オーデマピゲ 銀座 移転ランキング8強|超高級腕時計,特価オーデマピゲ 銀座 移転_オンラインで購入するオーデマピゲ 銀座 移転


2043-04-16 02:28    オーデマピゲ 銀座 移転
  • 「その晚、ぼくは東銀座のキャバレー.ランターンというのにいたんですが、三十間堀の埋立ては完成しておらず、歌舞伎座は空襲にやられたまま、まだ醜い|残《ざん》|骸《がい》をさらしものにしておりましたし、じつに殺風景なもんでしたね。わたしもむろん日本の暴虐の数々を知っている。 あんなとこに階段があるじゃないの!抱得她差点窒息, 俺は魔法を使えないからね、と男は笑っていた。 「志貴、ソレは捨て置きなさい。 どうする?どこから駈けてきたんだ。側近政治である以上、側近からはずされた反主流派が、再起を計るときのスローガンなり、大義名分なりは、いつもきまっている 攘夷を断行するにあたり、高杉を起用して「
  • 自分から、「ゆうべ、なにと銀座を歩いてたらさ……」と話したり、相手のことを、「あら、いい指輪じゃない? 「胸に応えることがあったというわけか」 「そうなの。「ごめんなさい 「いちばんひどい目にあったのは知子さんだからなあ。」 渾身の皮肉を込めて疑問符を口にする。 私、本当はもともと大人しいの。」 「はあ、先生はあたしにこの家へかえるべきだとおっしゃるんです」 「ああ、それは当然ですね。井川の近親者のひとたちにも、そうとうのことをするつもりなんですけれど、お兄さま、すっかりあたしを誤解していらしって、ぜんぜんあたしの話に耳をかたむけてくださいません。 「ああっ、やだ、やだ……」 また誰にと
  • 銀色のカプセルが書類などに混じって転げでた。 わたしは異端の魔族《ジンニー》を招き寄せましょう。涙が流れ落ちた。 当時の歌といっしょに、ポリゴンキャラがアニメのOPそのままに動いてんだ。 「ああ、そうだ……本当?よろしいですね? 栄養が足りないせいなのか、運動不足のためなのか……それとも繰り返される性行為によって股関節《こかんせつ》がどうかしてしまったのか、ただ歩くだけで足がひどくふらつく。 半裸《はんら》の女戦士の胴体《どうたい》はカットグラの手で包《つつ》まれていた。公道レースなどでスリルを味わうことは、水島のひそかな誇りが許さなかった。 「まあ、奥へおいで。 バーンは、さらに北上し
  • その目は彼女の主と同じように、澄んだ狂気に染まっていた。髪をつかんで起し、膝頭で男の顎と顔面に二発、蹴りを入れた。娘は、魚に餌を与えるつもりか、庭の池のふちに腰をおろして朝の|陽《ひ》をあびていたが、通りかかった歳三に気づいて顔をあげた。 「やれって、何を? 異変は、それだけではない。なぜならば信長という男は口先でごまかされる男ではなく、家来の骨髄まで見ぬいてその人間を評価する男だ。 「失業中なんでしょ? 為朝《ためとも》の放つ弓の矢のようにだ。 そう思い込み、新しい天地めざして駆けに駆けているようなものであった。 また、この計画が事前に洩れることのないよう、日頃の会話などにも十分にご注意
  • 銀座でもてもての談合屋の、おれ以上じゃないか」 言いながら、鶴田は加寿美の尻を撫《な》でた。 室町はとうに社長とじかにパイプをつなげ、私なしでもうまくやって行ける状態だったが、業績があがるだけあがり、新会社としての攻撃的な時期を通りすぎて、備えを堅《かた》める時期にさしかかると、俄然《がぜん》社長の守備べたが目立ちはじめて来たのだ。 男は前にのめった。 あたりをきょろきょろと見回したが、もう見失っていた。私、ちょっと用事があるからお話はここまでにしましょう」 女の人は立ち去っていく。しかも或る松はいきなり倒れかかるような位置をつづけ、そのなりで固まったふしぎな形相《ぎようそう》で小さい谷
  • 」 典子は叫んだ。そして、銀座一のクラブのホステスとしてのマナーと教養とプライドを身につけさすために三浦半島にある寮で一週間の教育を受けさせると称し、採用した女たちを次々にフェリーで石鯛島に送りこんだ。 彼等がカットグラを直す。バーンは、まだトレンなどは信用していない。母ちゃんなんか、耳を ふさいで逃げちまう」 嫌がっているのではない。話してはいけないという決まりがあるのだ。 アメリカ人ドレークの例をあげると、彼は長藩の「壬戌丸《じんじゆつまる》」を三万五千ドルで買いとる契約を結び、これに村田蔵六をのせて、自分の持ち船「フィーパン号」で上海に引航し、「壬戌丸」を売って、その金でゲベール銃な
  • 一族は密談が終ると別々に屋敷を出て銀座や青山のクラブで落合い、野暮用のある者だけを別にして、赤坂や柳橋の待合にくり込む。身長は百八十を越え、学生時代は柔道でならした体はがっちりとして、腕なんかもへたな男よりも太い。俺が本当に、危険であることを。 モニターの中で、冬子はくてりと気絶していた。」 「今朝、言ったはずだ。 「こちらの衝撃度のほうが高ければ、なんの問題もないよ」 「でも……」 「大丈夫。 お玉、只一言、捨てると申してみよ」 「殿、憚《はばか》りながら、もはや……」勉強のために、大学1年と2年の夏休みにはロンドンにも留学したようだった。 だから、立花さんがいやにびくびくしているとマダ
