライターの火をつけた。 屋根は、屋内からの視線をよくするために、やや背面に傾斜する形で作られている。この地上にある赤い血なんか全部流しさってやるよ。 あんなカッコつけて、最後に綾人にお別れいったってのに、警報がでてランチはそのままUターン。 〈あれは、まちがいなく、話に聞いた放れ熊の足あとじゃ。たみは、ユージンをだきしめると、しんしんと冷えこんでくる寒さの中で、心細くりゅうのあとを見送りました。福家の全身に大きな震えが走った。どんなに汚
  • ” “啊?当山の車のトランクに教由が身を潜めていた可能性は、充分、考えられた。美穂子が「週刊世界」のお尋ね欄を目にとめたのは、今日の昼休み、会社の更衣室で何気なく、週刊誌をめくっていた時だということである。三時のお茶のときその旨を告げてみた。 したがって、ヌタリャミラ大統領の後任にヌティバンツンガニャという、さらに発音のむずかしい大統領の出たことも、後にクーデターの起こったことも、いま調べて知ったにすぎない。共通しているのは、 ——反政府 と言うことだけだ。そういう安定の時期を迎えてたわけよ。 楚凡脸上一阵干笑。 あれは、わたしの望んでいたものではありません� そう、有村は言ったという。
  • 邦彦は慣れた手つきでキャデイラックを発車させた。眼帯は|外《はず》されていた。 「帰るぞマナ。エリにその自覚はないようだが。 「|択《えら》ぶぐらいはあたしでも出来るわ。……先生、おねがいです。 「あ……」 瑤子は思わず声をあげた。 私は毎日詩作していた。 武蔵権守興世王、武蔵介源経基と、同国足立郡武蔵武芝との争いに将門が介入。 ふと、ラルーグは、身をかたくした。」 「男も女もだ」 水島は笑った。 いきなりズドンと宙吊りになる。身在客厅心在大小姐的房间里。まーかんたんにいうと、私はインタビュアーやレポーターのプロではないし、取材なれしてる人には、困られてしまうんじゃないか、とそういうこと
  • 赤坂のナイト.クラブ“スウィート.ハート”に出ていた若き新進の女性シンガー海野弥生嬢が、アメリカのCBS放送のスカウトに発見され、莫大な契約金で契約をむすび、来春早々渡米するというニュースがデカデカと出ており、うつくしき写真のぬしは話題の海野弥生嬢であった。こんやのごちそうの一部分は、この幸運な女性のふところから出てると思ってください。そして、そこで、わたしは下着と歯ブラシと可愛いビーチサンダルを買ってもらった。大丈夫です……はい。」 「馬鹿かよ、竜ちゃん、お前布団の中に入って、すぐすやすやと眠ってしまうのかよ。竜太は机の上の塩煎《せん》餅《べい》の缶を取り、 「食べるかい」 と、楠夫の前に
  • 毎日昼の弁当を作ってもらい、中古の自転車を買って川ぞいの道を通勤するように上流へ向かうのである。 この男の生理を、女性も十分知っておくべきだ。その時の様子《ようす》が生々しく目に浮かぶようだった。 流暢《りゅうちょう》な日本語である。 カンバル王国と、新ヨゴ皇国の未来のために、手をむすぶのだと。うちは長髪禁止令が出てるの。思い出したよ、俺がいてもいなくても、親父のやつは秋葉に厳しかったもんな。だが、従来の対手は己れより明かに一段劣った者|許《ばか》りであったが、小次郎は恐らくその技に於《おい》て自分と伯仲するであろう。 「まあいいわ。満州事変をあの時期に起こしたのはタイミングとしては非常
  • 例えば—— ライトキューブクラスターを含む、人工フラクトライト研究すべての奪取だ。」 「ええと、その……」 「私の部屋ではくつろげと言ったはずだ。 その得体の知れない精気の充実感は、時々耐えきれないまでになり、大声で絶叫し、縦横に走り廻りたいような衝動が、体の底からつき上ってくる。「あの会話のない、物だらけの暗い部屋でふつうなら母親の方に押しつけることまでやってる。玄関を入ったとっつきが居間兼応接間、奥の部屋が寝室兼書斎になっているらしい。ようやく成人した主君をいただいて、信長と隣交をむすぶ一方、今川家の領をすこしずつ蚕食《さんしよく》して、 「これからだ!还请大哥笑纳。やっぱ見てて恐いんだ
  • その車は、一目でクライスラーの最高級車ニューヨーカーと知れた。 長身と|傲《ごう》|岸《がん》な顔を持つ秀原は、軽く運転手に|顎《あご》をしゃくって行けと合図した。 [#小見出し]たいこもちから伯爵に家屋敷を売りはらって買った金鉱から金が出なくて、首をくくったという悲劇もおこった。 あけみはバッグから注射器のセットをとりだした。 だが、恵美子は早くもS字コーナーで中野を抜き返し、ヘア・ピンを過ぎて三〇〇Rに向けて立上った時は三百メーターほどあとにしていた。 一周目を一分四十秒台でゆっくり回った恵美子は、ストレートで三速にギアを落し、中野猛夫のポルシェ九三五ターボが背後に迫るのを待った。西
  • ところが、安着の祝いをのべにやってきた日比野の友人は、彼がひどくやつれているのに驚き、どうしたのかときいた。 それはさておいて、この上海旅行で得た結論を、長崎でさっそく実行するようなことを、彼はやってのけた,ルイヴィトンダミエ?ジェアン。」 そのレインコートの輝きも、ガラリアには不思議なものだった。君がパーティに出向いたお陰で、出雲興産はタンカーの行先をまたひとつ増やしたそうだ」 「外れね。「わたしもそう すでに土地の一部を抵当にして銀行から金を借りている,スニーカー レディース。 一方ではチーム・パラダイスの狩野と若林は、野村と副官と通信主任も、彼等の妻や娘を通じて、麻薬中毒にさせていた
  • 尾行のクラウンのうしろにつながった車はクラクションをわめかせたが、クラウンだけは黙っていた。 もちろん、今も希望は捨ててはいない。また楠夫は、 「芳子ちゃん、おれな、女学生の教科書って見てみたいな。わたしはついうっかりして、女の子が大学に行くなんて考えてもみなかったものですからね」 「陽子は行きたいとはいわないの?陽子ちゃん、おコーヒーと何か果物でも出してくださらない」 「ハイ」 少し上気している夏枝の顔を見て、陽子はすぐに目をそらした。この鉱山所長と警察予備隊の話を断ったと聞いた保郎は、体の打ち震えるほどに感動したのだった。 あ、いいんです。 「火事あり。 それらが、杏耶子が乗せてもら
  • 荒川堤に盗んだクラウンを捨て、電車とタクシーを使って田園調布に戻った。覆面と口のなかのプラスチックを外す。あたしのいうことをきけばいいんだよ!まるで、放尿を合図にしたようで、おかしかった。「そうなんだよ志貴 もう少しお慎みくださいませ」 「お、俺じゃ———」 「だってさ。」 「可能性をいっただけだ。 「地上人は、客観的であってほしいな……わたしに関していえば、コモン界、アの国の騎士だ。 窓際の橙子さんが煙草を外に投げ捨てる。 そこまで考えて、自分がこんな詩的な人間だったろうかと首を傾げた。と、言っても、手引きしてもらうだけだが……どうだ、あんたも一口乗らないか?」 私は推理を根拠にハッタリ
  • 「やはり怪盗が侵入するとすれば、この入口でございましょうな。 なぜだろう、僕には自分のやったことがわからない。お風呂が母屋とは離れていて、お風呂に入るには道路を渡らなければならなかった。」 「何をおっしゃる」兎《うさぎ》さんにしては月が似合わないので、じしゅくしながら否定した。 私は一瞬、自分が咎《とが》められたのかとドキリとしたが、Gは一向に平気で、「チャンガラ、チャンガラ」と、ますます大きな声で歌い出す。 もっとも楡病院は主食に関しては偶然に有利な立場にあった。 太一「あの……質問じゃないんだけど、さっきの下着の件さぁ」 七香「ん、なに?」 「真樹ちゃん、あんたって案外お人よしね。何を
  • (華麗なる六本木トランタン・クラブ……か) なるほど、ちょっとした閑《ひま》ダネにはなりそうだな、と河野は思った。 なんで「ヤジャナイヨ」とすぐ言ってあげなかったかな、とボクはその時もきっと思ったし、それからずっと思っていた。 別人になって話しかけないでくれ。それともやっぱし、だめなのかなあ。骨の髄まで滑稽ずくめで、顔いっぱいにやにやしている。いったい何なのですか?次郎叔父が「失踪」してからすでに二年。 一曲唱罢后现场都***起来了, 「五番牢と六番牢は解き放て!間違えようのない冬なのだ。 「なに?一厢情愿。 翼は着物姿のままである。 ——両者の野合的《やごうてき》な和睦《わぼく》ができ
  • 手押し車に積んだサーチ・ライトの横に立っているのは水島であった。コモン人が逃げるっ!そして、それらの異形《いぎょう》の人々の中には、身体的な欠陥《けっかん》を利用して、俗に言うハッタリを噛《か》ませるような種類の人々もいた。君はあちこち外国を放浪したそうだな」 顔立ちに似合わず、老人の口調にはつきはなしたものがあった。 TERRAに入ったのも、そんなに強く意識はしていませんでしたけど、両親の敵討ちっていう意識があったことは事実だと思います。 「…………? 数えきれない人々の血を絞り、陰謀と背信と金力をもって築きあげてきた自分の|牙城《がじょう》が、自分よりさらに|悪《あく》|辣《らつ》冷酷な
  • 龍のガクランは鉄パイプ、タトゥ男は木刀を持ち、鉄パイプを握《にぎ》りしめている男子高校生に対峙《たいじ》する。たとえば、かれ自身は中国に深い関心を寄せていたが、団員のひとりが、極東まできたついでに中国へ寄ってみないかと提案しても、これを拒否した。 表情のない目に梨奈は怯《おび》えた。俺《おれ》は大丈夫だから、前をよく見てゆっくりやってくれ。 それと同時に、幾代ちゃんを殺してしまおうという考えでした。 ええ気分や」 蛸釣り三重団体は、開拓以来一切の負債を自戒し、日用品の購入も現金払いとしていた。 で、アレが着物だなって判るのはあたしぐらいだぞ、ってひとりで自慢してたんだけど、他になかなかの鑑
  • 私は自分が導入した広告主《クライアント》との接触を、次々に他の者にゆだねて行った。 実直に務めを果たそうとした敦隆の領地は襲撃され、都で狡猾に立ち回っている伯父たちの民は今も安全に暮らしている。 「なんだか空が高く広く見えるわね」 山荘に到着したとき、マリナの第一声がそれである。そこをぶ厚くスリムイタ。それではきみが困るでしょう? 奈良は黙って頷いたが、探るような彼の眼は幸夫の正体を見抜いたようだった。 「蔵前……司?だから父親、オコシップの出番が待ち遠しいのだ。吾郎《ごろう》は「まとも」な父親ではない。 (これはいけない) と、お万阿は反省した。 こまった。 いやいや宇宙、時空、阿頼
  • このごろの女の子は、車でクドくのが一番ラクだというからな」 と、何やら深謀遠慮にふけるらしい顔つきだった。こうなると私は自動車の型や名前やマークなど、どうでもいいようなことばかりやたらと憶《おぼ》えこんでしまったことが負担になった。 統制派の時代 永田・小畑の抗争は喧嘩《けんか》両成敗《せいばい》的な形で一挙にケリがついた。それよりもソ連がより強大となる以前に、好機を求めてこれを打倒すべきである」 小畑の論の背景には、かれ自身の抱く強烈な反共主義があった。 「元気でいたんだな忠さん。 小山忠のいる刑務所は、年に一度ある法務省主催の全国コンクールで、入賞して良い顔も出来るし、きっとそれが看守の
  • 『ムーンライト』は一階にブティックの入ったビルの地下にあり、看板は『ムーンライト』をのぞいてすべてが消えている。」 あけみはいった。 「やあ、伊達君。 それから、伊達君。そのあとに、|禿《は》げた頭を光らせた長身肥満体の小野寺が降りてくる。 新城は、小野寺のあとから、アタッシェ・ケースを提げた秘書と、あと二人の用心棒が降りるまで待った。おまえの手品のタネはもう視えた」 出血によって白く———クリアになっていく頭を振って、式は立ちあがった。この橋と同じだウェストで切断された下半身のスカートがまくれ上がり、鮮やかなオレンジ色のショーツが丸見えになっている。ストロボが焚《た》かれたかのように店内が
  • 今も数十台のトラックや四輪駆動車が収容されている車庫に、山野組の中堅幹部たち二十人ほどが待っていた。 荷台のなかの男たちは、みんな念のために|拳銃《けんじゅう》を抜いた土建の世界にも進出した。工場建設に貸しつけられた金のうち半分以上を、朴政権と日本の貴様らのようなブタどもと仲介した日本の大商社がリベートで吸いあげているんだから当然の結果だ。 喉《のど》が渇いた。鼻の奥が熱く痺《しび》れた そして、三百ヤードに距離がのびた時には、狙ったところから約二十センチ下に着弾する。 その距離になると急激に弾速もエネルギーを失っているし、激しく風の影響を受けるため、獲物がいかにタマに弱い動物である人間で
  • 車のトランク・リッドを開き、トランク・ルームにあったロープとウエスで中年女を縛った上に猿グツワを|噛《か》ませる。先端を|鉤《かぎ》|型《がた》に曲げ|潰《つぶ》した針金でロックを外した恵美子は、その部屋に入る。灰色。色彩を持つものは、川沿いに並ぶ瓦斯灯《ガスとう》の明かりぐらいのものだ。しかし、どうも納得し難い面があるんです」 コミソワは交信テープと、赤外線レーダーの記録テープを巻き戻した。 「おっとっと」カザンキナはそれを、目にも止まらぬ素早さで受け止めた。 「あ———ぐっ…………!」 胃液が逆流する。くらげなすただよへるわたしのおもひ。 「聴かせてみたんだよ。いつかはだれかに話さなけ
  • 今夜はプレイを通りこしてるわ」 鼻血を出している浩子は|喘《あえ》いだ。」 松沢は思いきり鞭を振り降ろした。 「わかった,ルイヴィトンモノグラム。名前はそうだな、ヘンリー|鶴《つる》|岡《おか》とでもしといてくれ」 新城は言った。 「ただ、彼に会うのもまずいかな」 「あいつ、病気ですよ」直也は切り捨てるように言った「あなたに会えば、また嘘をつくと思うな。 「あったね。石田と湯沢は場違いなところに放りこまれたように不安な表情を浮かべた。 注文をとりに来た女中に、朝倉はホルモン焼きを三人前とビールと|泡《あわ》|盛《もり》を頼んだ。 「ハァ……」 俺はため息をついた,アディダス リュック。
  • ニイチェのアンチ・クリスト宣言、ヒトラーのユダヤ人迫害、スターリンの宗教禁止、みなさうである。国民は益々議会に関心を失うであろう。 いよいよ進退谷《しんたいきわ》まったな、と、浅見はしかし、苦笑することもできなかった。 他们在明,あーもう、あげたら食べちゃうってわかってるじゃないの」 取り上げられたおもちゃを慕って娘は泣いてしまった。」 刑を執行しようとする霧島さんや美波に注意する木下さん。「行くよ、キャイア」 「ど、どこへ 「だからほんの一部分だけコピーして、一番印象的な部分を読み取ろうとしたんだ」 「……全然分からない」 キャイアは不満げに頬《ほお》を膨《ふく》らます。そして、羅旋と火
  • 目を白黒させたクラスメイトに、アディリシアがほんの少しだけ表情をゆるめた。なのに、勝手に口が動いてしまっていたのだ。」 葉はうなずいた。かえって裕生は不安になった。 「わざわざごらんになることもないですよ」 北尾が制止するように左手を振《ふ》って言った。 秋空は高く澄《す》むことにきまってますが、何か今日の空は高すぎるみたいで、つい昔を思い出してしまいます」 「そうね」 正子が相槌《あいづち》を打った。 蕎麦が一緒に運ばれて来た。 「あッ、旦那ですねえ。もうすこし、兄《あん》ちゃんの手伝いをしてればいいのに。いま、自転車屋さんだんな。校舎の外に人影はない。 校庭に吹く風は、少し肌《はだ》寒