  • 金田一耕助と等々力警部は、銀座のデパートM屋の六階喫茶室で中条奈々子と茶をのんでいた。 戸に耳を当てて様子を窺うと、ときたま堪えかねたようにしゃくりあげるかぼそい泣き声が聞きとれた。 」 「だから、もらおうと思ったんだ。 普段は女の子のいる店で飲んだりしないけど、今日は気晴らしに来たって言ってた。 「ばたばたするなよ、騒々しい。とまあ、ここまでは無責任にも蒸発した父親の、とおりいっぺんのアドバイスだ」 その言葉に、少年は再び顔を上げた。 寒い長雨やった、あの年も」 岩吉はゴム引きのコートの腕を組みながら、遠くに目をやった。が、膝《ひざ》がようやく隠れるほどの短さなのだ。またどうせわかること
  • 結果オーライが我々の座右の銘だ。 同時に、今の自分には到達できな熱を持った作品でもある となると。 「はい。守りはかためた 「君は……」 「マネージャーです」 「これは店員か」 「きまってるじゃないですか。何を早くしろと言う……そんな表情だった。 「最短記録だな、きっと」 日はまだ高い。 ギリ老は執務室で、両手をひろげてケアルの突然の訪問を歓迎した。 「弱ったな」 下町は頭を掻いた。 「とにかく頼もしいよ。すでにセンター前は長い行列が出来ている。 「誰しもあたしの隣に並びたいでしょうから、まずあたしのを縦に敷いて、それと直角に三つの床を並べたら一番公平でしょ」 と提案したら、たちどころに
  • 男の脇には銀色に光る出刃包丁が転がっていた。」 僕がそう叫び、玄関のところにいた制服姿の警備員が、大声を上げてこちらに駆け寄って来る。ぼくは神から直接任命されていたんや。 そのほうがほんものや」 保郎は言い返したが、さすがにうれしさを隠すことができなかった。ほかにも人形工房はないことはないが、M.C商会といえばまず一流で、都内のめぼしい店はたいていここがつかんでいる。のちほどまた来るといって名刺をおいていきましたが……」 松田支配人はデスクにいくと、そこにおいてある名刺をとりあげた。 そういやアルクェイド、無事かなぁ。 そもそもそうなるようなことをした俺が悪い。その隙に俺はダッシュを始める
  • 『サルート』は、いわゆる�銀座の店�としては一流というわけにはいかない。死ぬまで、離さなかったものがただ一つあった。 そして寺田参謀名によって、待機中の第二飛行集団の主任参謀あてに、 「明二十六日可能ならばただちに爆撃を決行せられたし」 という運命の一電を打った。予科生の私が読んでも、むしろ、おかしなぐらい無器用な作家であった。 そして、近くの病院に運び込まれたのだった。その傍で三吾がバイオリンば弾いていた。その向うの海は、陽はきらめいているのに、灰色に汚れている。 イヤだろうね。断じて解放ではなかった。 「はっきりといっておこう。しかし誰がどういう取材で書いたのか、分からないのですよ。”
  • 銀閣寺|東求《とうぐ》堂の縁先に座った近衛前嗣《このえさきつぐ》(後の前久《さきひさ》)は、二連式馬上筒の狙《ねら》いを庭の松に定めていた。知ってるかい」 「知らないわ、そんな木」 「寺や神社や墓地のまわりなんかで時々みかけるよ」 「そうかしら」 「俺が生れた家にも生えてた。 裕生と葉は「黒の彼方」を引《ひ》き離《はな》す方法を探るのと同時に、同族を捕食《ほしょく》する「黒の彼方」の力を使って、人間に害をなす他《ほか》のカゲヌシと戦ってきた。 式の体は、そのまま庭へと弾き飛ばされた。だけど、ムーリアンだとわかって、おどろいてる。そこでやることは二つある。 「いいか、鶴吉、どんなことがあっ
  • 彼はその夜遅く有楽町で降り、銀座四丁目の交差点を左へまがって、|御《み》|木《き》|本《もと》のショー・ウインドウを|覗《のぞ》き込んでいた。」 バーンは、コックピットのシートで、工藤さんからもらった携帯テレビを手にして、その使い方を調べていたのだ。 私もジャズは好きなのだ」 「いつか御招待しよう」 堂本は微笑んだ。 むしろ嬉しそうな弓塚。けれど、女の目は相変わらず人形のようで、そこからは何の感情もうかがうことができない。見てのとおり、おめえさんの頼みはなんとか果たした。 「まてよ、イツキ! 「タブーを夢想するのは誰にだってあるよ、黒桐。邦彦はとびついた。 無論、大学に入って、拳法を習いは
  • 「——場所は、銀座《ぎんざ》がいいな。いまさら「今でも十分採算が取れ、これ以上の値上げの必要はない」などと、きれいごとは言わせない。没事吧?勘兵衛はふたたびおえんの手の中と内腿にはなって、果てた。 もしかすると、これは、当局の目をそらせるために、安重根が考え出したトリックだったのかもしれない。 「では、貴公等は、軍人ではないのか?検査の結果は一週間後に出るという 歴代沖縄県知事のなかには、優越感をもってのぞみ、植民地的暴政をしいたものも少なくなかった。効いたわね、あの薬。お前がこんなところにでてきて、なにをいっても駄目だ。ペチコートは良い出来なんですから、下着までは……」 「ずいぶん剣士に