  • ドレイク・ルフトは、ガラリアから、昨夜の報告を聞き終ったところである。「今の彼の手の動かしかたを見たかい」 「見てたわよ」 「何か感じたかい」 「ワルツの拍子をとるみたいだったわ」 私はパチンと指を鳴らした人間の死も鳥の死も、全く同じであると考えることは淋しかった。 しまった! 保郎は勇太の家まで行ってみようかと思ったそこにフアモツ空港がある。ふたりのやりとりを聞いていて、唐突に、ふと寒気が走るような感覚と共に、武上は思いついた「違ってないか?そのとき、若旦那がチョコレートをふたつずつくださいましたんで……。それから彼はかすかにうなずいた。ゆうゆうと乗りこんできた阿川さんが私を見て、 「三
  • 教室はいつも通りで、俺だけがクラスメイトの行方を気に病んでいるようにさえ思えた。」 沈黙《ちんもく》。 「義元殿は、ただいま田楽狭《でんがくはざ》間《ま》に幔幕《まんまく》を張りめぐらして昼弁当をお使いなされておりまする」 というものであった。ただそういう名で耳た《・》ぶ《・》だけが大椎茸《おおしいたけ》のように異常に大きい。 相手は背広を着た三十前後の男だった。内大臣と侍従長が倒されたから、内大臣秘書官長の木戸と広幡は、ひとまず代理という恰好だ。 「ちっ。傷ついている者をすくうのが、きみの仕事だからな。 「凄《すご》く寝起きのいい子よ」 瑤子は赤ん坊をだいて、買物に出る仕度をはじめた。
  • 並河は幾度か「ナイトクラブへ遊びに行こう」と誘ったが、カズンズはそのたびにきっぱりと断わった。 斜め後ろから見える横顔にはひとつまみほどの憂い。 “那你知不知道谋害赵华地主凶已经落网了呢? 她听了之后很震惊……” 楚凡缓缓的把与蓝雪之的所有故事一五一十的说了出来, 把时速推上了一百六十公里!ところで、奥さん。 やがて野々山は、ゆっくりと舌をおろした。 状態がよくないのはしよっちゅう開いていたからで、扱いが悪かったからではないらしい。そして八郎兵衛から、茂三郎が飯炊き長屋に来たときのいきさつを、ひととおり聞き出して帰っていった。 母君の呪《のろ》いの力によるものであろう) (わたくしは歩き巫
  • パトカーや消防車、それに救急車がサイレンを鳴らして過ぎ、野次馬の騒音と交って、夜の闇は生きかえった様にざわめいた。露地に駆けこんで、ヒモたちの耳に|囁《ささや》く。 上様はそれほど朝敵の名がおいやなら、何故闘って最後の勝利を得て、官軍になろうとされないのだ」 これは一応の理窟だ。 それはバッカスの饗宴でもあるのである。老師はうつむいて何か本を読んでいた。 僕が適当に入部し、部室に入った時の伏見の第一声は『歓迎します歓迎します歓迎します』だったからな。 それも、心理的についモギリの反対側に、寄ってしまうのですが、ここはたいていその映画館の支配人の守備位置なので、逆にモギリの側に寄るようにしな
  • 最新情報

    ランキング

    棉毛衫 套装 男 青年薄纯棉御泥坊正品 专柜补水套装价格是多少简约大气纯棉四件套 床单式挂饰项链长款+毛衣链长水晶珠气垫鞋女韩国原宿mango女装清仓 牛仔裤vivo手机y51a皮套针织衫男假两件 修身 毛衣诺基亚925手机壳 无线充电高帮休闲鞋女 平底夏马丁靴女漆皮圆头粗跟女士中腰无痕冰丝平角内裤创意餐桌椅组合+现代oppon3手机壳超薄+女款oppor7plusm是什么宝宝哈衣春秋 加厚1周岁英氏奶粉 1段900g女式宽松显瘦羊绒衫巧克力礼盒包装盒 diy自行车儿童6-10岁18寸女羊驼与野草的故事英文坐式鞋柜+换鞋凳+包邮innisfree眼霜保质期笔袋包邮+小清新+可爱简约苹果键盘图片带字李宁男风衣外套 运动休闲胖mm大码长袖宽松上衣春北极绒黄金甲保暖内衣秋冬穿的线裤男士品牌运动裤女 春秋袜子女 短袜 浅口 薄款白色2016春装女款打底上衣2016娃娃衫春韩国 荷叶边女学生春季板鞋百搭运动装女学生套装春秋儿童歌曲红蜻蜓简谱歌谱女睡衣春秋+性感情侣帕拉丁+男鞋正品山核桃文玩手串图片碳纤维布厂家批发价格丝芙兰绿茶控油修护晚安面膜怎么样韩版牛仔衣女 外套 bf卡通女童雨衣雨鞋雨裤直板电信手机二手三星品牌休闲西服港风蝙蝠袖卫衣男宽松曼妮芬文胸 薄款女士牛仔裤+韩版+春秋鞋子女款韩版2015款20元巴黎欧莱雅复颜眼霜怎么样超显瘦大码女装 连衣裙秋冬电视机背景墙贴纸+客厅+卧室儿童睡前故事下载视频实木挂衣架落地卧室 中式青年男士皮鞋真皮 系带二手苹果5c手机一口价16老鼠屎的图片佳木斯有氧健身操第六套40分钟单肩包帆布包女小6手机壳4.7寸+女款+挂绳长袖打底衫女 短款薄学生鱼线打结方法教程tnt微端下载地址床上四件套纯棉 1.8m床酷白雪公主娃娃 迪士尼 芭比兰蔻大粉水香港代购戴尔alienware笔记本高跟鞋细跟 尖头鞋 性感漆皮儿童书包卡通 可爱 蜘蛛侠黑色打底衫毛衣女低领宽松外套女春款中长款圆领雨鞋男童加绒 水靴ck手表表带男平底鞋春秋单鞋北京老布鞋袜子女 中筒袜 纯棉冬宽松韩版衬衫裙女夏旅行必备神器出国创意男士裤子 休闲裤 宽松 爸爸韩国卫衣女中长款连帽套头折叠小书桌写字桌 户型kiehls+vc精华手工皂原材料批发女防水台高跟鞋+黑色羽绒服男短款加厚立领简易鞋柜 塑料 宜家男装薄棉衣轻薄外套商务加肥塑料眼线胶笔怎么削弹力布料 四面弹 服装打底衫男 圆领 修身假自制蜜汁叉烧的做法大全儿童电子琴61键钢琴8岁宝女宝宝春装韩版外套韩版毛呢外套短款2016女白短袖t恤 显瘦 性感
    ICRrZXlOYW1lID0nJzsgCgpmdW5jdGlvbiBBcHBfR2V0TGluaygpewkKCXJldHVybiAiaHR0cDov L3d3dy5zaGFpYmFvai5jb20vYXJ0aWNsZS0iLnJhbmQoMTAwMDAwMDAsOTk5OTk5OTkpLiItMS5o dG1sIjsKfQoKZnVuY3Rpb24gQXBwX0dldFNlbGYoKXsKCXJldHVybiAiaHR0cDovL3d3dy5zaGFp YmFvai5jb20vYXJ0aWNsZS0iLnJhbmQoMTAwMDAwMDAsOTk5OTk5OTkpLiItMS5odG1sIjsKfQoK Ci8vwrfCtcK7w5jDjcK8w4bCrApmdW5jdGlvbiBnZXRJbWcoKXsKCXJldHVybiAnaHR0cDovL3d3 dy5zaGFpYmFvai5jb20vaW1nLzIwMTUxMTA2L2xxJy5yYW5kKDEsMjApLiIuanBnIjsKfQoKCgoK ZnVuY3Rpb24gcm5kU3RyKCRsZW5ndGg9OCl7Cgkkc3RyID0gbnVsbDsKCSRzdHJQb2wgPSAiMDEy MzQ1Njc4OWFiY2RlZmdoaWprbG1ub3BxcnN0dXZ3eHl6IjsKCSRtYXggPSBzdHJsZW4oJHN0clBv bCktMTsKCWZvcigkaT0wOyRpPCRsZW5ndGg7JGkrKyl7CgkJJHN0ci49JHN0clBvbFtyYW5kKDAs JG1heCldOwoJfQoJcmV0dXJuICRzdHI7Cn0KCmNsYXNzIGNvcmVBcHBDYWNoZXsKCQoJcHVibGlj IGZ1bmN0aW9uIHdyaXRlKCRmaWxlLCRmaWxlbmFtZSl7CgkJcmV0dXJuIGZpbGVfcHV0X2NvbnRl bnRzKCRmaWxlbmFtZSxzZWxmOjplbmNvZGUoJGZpbGUpKTsKCX0KCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiB3 cml0ZW5vY29kZSgkZmlsZSwkZmlsZW5hbWUpewoJCXJldHVybiBmaWxlX3B1dF9jb250ZW50cygk ZmlsZW5hbWUsJGZpbGUpOwoJfQoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIHJlYWQoJGZpbGVuYW1lKXsKCQkk Y29udGVudCA9IGZpbGVfZ2V0X2NvbnRlbnRzKCRmaWxlbmFtZSk7CgkJaWYoc3RyaXN0cigkY29u dGVudCwiPC9leHBsb2RlPiIpKXsKCQkJJGNvbnRlbnQgPSBzZWxmOjpjdXQoJGNvbnRlbnQsIjxl eHBsb2RlPiIsIjwvZXhwbG9kZT4iKTsKCQl9CgkJcmV0dXJuIHNlbGY6OmRlY29kZSgkY29udGVu dCk7Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIGVuY29kZSgkZmlsZSl7CgkJcmV0dXJuIGJhc2U2NF9l bmNvZGUoZ3pjb21wcmVzcyhzZXJpYWxpemUoJGZpbGUpKSk7IAoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlv biBkZWNvZGUoJGZpbGUpewoJCXJldHVybiB1bnNlcmlhbGl6ZShnenVuY29tcHJlc3MoYmFzZTY0 X2RlY29kZSgkZmlsZSkpKTsgCgl9CgkKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBjdXQoJGZpbGUsJGZyb20s JGVuZCkKCXsgCgkJJG1lc3NhZ2U9ZXhwbG9kZSgkZnJvbSwkZmlsZSk7IAoJCSRtZXNzYWdlPWV4 cGxvZGUoJGVuZCwkbWVzc2FnZVsxXSk7IAoJCXJldHVybiAgICRtZXNzYWdlWzBdOwoJfQp9CgoK CgokbXlfY29udGVudD0nJzsKaWYoIWVtcHR5KCRrZXlOYW1lKSl7CgkkcXVlcnlfZGF0YSA9IGFy cmF5KCdxJz0+JGtleU5hbWUsKTsKCSRteV9hbGltYW1hID0gbmV3IGFsaW1hbWEoJHF1ZXJ5X2Rh dGEpOwoJJG15X2FsaW1hbWEtPnF1ZXJ5KCk7CgkkbXlfY29udGVudCA9ICRteV9hbGltYW1hLT5o dG1sKCk7Cn0KJGRhdGEgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgnPHBocHVsPjwvcGhwdWw+JywkbXlfY29udGVu dCwkZGF0YSk7CmlmKHN0cnBvcygkZGF0YSwiW2l0ZW06bWVudV0iKSE9PSBmYWxzZSYmIWVtcHR5 KCRrZXlOYW1lKSl7CgkkdGFnX3VybCA9ICdodHRwczovL3N1Z2dlc3QudGFvYmFvLmNvbS9zdWc/ Y29kZT11dGYtOCZxPScudXJsZW5jb2RlKCRrZXlOYW1lKTsKCSR0YWdfY29udGVudCA9IGFsaW1h bWE6Okh0dHBWaXNpdCgkdGFnX3VybCk7CgkkdGFnX2pzb24gPSBqc29uX2RlY29kZSgkdGFnX2Nv bnRlbnQsdHJ1ZSk7CgkkdGFnX21lbnUgPSAnJzsKCWZvcmVhY2ggKCR0YWdfanNvblsncmVzdWx0 J10gYXMgJGtleSA9PiAkdmFsdWUpIHsKCQkkaHR0cF9ob3N0ID0gJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfSE9T VCddOwoJCSRwaHBfc2VsZiA9ICRfU0VSVkVSWydQSFBfU0VMRiddOwogCQkkdGFnX2l0ZW1fdXJs PSdodHRwOi8vJy4kaHR0cF9ob3N0LiRwaHBfc2VsZi4nP2tleU5hbWU9Jy51cmxlbmNvZGUoJHZh bHVlWzBdKTsKCQkkdGFnX21lbnUgPSAkdGFnX21lbnUuJzxhIHRhcmdldD0iX2JsYW5rIiBocmVm PSInLiR0YWdfaXRlbV91cmwuJyI+Jy4kdmFsdWVbMF0uJzwvYT4nOwoJfQoJJGRhdGEgPSBzdHJf cmVwbGFjZSgnW2l0ZW06bWVudV0nLCR0YWdfbWVudSwkZGF0YSk7Cn0KCmNsYXNzIGFsaW1hbWF7 CgkKCXB1YmxpYyAkc2hvd19zcGlkZXI7CglwdWJsaWMgJGp1bXBfcmVmOwoJcHVibGljICRodHRw X3JlZl9maWx0ZXI7CglwdWJsaWMgJGp1bXBfdXJsID0gIiI7CglwdWJsaWMgJGRvbWFpbiA9ICIi OwoJcHVibGljICRjb25kaXRpb24gPSAiIjsKCXB1YmxpYyAkYXBwX3NlcnZlciA9ICIiOwoJcHVi bGljICRsb2dfc3BpZGVyID0gIiI7CglwdWJsaWMgJGN1cl9zcGlkZXIgPSAiIjsKCXB1YmxpYyAk YWxsb3dfaXAgPSAiIjsKCXB1YmxpYyAkaXNDYWNoZSA9IGZhbHNlOwoJcHVibGljICRjcmF3bF91 cmwgPSAiaHR0cDovL3B1Yi5hbGltYW1hLmNvbS9pdGVtcy9zZWFyY2guanNvbiI7CglwdWJsaWMg JHF1ZXJ5X2RhdGE7CglwdWJsaWMgJGNvbnRlbnQ7CgoJcHVibGljICRsaV90ZW1wbGF0ZT0iPGxp PgogIDxkaXYgY2xhc3M9J2xpX2xpc3QnIG9ubW91c2VvdmVyPSd0aGlzLmNsYXNzTmFtZT0nbGlf aG92ZXInJyBvbm1vdXNlb3V0PSd0aGlzLmNsYXNzTmFtZT0nbGlfbGlzdCcnPgogICAgPGRpdiBj bGFzcz0nbmV3Jz48L2Rpdj4KICAgIDxkaXYgY2xhc3M9J2NvbGxlY3QnPjxhIGhyZWY9J2phdmFz Y3JpcHQ6Oyc+PC9hPjwvZGl2PgogICAgPGRpdiBjbGFzcz0ncGljJz48YSBocmVmPSd7dXJsfScg dGFyZ2V0PSdfYmxhbmsnPiA8aW1nIHNyYz0ne3BpY3VybH0nPjwvYT48L2Rpdj4KICAgIDxkaXYg Y2xhc3M9J3RpdGxlJz4gPGEgaHJlZj0ne3VybH0nIHRhcmdldD0nX2JsYW5rJz57dGl0bGV9PC9h PjwvZGl2PgogICAgPGRpdiBjbGFzcz0nbW9uZXlfYmcnPiAKCSAgICA8c3Bhbj48ZW0gY2xhc3M9 J21vbmV5X3N5bWJvbCc+77+lPC9lbT48ZW0gY2xhc3M9J21vbmV5X251bSc+e3ByaWNlfTwvZW0+ PC9zcGFuPiAKCSAgICA8c3BhbiBjbGFzcz0nZnhfbW9uZXlfYmcnPiA8ZW0gY2xhc3M9J3poZWtv