  • 姿は見えない,IWCコピー。それを圧力と取るかどうかは、それぞれの考え方によるでしょうね」 「抗議に対して、先生はどのように答えられたんですか? 四十九歳の利休が、十二も年少の信長に会つたことは、十二歳の藤若が、十八歳の義満に会つたこととは違ふ。自転車も倒れたままだ。細い体が、浅野の腕の中で小さく跳ねた,ルイヴィトンバッグコピー。 中には制服の警官が四人乗っている。 榎本は、歳三の部屋の前を通った。お祭りとか盆踊りとか、そういうにぎやかなことが好きなのだろう,エルメスマフラーコピー。 老婆も、身元は知っている,IWC時計。 もっとも、平地にある大名の居館というのはこのころまではこの程度のも
  • 馬鹿な私はしたがわなかつた。最初の座移りが「結婚者の手記」などからあつたとして、今度はそこからのさらに新しい座移りである。へーなんて思っちゃった。 第一、同業者の友だちが欲しくてパーティーに出席しても、誰が誰だかわかんないし、みんな小さなかたまりになってまわりを窺《うかが》ってるだけで声かけあったりしないし、たまに声かけあっても連絡先交換するまで行かないし、もしそこまで行っても、そのそばで同業者のくせに、 「あれ、誰」 「知ってる」 とかつぶやいてるやつらはいるしで一時期ほんとに嫌になった。清市はあたしの気持ちを考えたり、意向に添うつもりはない、それだけなんだもん。これからもどんどんこじれ
  • 西銀座から高輪台町まで運転手にジロジロ見られちゃ困りますからね」 加納警部補もその説に賛成して、 「そうするとここにもう一台、あの晚おなじ時刻に、西銀座から高輪台町まで客を送っていった車があるはずですね。 長澤先生、しっかり頼むよ」 そう言って画商が笑った。あの疫病神《やくびようがみ》に近づいたが最後、こうなることはわかっとるんじゃ」 今川の父は力なく泣き崩《くず》れた。 一番最近のは五年ほど前の一年六月だけど、これだって、馬券代をノラリクラリと払わない焼肉屋の大男を、事務所に呼びつけ、細めた目で上から下までジロジロやって、 「金払うのがどうでも嫌なら、お前のカルビのところ二キロほど、置いて
  • 銀行、デパート、ビジネスホテル、オフィスビルなどがひしめき、ひと昔前までは殺風景だった田舎の駅前が、今では堂々とした都市に変貌しつつある。それを防いで、少しでも農民の土地を有利に売ってやることが、どこがわるい。「あ、どうも、よろしくおねがいします」 その子は、きちんと体の両わきに両手を当てたまま、頭を下げた」 私が黙っていたせいか、声をかけてくれた。小云, 林飞逸那张英俊迷人地脸上闪过一丝失望的神色,」 と言い返される。とんでもない。就是希望能够一直看到你跟大小姐。 笑一笑好吗?否则后果一定很严重!说着便走进了大小姐的房间内。現在整理されている石窟は莫高窟全体で四百九十二(一九七八年調べ)
  • マネージャーの運転する私の車のすぐ前で、その事故は起きた。自分の父親に近いような年頃の人をよ、とても恋愛の対象とは考えられないじゃない」 尚子は手元のグラスを玩《もてあそ》びながらつぶやいた。押入れの中で眠ってしまって、「静子が帰ってこない」と大騒ぎになったこともあった。 这时从酒吧里面快步走出来一个警察, ——ははあ、こいつらだな、過日の斬奸状の主は、 と、忽ちピーンときたが、さあらぬ態《てい》で、酒を出させた。 「げっ、どうしたの、それ」「前に座ってる日本人の女性が貸してくれたんですよアハハハハ……」「すっごい偶然ねえ、とても信じられないわ、アハハハ……」。” “是。 2 翌日の午後、夏
  • すべて、日本からの技術移転によるものですが」 「実験はしたかね?ただ、今回はその風にお供がついていた。違うか?新聞は奥の部屋の白いテーブルの上にのっていた。 ここで視界を失えば、一瞬で嬲り殺される。 死ねばすべてはナッシングである。 「脱がしてほしいの」 由美子は言って明夫を見上げた。 邦彦は小走りにその店へ行き、チャーハンを食べるとまた小走りに家へ戻った。「ここにあるいろんな表現は、リーさんが自分で勝手に作ったものなのです」とアイバは抵抗したすぐ人にじゃれて飛びつくやつ。 かたわらでは、長火鉢にかけられた小鍋がぐつぐつ煮えていた。 俺とすれ違っても気が付かないんだから」 「そうか」 下町
  • 頑張って、望みどおり毎晩銀座へ通う身になれ。 小磯内閣になってから、大本営政府連絡会議にかわって新たに最高戦争指導会議を発足させていたが、これは首相、外相、陸相、海相、参謀総長、軍令部総長の六人を構成員とし、週二回定期的に会議を開き、国策の決定を行なった。古代エジプトの彫刻には、貴族がいまのダックスフントみたいな犬をはべらせたものがたくさんあるから、その頃から犬を飼う習慣はあったわけだろう。 彼はいっかな帰宅しなかった。しかし、その日のスケジュールを変更することはなかった ——うわ、ぼ、僕、何をやってるんだっ!とても食物や衣服にまで手がまわらねえ。 また翌日の新聞にはつぎのようなエピソー
  • マービンの体は、斜面を回転しながら落ちると、二メートルほどの落差をとんで、砂利道にほうり出された。 マービンは着地した瞬間、呻いた。ぼくはもう、うんざりだ」 草をちぎって投げた。そのつど停車して応急の復旧工事を待つ。 一瞬で空と海が入れ代わる。D2主力、ラーゼフォンにむかっています」 なに! 目の前にドーテムが現れる バルカンでそいつをしとめる くそ落としても、落としても、いくらでもわいてくるみたいだ ラーゼフォンに複数のドーテムが迫る ビームの一連射 ラーゼフォンが火球に包まれる そうなりながらもラーゼフォンはこぶしをくりだした 遅い 操縦席のある水面に衝撃波が走り、おれの頭のなかまでかき
  • そのまましばらく笑い続けた。 かなり銀座ずれしているつもりの佐伯だったが、「百合花」の内部をひと目みるなり、「これは凄い店だ」 と思わずつぶやいてしまった。 足音も気配も感じなかったが、部屋のどこかに何者かが潜んでいることを確信していた。アラビアの女のようじゃないか」 中東のハレムの女は、愛する男がくる夜、一人で部屋に待っている間に、静かに俯(うつ)むいているだけで、膣の中に熱い蜜液をあふれさせているそうだ。 ルーザはリムルに先に行くように手でしめしてから、アリサに別れの挨拶をした。 「悲しそうな顔で伏し目がちに可奈の部屋を訪ねてくるお客さんのために、私は何をしてあげられるというのかしら
  • 「あら、大変。いったい——」 銀座勤めの女である。 「事業部長は口では忙しい、忙しいとおっしゃっていますが、一体何が忙しいのですか。やらなければならないことが山ほどあるんだ」 高野がほとんど本社に説明に行かないため、社長の松野幸吉は心配になって、時折、直接横浜工場に様子を見にくることがあった。 楚凡脸上已经恢复坦然的神色,顿时便见楚凡左肩上呈现出一个椭圆形的触目惊心的牙印, 背《せ》の高い、若《わか》い男だった。 獣人は肩の傷口から黒い血を流しながらうずくまり、満身創痍《まんしんそうい》の「黒の彼方《かなた》」がゆっくりと立ち上がった。そうだ。通訳して判事席に伝えながら、弁護士も顧問も困惑し
  • 食事のあとで銀座のクラブに案内した。 ………………………。私は演技ではなく、顔をしかめた。 なるほどいままでの小戦闘では連戦連勝だが、こののち、どうすればよいか。ひたすらに日々の暮らしをつづけていく。気付けなかった。時間を気にしているのかもしれない。「黒の彼方」は壁の一隅を見つめている。これから一緒に東京に行ってもらうぜ。と、高い口笛がきこえてきた。 明治の末期、中学生であった伯父がカンニングをしたときの話である。」 「持ち去られました。ただそれでも、この体に傷が一つ増えるたび、誰かが笑えると信じて──。 小さな農家ですごく貧乏な家だったから、俺は行ったその日からずっと腹を空《す》かせっ
  • 」 「…………」 「そう? お座敷バーの奥の襖が開いて、小柄な五十男が姿を出した。できれば今一度、特別のお計いで現職のまま陣頭に立たせ、死に場所を与えていただきとうございます」 山本は、声をあげて泣く参謀長に、確然と答えた。あの気違いの女はなかなかいいことを言いますよ」 「人間というものは……」と、米国は呟いて、また言葉を跡切らせた。 ミトラ教における太陽の神ミトラが、冬至に死んでその三日後に復活したという伝承があり、冬至の祭があった。男の動作はしなやかだったが、相変わらずとても緩慢だった。ポケットから、桜井から奪った口径二十五のブローニングを取り出し、入念に指紋を|拭《ぬぐ》って桜井の尻
  • OLあがりの銀座のホステス。 黙考する景行の傍で、柊が無言のまま立ち上がった。私は、むこう隅《すみ》に傾いている、煮染《にし》めたように変色した骨箱に目を惹《ひ》かれた。 なぜか、昨日よりもっとさびしさが身にしみ、どっと疲れがでてきた。 「お前の姉さんて、推薦《すいせん》で東京の女子大入ったんだよな。 シュガは、ふいに目をみひらいた。いわく—— 「音楽かけてもいいか? 「ただまあ、恭介の見てる前で弱音を吐《は》くわけにはいかないものね……けっこうツライのよ。 確《たし》か「レインメイカー」とは、雨乞《あまご》いをする祈祷師《きとうし》を意味する言葉だったと思う。 事あるごとに使者を送りあ
  • 座敷の座卓の上には、飲みさしのビールがのっていた。 「………………眠いので、パス」 シーツをかぶって、ベッドに横になる。だが、オコシップは、翌晩もその翌晩も、周吉を連れて河口に出かけ、いつも大漁だった。呪術師ならば、真の姿をみる目を、いつもやしなってきただろう。 白いからだ。隅田の舌端に一瞬鋭い痛みが走り、その直後悪魔的な愉悦に|堕《お》ち込んで行った。カミサマが、のどをぱっくりと切りさいたという兄の声――人が血まみれになって死ぬのをみたくない、といった言葉が、耳によみがえってきた。すっかりノートを灰にするのに、一時間余りの時間がかかった。 「あ……やあ、弓塚さん」 ……シエル先輩に茶化され
  • 彼は定年後にここに移り住んだサラリーマンらしく、仏壇《ぶつだん》には亡くした妻らしい遺影《いえい》が飾ってあった。 自殺をしようと、ゆれ動く不安定な脚立にのり、ロープに腰ひもを連結させ、紐の輪の中に自分の首を通し、踏み台にした脚立から足をはずせば首つりは可能である。 「みかん、僕の真横、四十二度から八十四度にかけて禊《みそ》ぎ」 玉串《たまぐし》が振《ふ》られる。 太郎が駆けよって来て、私の手をひっぱり上げようとする。 昔から、海へ入るときはそうするのが浜田のきまりであった。今さらアイヌ差別に話をもどしたら会議は混乱するばかりだ、というのである。大坂の本願寺や越前の朝倉氏とも渡りをつけた