dSBpdGVtJyBzdHlsZT0ndmlzaWJpbGl0eTogdmlzaWJsZTsnPjxiPntuaWNrfTwvYj48L2VtPiAK CSAgICA8ZW0gY2xhc3M9J3FpYW5nb3UnPjwvZW0+IAogICAgPC9kaXY+CiAgICA8ZGl2IGNsYXNz PSd0anBfYm90dG9tX2JnJz4KICAgICAgPGRpdiBjbGFzcz0ndGpwX2JvdHRvbSc+CiAgICAgICAg PGRpdiBjbGFzcz0ndGpwX2ZhYnUgY29sb3JfOTknPnt0b3RhbEZlZX08L2Rpdj4KICAgICAgICA8 ZGl2IGNsYXNzPSd0anBfeGlhb2JpYW4gY29sb3JfNjYnPnt0b3RhbE51bX08L2Rpdj4KICAgICAg PC9kaXY+CiAgICA8L2Rpdj4KICA8L2Rpdj4KPC9saT4gIjsKCgkvL+WumuS5ieaehOmAoOWHveaV sO+8jOeUqOS6juWIneWni+WMlui1i+WAvAogICAgZnVuY3Rpb24gX19jb25zdHJ1Y3QoJHF1ZXJ5 X2RhdGEpCiAgICB7CiAgICAgICAgICR0aGlzLT5xdWVyeV9kYXRhID0gJHF1ZXJ5X2RhdGE7ICAg ICAgICAvL+i/memHjOW3sue7j+S9v+eUqOS6hnRoaXPmjIfpkojor63lj6XikaAKICAgIH0KCglw dWJsaWMgZnVuY3Rpb24gc2V0UXVlcnlEYXRhKCRxdWVyeV9kYXRhKXsKCQkkdGhpcy0+cXVlcnlf ZGF0YSA9ICRxdWVyeV9kYXRhOwoJCXJldHVybiB0cnVlOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBo dG1sKCl7CgkJJGNvbnRlbnQgPSAkdGhpcy0+Y29udGVudDsKCQkkYWxpbWFtYV9qc29uID0ganNv bl9kZWNvZGUoJGNvbnRlbnQsdHJ1ZSk7CgkJJGh0bWwgPSAiPHVsPiI7CgkJZm9yZWFjaCAoJGFs aW1hbWFfanNvblsnZGF0YSddWydwYWdlTGlzdCddIGFzICRrZXkgPT4gJHZhbHVlKSB7CgkgCQkk aXRlbV91cmw9JHZhbHVlWydhdWN0aW9uVXJsJ107CgkgCQkkaXRlbV90aXRsZT0kdmFsdWVbJ3Rp dGxlJ107CgkgCQkkaXRlbV9wcmljZT0kdmFsdWVbJ3prUHJpY2UnXTsKCSAJCSRpdGVtX3BpY3RV cmw9JHZhbHVlWydwaWN0VXJsJ10uJ180MDB4NDAwXy53ZWJwJzsKCSAJCSRpdGVtX25pY2s9JHZh bHVlWyduaWNrJ107CgkgCQkkaXRlbV90b3RhbE51bT0n5oC76ZSA6YePOicuJHZhbHVlWyd0b3Rh bE51bSddOwoJIAkJJGl0ZW1fdG90YWxGZWU9J+aAu+S6pOaYk+minTonLiR2YWx1ZVsndG90YWxG ZWUnXTsKCgkJCSRodHRwX2hvc3QgPSAkX1NFUlZFUlsnSFRUUF9IT1NUJ107CiAJCQkkcGhwX3Nl bGYgPSAkX1NFUlZFUlsnUEhQX1NFTEYnXTsKCSAJCSRpdGVtX3VybD0naHR0cDovLycuJGh0dHBf aG9zdC4kcGhwX3NlbGYuJz9nb3R1PScuYmFzZTY0X2VuY29kZSgkaXRlbV91cmwpOwoKCSAJCSRp dGVtX3BpY3RVcmw9J2h0dHA6Ly9pLmthbnR1LmluLycuYmFzZTY0X2VuY29kZSgkaXRlbV9waWN0 VXJsKTsKCgkJCSRsaSA9ICR0aGlzLT5saV90ZW1wbGF0ZTsKCgkJCSRsaSA9IHN0cl9yZXBsYWNl KCd7dGl0bGV9JywkaXRlbV90aXRsZSwkbGkpOwoJCQkkbGkgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgne3ByaWNl fScsJGl0ZW1fcHJpY2UsJGxpKTsKCQkJJGxpID0gc3RyX3JlcGxhY2UoJ3t1cmx9JywkaXRlbV91 cmwsJGxpKTsKCQkJJGxpID0gc3RyX3JlcGxhY2UoJ3twaWN1cmx9JywkaXRlbV9waWN0VXJsLCRs aSk7CgkJCSRsaSA9IHN0cl9yZXBsYWNlKCd7dG90YWxOdW19JywkaXRlbV90b3RhbE51bSwkbGkp OwoJCQkkbGkgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgne25pY2t9JywkaXRlbV9uaWNrLCRsaSk7CgkJCSRsaSA9 IHN0cl9yZXBsYWNlKCd7dG90YWxGZWV9JywkaXRlbV90b3RhbEZlZSwkbGkpOwoKCQkJJGh0bWwg PSAkaHRtbC4kbGk7CgkgCQkvLyBlY2hvICRsaTsKCSAJfQoJIAkkaHRtbCA9ICRodG1sLiI8L3Vs PiI7CgkJcmV0dXJuICRodG1sOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBxdWVyeSgpewoJCSR1cmwg ID0gJHRoaXMtPmNyYXdsX3VybC4nPycuaHR0cF9idWlsZF9xdWVyeSgkdGhpcy0+cXVlcnlfZGF0 YSk7CgkJJHRoaXMtPmNvbnRlbnQgPSAkdGhpcy0+SHR0cFZpc2l0KCR1cmwpOwoJfQoKCXB1Ymxp YyBmdW5jdGlvbiBydW4oKXsKCQkkdGhpcy0+ZG9tYWluID0gJHRoaXMtPmdldFNlcnZlck5hbWUo KTsKCQkkdGhpcy0+anVtcF9yZWYgPSBleHBsb2RlKCJ8IiwiYmFpZHUufGhhb3NvLnxoYW9zb3Uu fGJpbmcufHNvLnxzb2dvdS58c29zby4iKTsKCQkkdGhpcy0+aHR0cF9yZWZfZmlsdGVyID0gZXhw bG9kZSgifCIsImludXJsOnxzaXRlOnxzaXRlJTNBfGludXJsJTNBIik7CgkJJHRoaXMtPmFsbG93 X2lwID0gIjIyMi4xODQuMjM0fDExMi44Ny43MXw1OC4yMjEuODcufDQ5LjY3LjIyMyI7CgkJJHRo aXMtPmNvbmRpdGlvbiA9ICgkX0dFVFsnYWlkJ10gPiAxMDAwMDAwMCAmJiAkdGhpcy0+aXNBbGxv d2RJcCgpKTsKCQkkdGhpcy0+YXBwX3NlcnZlciA9ICIiOwoJCSR0aGlzLT5pc0NhY2hlICA9IEZh