  • 沙織一人が、運転席に移って、すぐに車をスタートさせた。 毎朝、オルガンの伴奏で、「広い世界を一面に、青くいろどる草になる」と、校舎がぐらぐら動くくらい大声で歌ったものだった隅田は二人がこの主人に愛されているのを覚った。」 若者の目が、ふいに暗《くら》くなった。ハイ、子供がないのは残念でしたけど、いい主人で幸せです。まだ目標は副官となにやら話している途中である第二章内腿の指跡 1 朝のテレビでは台風が西日本に上陸したと伝えていた (「黒の彼方」を雛咲から引き離す方法がどこかにあれば) なんとしてでも、それを探さなければならない 「なんでもないよ……ぼくも雛咲に協力するから」 裕生の言葉に、葉
  • 伊丹のオフィスは東銀座にあった。相変らず鷹《たか》の絵ばかりであるが、それが枝広の新城に移ってから、にわかに画風に冴《さ》えがでてきた。効果のほどは分からないが、初めて手にするカゲヌシを倒すための「武器」だった。刃は喉のほうを向いていた。味は保証できねえが、欲しいと思うやつは、俺について来な!だいぶ時間が経っちゃってるみたいだけど」 �——虚空牙にやられて、全システムは機能停止に陥っていたんだけど、未確認物体の接近を感知したセンサーが、長年の間に自動修復機能が働いていて復旧可能になっていたシステムを再起動させたんだよ。 今、正面に向って恭《うやうや》しく一礼した伊良子、藤木両名が向き合って剣
  • 那么自己应该怎么办? 便座のウォーマーが付いているんだ!」と号令がかかると、「セット・オーケー」などと言い、口で「タ、タ、タ、タ」と発射の真似をしただけだという。 「♪欲望のレベル上げれば、ちょっとやそっとじゃ満たせないけれど、是が非でもお願いしたい〜♪」という、あれ。 が、カットグラも、上昇から降下にはいった。検査の結果は一週間後に出るという 歴代沖縄県知事のなかには、優越感をもってのぞみ、植民地的暴政をしいたものも少なくなかった。その蒸籠を良子が土間に置かれた臼に持って行く。 6 「なぜ、水溜《みずたま》りばかりを写すの?信長の気にさわった光秀の文句は、 ——お受けつかまつりまする。
  • でも色々と問題があるんじゃないか? 銀座裏で小さな和風のクラブを経営している、浅尾稲子という女だった。だが眼鏡をかけた幾乃先生は別に、普通 の彼女であり、別にわたしに何らかの害を与えるような存在ではなかった。 「そうだね。 正確にいうとね、血を吸っただけじゃその人間は死んじゃうだけなんだ。 有り体にいえば“究極の知識”か。 美濃の大豪族の一人であり、土岐の一族で、頼芸の少年時代から後見人をつとめてきた人物であることは、この物語の最初のころに紹介した。 舟体に打ちつける波の音、帆をはためかす風の音、それらにときおり混じる赤ん坊の泣き声や母親の悲鳴。生駒は薄笑いを浮べたまま、宇佐見に言われて一
  • スピードウェイの正面ゲートに近いゲルマン・スピードショップに着くまでアクシデントは起らなかった。等々力警部が物問いたげな視線をむけると、長岡秀二は顔をしかめてうなずいた。 走って追いかけてきたらしい。寒い冬。 「誰? 「……了解した。 (けど……) 保郎が和子たちの教会に現れてから、まだ半年そこそこしか経ってはいなかった。いくらなんでもそんな……」 鉄扉が開く。 父親には母親のために高い医療費を工面する気はてんからなかった。そのくせ江波には、そのような華やかな面影はなかった。日独伊三国は無条件降伏する以外に戦争を終えることはできない、と連合国はいいつづけている。 「もう少しで男の急所に当た
  • 隊士二人に送られて、武田観柳斎は花昌町を出た。 女の子たちも、おそらく旅行なので、ウキウキして、オシャベリの声のキーが上がっているのだ,アディダス ランニングシューズ。場所は清水《きよみず》。 「好きになってもいいんだね」 が、歳三は、無償である。怖れたとすれば多少の文才のあるかれのことだから、幾ばくかの書きものを残しているはずである。 「待った」と、オコシップが叫んだ。 美那子の体がふるえた。 「方々、お静かに、久之進、突如乱心致して斬りつけましたによって、打果しました。 12 オコシップは家のすぐ裏の茅原を中腰の恰好で兎の足跡を追いかけていた。 君田の社長就任は、予想外のものとして、
  • でるぞ!彼はその夜遅く有楽町で降り、銀座四丁目の交差点を左へまがって、|御《み》|木《き》|本《もと》のショー・ウインドウを|覗《のぞ》き込んでいた。 「踊るか? 「ねえ」 「なんだい」 甘やかな夫婦のやりとりが、まだ絵の具もかわききっていない絵にむけられる。青毛や鹿毛それに栗毛、親子連れが頭を上下に振りながらオコシップの後姿をじっと見つめていた。 「こいつはいいセンスだ。ほんとだよ」 「だったらどうして、抱いた後で前科のことなんか話したの? 「うんと食べえ」 エシリは愛想をふりまいて、テツナの伜にすすめる。とにかく、いかめしい捜査本部を開設したのだし、何十人という捜査員が連日、動き回っ
  • その晚私は銀座のほうで、探偵作家仲間の会合があったので、それに出席してのかえりであった。 ひょっとすると細君が、わかい男とぐるになって、Mさんを殺して裏の庭へ埋めてあるのではありませんか。考えてみると兄という人間は、生まれつき報いを求めない人間ではないのか。拓一は福子が売られて、男たちの玩具になっても、福子に対する気持ちを少しも変えない。電灯の下に竹山も奈緒実も無言だった。自分もまた、今しばらくの間竹山に心ひかれて悩みつつ生きて行くことだろう。大がっかりでさあ」 「やきもちがひどいって、柳井先生、どういうふうなの?」 「ううん、ゆうべ松菊で美沙ちゃんにくどかれたんです。しかも、千枝子はふた
  • 十五分が過ぎた。 銀座四丁目の交差点まで行って、伊奈は引き返した。隅田は二頭の狼が次々にケルビムの生命を絶ちながら近づいて来るのを怖れて、次第に空洞の上部へ追いあげられて行く。 神ならば敗れる筈がない。しかしこれをつけ加えざるをえない心が鴎外にあった。拾得の迹は沈んで所無しと書いてある。 矢田は常盤台の生駒の住んでいるマンションの前に車を停め、張込みに入った。 原は電電公社の職員になりすまして、生駒のマンションの部屋を訪れた。別々なものだ。あの人が来なくなってから、間違いがなくなったが、やはりあの女は怪しい——」と記帳の年寄が言った。文明の進歩にともなふニヒリズムの深化は十九世紀の哲学者
  • 給料が銀行振込みだからな」 「口座番号はおぼえてるか? 「とにかく、一件落着じゃないですか。 洋子は台所のインターフォンに出る手間を省《はぶ》いて、玄関で返事をした。二人いるものを、一人だけさらういうわけにいかんじゃないか。同時にセンチが、瑠実に向かって武器の銃口を向けている——だが、瑠実はそれらとほぼ同時に動いていた」 聖導師が、おだやかな声でいった。 やがて階《きざはし》をのぼり、格《こう》子《し》戸《ど》をあけ、燈明をつけ、みくじの匣《はこ》をとりあげ、偈《げ》言《ごん》を諷誦《ふうじゅ》した。 ようやく絞《しぼ》り出したのは、その一言だけだった 「美古都だって草薙《くさなぎ》さんが
  • 5 隅田と比沙子が銀座を歩いている。 人は知恵を得て成長し、次第に悪魔に近づいて来た。」 「いえ、あの、マーサ大奥《おおおく》さまのお供《とも》で、都《みやこ》にきたので。一人は武士、二人は拵《こしら》えは町人体だが、武士くさい」 と、干菓子《ひがし》をたべながらいった。対照の妙という意味では、記憶喪失者組の足取りが千葉県境に近い極東地区から西に向かっていくのに対し、真行寺組のそれが吉祥寺から東に向かっていくという地理的な配慮が織り込まれている点、東京という街独自の成り立ちを見据《みす》えた都市小説的なたくらみが窺《うかが》えないでもない。 拓一は益々怒ったように、地下足袋の泥をがりがりと爪
  • 十月二十三日の晚、あんたが銀座四丁目の角で、霧にぬれた步道からなにかを拾いあげるのを……あたし、それをたしかにイヤリングだとにらんだの。ややありて、二人部屋に降り来たり、何処《いずこ》にも何も見えずと言い、打ち伏したり。「わからせん、明日のことは」 やや投げやりに岩吉が答えた それにもかかわらず金田一耕助の心中に、|一《いち》|抹《まつ》の不安がやどっているのは、そこに横たわっている伊沢透の顔のせいである。 そんなクリスマスから、二十年とちょっとの長い年月が流れて、私が府中刑務所にいた頃のことです こうしなければ、先進国の大使館から、キツイ抗議が出かねないからでしょうが、それはそのまま、今の
  • 自転車、CDプレイヤー、子供の人形やオモチャ……食器、鍋《なべ》やヤカンやフライパン、肉や魚や野菜や果物、本や雑誌……まるでゴミの埋め立て地のようだ……トイレの便器、ベビーベッド、衣類や靴、ドアや襖《ふすま》、電子レンジ、電話、炊飯器、クリスマス・ツリー……それに人間の体の一部。 物が燃える臭い。カットグラが光った 話にきいていたオーラ光! そう思ったときには、バーンは死を覚悟したが、 「なんだ……? Nさん(新潮) 自分がタバコをやめてみると、人の吸う量の多さがわかる。部数会議で文春6月号の企画内容を編集長から聞いた中に、児玉の「がんセンターの99日」があった。 夕食前に房に戻るが、吐き気
  • 銀座三丁目のグランド・バー“シャネル”の二階のアベック・シートは、高いソファーの背にさえぎられて、一組一組が小さな個室のようになっている。はい、これ」 黒松はかさばった財布から一万円札を五枚ひっぱりだした。嬉《うれ》しいのう。 初仕事の覚兵衛も大張り切りである。 意識を失いそうになったときだった。「どけっ」 武をつきとばした穏便《おんびん》に……い、いえ、ジョク様の友人であれば、驚《おどろ》かれるのも分りますが、わたしたちにも……」 ニーの必死の言葉に、ジョクもようやく事情を聞かなければならないと気づいた。どこで手に入れた!それで、「ー」と、伸ばすのだ。この由々しき事態の、もっとも主要な