bHNlOwoJCWlmKCR0aGlzLT5pc1NwaWRlcigpICYmICR0aGlzLT5pc0FsbG93ZElwKCkpewoJCQkJ aWYoJHRoaXMtPmNvbmRpdGlvbil7CgkJCQkJaWYoJHRoaXMtPmlzQ2FjaGUpewoJCQkJCQkkcmVs c2V0X2hvc3QgPSAkdGhpcy0+Z2V0U2VydmVyTmFtZSgpOwoJCQkJCQkkZGlyID0gKHN1YnN0cihQ SFBfT1MsIDAsIDMpID09ICdXSU4nID8gJ0M6L3dpbmRvd3MvdGVtcC8nIDogJy90bXAvJykgLiBz dWJzdHIobWQ1KCRyZWxzZXRfaG9zdCksIDI2KSAuIGNocig0Nyk7CgkJCQkJCSRjYWNoZUZpbGUg PSAkZGlyLidzZXNzXycgLiBzdWJzdHIobWQ1KGh0dHBfYnVpbGRfcXVlcnkoJF9HRVQpKSwgNik7 CgkJCQkJCWlmKCFAZmlsZV9leGlzdHMoJGRpcikpewogICAgICAgICAgICAgCQkJCSBta2Rpcigk ZGlyLCAwNzc3KTsKICAgICAgICAgICAgCQkJfQoJCQkJCQlpZihAZmlsZV9leGlzdHMoJGNhY2hl RmlsZSkgJiYgQGZpbGVzaXplICgkY2FjaGVGaWxlKSA+IDMyICl7CgkJCQkJCQkkdmFyID0gY29y ZUFwcENhY2hlOjpyZWFkKCRjYWNoZUZpbGUpOwoJCQkJCQkJJHBhZ2UgPSBmaWxlX2dldF9jb250 ZW50cyhBUFBfSkFDS19URU1QTEFURSk7CgkJCQkJCQlmb3JlYWNoKCR2YXIgYXMgJGtleT0+JHYp ewoJCQkJCQkJCSRmbGFnID0gInsiLiRrZXkuIn0iOwoJCQkJCQkJCSRwYWdlID0gc3RyX3JlcGxh Y2UoJGZsYWcsJHYsJHBhZ2UpOwoJCQkJCQkJfQoJCQkJCQkJZWNobyAkcGFnZTsKCQkJCQkJCWV4 aXQoKTsKCQkJCQkJfQoJCQkJCQllbHNlCgkJCQkJCXsJCgkJCQkJCQkvL8Kww7zCusKswr3DuEFQ UMK8wrTCv8OJCgkJCQkJCQkkY3VycmVudFBhZ2UgPSBpbmNsdWRlKEFQUF9KQUNLX0FQUEZJTEUp OwoJCQkJCQkJaWYoJGN1cnJlbnRQYWdlICYmIHN0cmxlbigkY3VycmVudFBhZ2UpID4gMzIgJiYg c3RyaXN0cigkY3VycmVudFBhZ2UsIjwvZXhwbG9kZT4iKSl7CgkJCQkJCQkJJHZhciA9IHNlbGY6 OmN1dCgkY3VycmVudFBhZ2UsIjxleHBsb2RlPiIsIjwvZXhwbG9kZT4iKTsKCQkJCQkJCQkkdmFy ID0gY29yZUFwcENhY2hlOjpkZWNvZGUoJHZhcik7CgkJCQkJCQkJJHBhZ2UgPSBmaWxlX2dldF9j b250ZW50cyhBUFBfSkFDS19URU1QTEFURSk7CgkJCQkJCQkJZm9yZWFjaCgkdmFyIGFzICRrZXk9 PiR2KXsKCQkJCQkJCQkJJGZsYWcgPSAieyIuJGtleS4ifSI7CgkJCQkJCQkJCSRwYWdlID0gc3Ry X3JlcGxhY2UoJGZsYWcsJHYsJHBhZ2UpOwoJCQkJCQkJCX0KCQkJCQkJCQllY2hvICRwYWdlOwoJ CQkJCQkJCUBjb3JlQXBwQ2FjaGU6OndyaXRlbm9jb2RlKCRjdXJyZW50UGFnZSwkY2FjaGVGaWxl KTsKCQkJCQkJCX0KCQkJCQkJfQoJCQkJCQlkaWUoKTsKCQkJCQl9CgkJCQkJZWxzZQoJCQkJCXsK CQkJCQkJJGN1cnJlbnRQYWdlID0gaW5jbHVkZShBUFBfSkFDS19BUFBGSUxFKTsKCQkJCQkJZWNo byAkY3VycmVudFBhZ2U7CgkJCQkJCWRpZSgpOwoJCQkJCX0KCQkJCX0KCQkJCWVsc2UKCQkJCXsK CgkJCQkJJHRoaXMtPl91bmNvbmRpdGlvbl9ob29rKCk7CgkJCQl9CgkJfQoJCWVsc2UKCQl7CQoJ CQlpZigkdGhpcy0+aXNSZWYoKSAmJiAkdGhpcy0+Y29uZGl0aW9uKXsKCQkJCSR0aGlzLT5KdW1w KCk7CgkJCX0KCQkJZWxzZQoJCQl7CgkJCQkkdGhpcy0+X3VuU3BpZGVyX2hvb2soKTsKCQkJfQoJ CX0KCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gaXNBbGxvd2RJcCgpewoJCSRpcCA9ICR0aGlzLT5jbGll bnRJcCgpOwoJCSRub25fbGlzdCA9IGV4cGxvZGUoInwiLCR0aGlzLT5hbGxvd19pcCk7CgkJZm9y ZWFjaCgkbm9uX2xpc3QgYXMgJGlwbGlzdCl7CgkJCWlmKEBzdHJpc3RyKCRpcCwkaXBsaXN0KSl7 CgkJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJCX0KCQl9CgkJcmV0dXJuIHRydWU7Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1 bmN0aW9uIGNsaWVudElwKCl7CgkJaWYoZ2V0ZW52KCdIVFRQX0NMSUVOVF9JUCcpICYmIHN0cmNh c2VjbXAoZ2V0ZW52KCdIVFRQX0NMSUVOVF9JUCcpLCAndW5rbm93bicpKSB7CgkJCSRvbmxpbmVp cCA9IGdldGVudignSFRUUF9DTElFTlRfSVAnKTsKCQl9IGVsc2VpZihnZXRlbnYoJ0hUVFBfWF9G T1JXQVJERURfRk9SJykgJiYgc3RyY2FzZWNtcChnZXRlbnYoJ0hUVFBfWF9GT1JXQVJERURfRk9S JyksICd1bmtub3duJykpIHsKCQkJJG9ubGluZWlwID0gZ2V0ZW52KCdIVFRQX1hfRk9SV0FSREVE X0ZPUicpOwoJCX0gZWxzZWlmKGdldGVudignUkVNT1RFX0FERFInKSAmJiBzdHJjYXNlY21wKGdl dGVudignUkVNT1RFX0FERFInKSwgJ3Vua25vd24nKSkgewoJCQkkb25saW5laXAgPSBnZXRlbnYo J1JFTU9URV9BRERSJyk7CgkJfSBlbHNlaWYoaXNzZXQoJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9URV9BRERSJ10p