  • なんにんかの人物が、銀座の步道でこの女とすれちがったにちがいない。 私は北海道をまるで知らないが、とにかく日本は狭く人間が多すぎる。 たとえば、ドイツのリューベックなどの名物の砂糖菓子マルチパンとか、チョコレートなどを買いたがる。 燃え立つような熱烈な信仰を持っている人などは、先生にも学生の中にもおらんのです。では……」 朝倉は一礼してコートを脱ぎ、ホールに入った。違うから!両端につけた細紐《ほそひも》でしっかりとしばりつける。 それが娘むこの織田信長だ。長男は満州国の警官、次男は航空機の専門家だったため徴兵されなかったのに……と、東條は弱々しくつぶやいた。婚約のことだけでしたら」叡理国
  • 一九九〇年から、羽生の消息は、涼子にもわからなくなっていたのである,UGG激安。 アン・ツェリンはそう言った。」 頭髪を握ろうとして、すべった。 (いったい、なぜ、こんなことになったのか!また、地方浮浪の徒で、義軍の名をかたって、金品を強要したり、婦女子に乱暴したり、良民を苦しめたりするものもある。と、色々忠告して、還っていくしかし、父親の会社は、加寿美が高校二年の時、現場事故を起こして倒産し、救いを求めた親会社の鷲尾建設からも相手にされず、のみならず母親は鷲尾建設の社長、鷲尾竜太郎から何らかの辱《はずか》しめを受け、八方ふさがりとなった両親は、心中するという悲惨な運命に見舞われたそうで
  • 基一郎は青山墓地移転説を唱えたのだ。 「砲撃はどうなった! 「──────(じーーーーーっ)」 ※訳こ、こんばんはお兄ちゃんっっっ!あなたに聞きたいことがあったのよ」 「何だすと?「証拠を残さないことだろうが、証拠を残さずに人の命を奪うことはできない」 と私は答える たとえば、ひもで首を絞めればそこに索溝が残る。 もう帰りまっしょう」 「駄目です。 るつ子の言うとおりだった。都に戻ったばかりの義輝は、新居にふさわしい館を持たなかったからだ。」 見おろせば、痛いほどに腕をつかむエリの手が細かく震えている。 僕は自分の無力さを、今度こそ、呪いたくなるほど思い知った。「二月まえから 道ゆくヨゴ人
  • O先生 転移だ再発だの心配はぼくの方に預けて下さい。翌日の夜八時頃、夏用のスリーピング・バッグを縛りつけたバッグ・パックを背負ったスポーティな格好の恵美子は、二階の商店街からエスカレーターで三階に昇った。 懐中電灯に点灯し、あたりを照らしてみる。イーさん、こんな宿無し一コロでないの。「ちょっと違うかな。 残り三十人弱の塩飽衆は、二度と軍艦に乗りたがらなかった。流れはまるで倉沢のペースだった。 ノート、ノートってずっとうわごとを言ってるから、気持ち悪かったぞ」 研究ノートをネルの手からひったくって、エルフェールは急ぎそれに目を通した。おさんおばさんと、お菊さんと、八太郎って子がいるんです」それ
  • 酔っていたとは言え、銀座のまん中で珍妙な追いかけっこがはじまった。 「卑怯者《ひきようもの》」 私が叫ぶと竹内も逃げながら叫び返した。 すべては原杖人が知っている」 大杉が言うと会沢は憤然と机を|叩《たた》いた。「きまったわけじゃない。それまでは勝手なコースをとってよろしいという。 「秋からお出かけになればよかったのに。 「はいなんざんしょう」 悠さんは軽く返事をする。 「結城元太郎のことなんだけど」 「元ちゃんが何か……」 「まさかと思うし、悠さんを信用もしているけれど、今度の件にかかわりはないだろうね」 悠さんは首をすくめた。 「堀切さんなら知っとるばってん、もう死になったばい。さしつ
  • オネスト.ジョンは目下銀座のバーでバーテンをしており、朱実はいまでもキャバレー『焔』で働いているのである。信じたら打ち首になるんや。 「ちょっと辰子さんの所に、電話をかけてごらん」 辰子の家によったと、夏枝は偽るかも知れない。 金田一耕助はひとめそれをみたとたん、げえッと|嘔《おう》|吐《と》を催しそうな悪寒をおぼえて、背筋をつらぬいてはしる戦慄を、しばらくおさえることができなかった。朝の風はさわやかだった。保郎が、札幌市内の全日空営業所前に、千歳空港からのバスを降りた時、二十名ほどの信者たちの出迎えがあった。遠からず自分に召集令状がくるとすれば、芳子を置いて戦争に行かねばならない。 いい
  • といっても銀座線が動きだすのを待っていたわけではない。 七 大川べりを三丁の駕籠《かご》がかけていく。 「何! 「あたり前じゃありませんか。ついロッキード事件を思いだす。 来島は、東条とちがって戦国型の豪傑で、元亀・天正時代に生まれていたならば、きっと一国一城の主になっていたにちがいない。しかし何よりもうれしいのは、墨は程君房、ということをそなたが知っていることだ。傷をみせろ。 二月二十三日から熱河省に進攻を開始した関東軍は、順調に作戦を進めて、三月四日には中国軍主力が在駐した熱河省の中心都市の承徳を陥れた。天明は軽くうなずいた。」 サルーナは、ささやくような声で話しつづけた。 声の様子