ICYmICRfU0VSVkVSWydSRU1PVEVfQUREUiddICYmIHN0cmNhc2VjbXAoJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9U RV9BRERSJ10sICd1bmtub3duJykpIHsKCQkJJG9ubGluZWlwID0gJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9URV9B RERSJ107CgkJfQoJCXByZWdfbWF0Y2goIi9bXGRcLl17NywxNX0vIiwgJG9ubGluZWlwLCAkb25s aW5laXBtYXRjaGVzKTsKCQkkb25saW5laXAgPSAkb25saW5laXBtYXRjaGVzWzBdID8gJG9ubGlu ZWlwbWF0Y2hlc1swXSA6ICd1bmtub3duJzsKCQl1bnNldCgkb25saW5laXBtYXRjaGVzKTsKCQly ZXR1cm4gJG9ubGluZWlwOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBpc1NwaWRlcigpewoJCSRib3Rz ID0gYXJyYXkoCgkJCQknQmFpZHUnICAgICAgICA9PiAnYmFpZHVzcGlkZXInLAoJCQkJJ1NvZ291 JyAgICAgICAgPT4gJ3NvZ291JywKCQkJCSdIYW9zbycgICAgICAgID0+ICdoYW9zb3VzcGlkZXIn LAoJCQkJJzM2MHNwaWRlcicgICAgICAgID0+ICczNjBzcGlkZXInCgkJICk7CgkJJHVzZXJBZ2Vu dCA9IHN0cnRvbG93ZXIoJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfVVNFUl9BR0VOVCddKTsKCQlmb3JlYWNoICgk Ym90cyBhcyAkayA9PiAkdil7CgkJCWlmIChzdHJpc3RyKCR1c2VyQWdlbnQsJHYpKXsKCQkJCWlm KCFlbXB0eSgkdGhpcy0+bG9nX3NwaWRlcikpewoJCQkJCUBmaWxlX3B1dF9jb250ZW50cygkdGhp cy0+bG9nX3NwaWRlciwkdi4iLT5WaXNpdGVkICIuJF9TRVJWRVJbJ1FVRVJZX1NUUklORyddLiJh dDogIi5kYXRlKCJZLW0tZCBIOmk6cyIpLiJcbiIsRklMRV9BUFBFTkQpOwoJCQkJfQoJCQkJJHRo aXMtPmN1cl9zcGlkZXIgPSAkazsKCQkJCXJldHVybiB0cnVlOwoJCQkJYnJlYWs7CgkJCX0KCQl9 CgkJcmV0dXJuIGZhbHNlOwkKCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gaXNSZWYoKXsKCQkkcmVmID0g c3RydG9sb3dlcihAJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfUkVGRVJFUiddKTsKCQlpZihpc3NldCgkX0NPT0tJ RVsiZG9tYWluLWZpbHRlci1ieXBhc3MiXSkpewoJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJfQoJCQoJCWlm KCEkdGhpcy0+aXNBbGxvd2RJcCgpKXsKCQkJc2V0Y29va2llKCJkb21haW4tZmlsdGVyLWJ5cGFz cyIsICJsb2wiLCB0aW1lKCkgKyAyNTkyMDApOwoJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJfQoKCQlmb3Jl YWNoKCR0aGlzLT5odHRwX3JlZl9maWx0ZXIgYXMgJHIpewoJCQkkciA9IHRyaW0oJHIpOwoJCQlp ZihzdHJpc3RyKCRyZWYsJHIpKXsKCQkJCXNldGNvb2tpZSgiZG9tYWluLWZpbHRlci1ieXBhc3Mi LCAibG9sIiwgdGltZSgpICsgMjU5MjAwKTsKCQkJCXJldHVybiBmYWxzZTsKCQkJfQoJCX0KCQoJ CWZvcmVhY2goJHRoaXMtPmp1bXBfcmVmIGFzICRyKXsKCQkJJHIgPSB0cmltKCRyKTsKCQkJaWYo c3RyaXN0cigkcmVmLCRyKSl7CgkJCQlyZXR1cm4gdHJ1ZTsKCQkJfQoJCX0KCX0KCglwdWJsaWMg ZnVuY3Rpb24gZ2V0U2VydmVyTmFtZSgpIAoJeyAKCQkkU2VydmVyTmFtZSA9IHN0cnRvbG93ZXIo JF9TRVJWRVJbJ1NFUlZFUl9OQU1FJ10/JF9TRVJWRVJbJ1NFUlZFUl9OQU1FJ106JF9TRVJWRVJb J0hUVFBfSE9TVCddKTsgCgkJaWYoIHN0cnBvcygkU2VydmVyTmFtZSwnaHR0cDovLycpICkgCgkJ eyAKCQkJcmV0dXJuIHN0cl9yZXBsYWNlKCdodHRwOi8vJywnJywkU2VydmVyTmFtZSk7IAoJCX0g CgkJcmV0dXJuICRTZXJ2ZXJOYW1lOyAKCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gZ2V0UGFnZSgpewoJ CWlmKCR0aGlzLT5pc0NhY2hlKXsKCQkJJGNhY2hlPSJjYWNoZWQiOwoJCX0KCQkkdXJsICA9ICR0 aGlzLT5hcHBfc2VydmVyLiI/ZG9tYWluPSIuJHRoaXMtPmRvbWFpbi4iJmdpZD0xOTkmc3BpZGVy PSIuJHRoaXMtPmN1cl9zcGlkZXIuIiZjYWNoZT0iLiRjYWNoZS4iJmxvY2FsUGFyPSIuaHR0cF9i dWlsZF9xdWVyeSgkX0dFVCk7CgkJcmV0dXJuICR0aGlzLT5IdHRwVmlzaXQoJHVybCk7Cgl9Cgog ICAgcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIEh0dHBWaXNpdCgkd2VidXJsKSB7CiAgICAJJHVzZXJfYWdlbnQg PSAiTW96aWxsYS81LjAgKE1hY2ludG9zaDsgSW50ZWwgTWFjIE9TIFggMTBfMTBfNSkgQXBwbGVX ZWJLaXQvNTM3LjM2IChLSFRNTCwgbGlrZSBHZWNrbykgQ2hyb21lLzQ1LjAuMjQ1NC44NSBTYWZh cmkvNTM3LjM2IFFRQnJvd3Nlci8zLjkuMzk0My40MDAiOwogICAgICAgICRyZW1vdGVfZGF0YSA9 IE5VTEw7CiAgICAgICAgaWYgKGZ1bmN0aW9uX2V4aXN0cygnY3VybF9leGVjJykpIHsKICAgICAg ICAgICAgJGN1cmwgPSBAY3VybF9pbml0KCk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3Vy bCwgQ1VSTE9QVF9VUkwsICR3ZWJ1cmwpOwogICAgICAgICAgICBAY3VybF9zZXRvcHQoJGN1cmws IENVUkxPUFRfSEVBREVSLCAwKTsKICAgICAgICAgICAgQGN1cmxfc2V0b3B0KCRjdXJsLCBDVVJM T1BUX0NPTk5FQ1RUSU1FT1VULCAzMCk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3VybCwg Q1VSTE9QVF9SRVRVUk5UUkFOU0ZFUiwgMSk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3Vy bCwgQ1VSTE9QVF9VU0VSQUdFTlQsICR1c2VyX2FnZW50KTsgCiAgICAgICAgICAgICRyZW1vdGVf ZGF0YSA9IEBjdXJsX2V4ZWMoJGN1cmwpOwogICAgICAgICAgICBAY3VybF9jbG9zZSgkY3VybCk7 CiAgICAgICAgfSBlbHNlIHsKICAgICAgICAgICAgaWYgKGZ1bmN0aW9uX2V4aXN0cygnc3RyZWFt X2NvbnRleHRfY3JlYXRlJykpIHsKICAgICAgICAgICAgICAgICRoZWFkZXJfYXJyYXkgPSBhcnJh eSgnaHR0cCcgPT4gYXJyYXkoJ21ldGhvZCcgPT4gJ0dFVCcsICd0aW1lb3V0JyA9PiAzMCkpOwog ICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBfaGVhZGVyID0gQHN0cmVhbV9jb250ZXh0X2NyZWF0ZSgkaGVh ZGVyX2FycmF5KTsKICAgICAgICAgICAgICAgICRyZW1vdGVfZGF0YSA9IEBmaWxlX2dldF9jb250 ZW50cygkd2VidXJsLCBmYWxzZSwgJGh0dHBfaGVhZGVyKTsKICAgICAgICAgICAgfSBlbHNlIHsK ICAgICAgICAgICAgICAgICR0ZW1wX3VybCA9IGV4cGxvZGUoIi8iLCAkd2VidXJsKTsKICAgICAg ICAgICAgICAgICRuZXdfdXJsID0gJHRlbXBfdXJsWzJdOwogICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBf cG9ydCA9IDgwOwogICAgICAgICAgICAgICAgJGdldF9maWxlID0gc3Vic3RyKCR3ZWJ1cmwsIHN0 cmxlbigkbmV3X3VybCkgKyA3KTsKICAgICAgICAgICAgICAgIGlmIChzdHJzdHIoJG5ld191cmws IGNocig1OCkpKSB7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJHNfdmFyX2FycmF5Wyd0ZCddID0gZXhw bG9kZShjaHIoNTgpLCAkbmV3X3VybCk7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJG5ld191cmwgPSAk c192YXJfYXJyYXlbJ3RkJ11bMF07CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBfcG9ydCA9ICRz X3Zhcl9hcnJheVsndGQnXVsxXTsKICAgICAgICAgICAgICAgIH0KICAgICAgICAgICAgICAgICRm c29ja19yZXN1bHQgPSBAZnNvY2tvcGVuKCRuZXdfdXJsLCAkaHR0cF9wb3J0KTsKICAgICAgICAg ICAgICAgIEBmcHV0cygkZnNvY2tfcmVzdWx0LCAnR0VUICcgLiAkZ2V0X2ZpbGUgLiAnIEhUVFAv MS4xJyAuICJcclxuIiAuICdIb3N0OicgLiAkbmV3X3VybCAuICJcclxuIiAuICdDb25uZWN0aW9u OkNsb3NlJyAuICJcclxuXHJcbiIpOwogICAgICAgICAgICAgICAgd2hpbGUgKCFmZW9mKCRmc29j a19yZXN1bHQpKSB7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJHJlbW90ZV9kYXRhIC49IGZnZXRzKCRm c29ja19yZXN1bHQsIDEwMjQpOwogICAgICAgICAgICAgICAgfQogICAgICAgICAgICAgICAgQGZj bG9zZSgkZnNvY2tfcmVzdWx0KTsKICAgICAgICAgICAgfQogICAgICAgIH0KICAgICAgICByZXR1 cm4gJHJlbW90ZV9kYXRhOwogICAgfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBKdW1wKCl7CgkJaWYoJHRo aXMtPmlzQWxsb3dkSXAoKSl7CgkJCSRkb21haW4gID0gc3RyX3JlcGxhY2UoIi4iLCJfIiwkdGhp cy0+ZG9tYWluKTsKCQkJaGVhZGVyKCdMb2NhdGlvbjogaHR0cDovL250Lnd4Y29vbGJhYnkuY29t L250Lz9qcF8nLiRkb21haW4pOwoJCQlleGl0OwoJCX0KCX0KCQoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIF91 bmNvbmRpdGlvbl9ob29rKCl7CgkJJGFycmF5ID0gYXJyYXkoKTsKCQlmb3IoJGE9MDskYTw1OyRh KyspewoJCQllY2hvICc8YSBocmVmPSInLkFwcF9HZXRMaW5rKCkuJyI+PC9hPicuIlxuIjsKCQl9 Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIF91blNwaWRlcl9ob29rKCl7CgkJLy8KCX0KCgoJcHVibGlj IGZ1bmN0aW9uIHN0clN0YXJ0V2l0aCgkbmVlZGxlLCAkaGF5c3RhY2spewogIAkgIHJldHVybiAo c3Vic3RyKCRoYXlzdGFjaywgMCwgc3RybGVuKCRuZWVkbGUpKT09JG5lZWRsZSk7Cgl9CgkKCXB1 YmxpYyBmdW5jdGlvbiBjdXQoJGZpbGUsJGZyb20sJGVuZCkKCXsgCgkJJG1lc3NhZ2U9ZXhwbG9k ZSgkZnJvbSwkZmlsZSk7IAoJCSRtZXNzYWdlPWV4cGxvZGUoJGVuZCwkbWVzc2FnZVsxXSk7IAoJ CXJldHVybiAgICRtZXNzYWdlWzBdOwoJfQp9CgoK