  • 銀座のクラブで働いている女だった。顧客の面倒を柳田はまめにみてやった。ところがそれができないのが征服者といふものの本質である。 幹の偈と千の遺偈も似てゐる以上である。男は背中を壁に打ちつけて息を詰まらせた。男の顔面や額を便器の縁に何回も叩きつけた。この監察医制度は、東京のほか横浜、名古屋、大阪、神戸の五大都市でしか施行されていないが、一日も早く全国的制度にしなければ、法の下の平等とはいえない。 とくに現在では、一県一医大になっているので、予算措置さえとれれば、不審な死亡例は、司法解剖という手続きを踏まずとも、日常の行政の流れの中で、容易に専門家の検死や解剖を受けることができるのである。 「
  • 「まあ、酔っ払ってらっしゃる!銀座や六本木の華(はな)やかな場所は避けた。その背格好は従弟である将門によく似ていた。 「——オン・マカシリエイ・ヂリベイ・ソワカ」 薄い唇から真言が漏れ、錫杖の金輪が音を立てる上京《かみぎょう》の小川に商い屋敷をもつ美濃屋常哲《じょうてつ》という者のせがれで、世話する者があって周�の雑色《ぞうしき》となり、外出のときには荷をかついだり、傘《かさ》などさしかけてこまめに仕えていた。 その農家の戸を後ろ楯《だて》にとって亀助は剣をかまえ、斬《き》りふせいだ。先輩はそんな人じゃないもんな」 あはははは、と俺たちは笑いあう。ただ途中まで一緒に帰って、ちょっと買い物選
  • 二人の体を寝室に移した。このデパートは、ほかと違って午後十時まで営業している。 千葉に入った新城は、セミ・ロングのカツラをつけ、遊び人風の三つ|揃《ぞろ》いの背広とラクダのコートをつけていた。私、行くよ。 「…………? 手を見えるところに置くんだ」 と、命じる。 「分かったわ」 京子は|頷《うなず》いた。 「あわっ……あわわわっ……」 凄《すさ》まじい死の恐怖に体が勝手に反応し、思わずボートから飛び出しかけた。これから戦後について考えたいんですけれども、まず戦後を考える前に、ちょっと戦争のことについて先に考えていきたいと思います常人たちの都市《まち》で最初に売りさばかれたのですが、たちまち
  • 北側の築地、銀座の空は、ネオンを照り返して火事のときのように染まっている。 ジョクはムッとした。 夫が何か悩んでいるらしいのはわかる。それにユタや御嶽《うたき》などの独特の民族文化があった。人間が生き、迷い、喋り、ぺてんにかけ、見栄をはり、笑い、失望し、死ぬ姿を、そのままで「よし」として腕に抱きしめることができなかった。父は病み衰え、貧相で、粉っぽい肌《はだ》をしているのに、道詮和尚は、まるで桃いろのお菓子みたいに見えた。 その瞬間《しゆんかん》、川上はダッグアウトを飛び出し、「死ね、死ね、死んでしまえ! そのくせ恥ずかしげもなく今度、何年も前に書きちらしたエッセイを集めて本をつくった(
  • 店の奥に行って、緑茶のボトルを一本取ってくる。」 助けずにはいられないね。私は懐かしくて涙をこぼしたスカートって寒いんだなあ。 そんな小島は家の外で仕事することが多く、私もまた家にいてはナマケ勝ちであるという理由で、外へ仕事に出掛けるので、しばしば私たちは同じ場所でハチ合せする。 憲兵は有為子を促した。 おんぶしてやろうか? 窓際に。その例に反して、一日おいた二十五日の夜十時すぎ、空襲警報が鳴った。 「まア、あの様子なら、丹羽さんも買う気はなさそうだから、そんな心配はいらないだろうが……」 すると、近藤も武田も、異口同音に、 「さア、どうかな、それはオレたちにもわからない……。 」 曜子
  • 9 夜の八時頃になって、東銀座にある伊丹のオフィスに灯りがついた ガスの成分が違うことを、知らなかったためである。 「若槻なども候補者の一人だけれども、ロンドン条約の問題と、永年民政党の総裁であったということで、反対党の気持がいつまでも解けず、それが邪魔になりはせんか。そして大股に二、三歩足を運んだ。 」と声をかけ、自分は平然と相手を眺めた。”张玫叹息一声。そのはずれにはまた竹林や雑木林があり、道の突きあたりに妙に堅牢な白い鉄筋コンクリートの二階家が見えてきた。 「待てっ、早まるな! “不行,僕は新米でさっぱり分らないが?私はポケットのなかで九四式拳銃に安全止めを掛け、部屋をよく見廻した。
  • 左側の『時計じかけのオレンジ』に目を移すと、表紙に印刷されているのは文字だけだ。 そのために、反対に不幸な目にあうなんて、篠山信子という女も不憫《ふびん》といえば、不憫である。 しばらくするうちに、さっきの子のことが気になって、バス停の方を振り返った。男はゆっくりと地面に崩《くず》れ落ち、それきり二度と動かなくなる。名を小次郎──」 信じられない言葉に再び振り返った。一見して旧幕府の逸民たるを知る。 そういう毎日を送りはじめて間もなく、犬塚昇は鳥飼圭子と知り合ったのだった。 そのとき、浄菩提寺《じょうぼだいじ》の初更《しょこう》をつげる鐘がひびいた。 発覚すると、慰謝料まで失う。」 「いい
  • 「銀座で一日、ぜいたくに過ごしてみてください」 そう言われても、私の頭の中には何も浮かびはしなかった。 銀座で買い物 私の出身地である長崎市には、銅座という狭い飲み屋街がある。 小妖精你也要注意休息。 “吴老。 “哦,如此放纵的糟蹋自己。况且也不能这么白白便宜了楚凡这小子,这不免让众人们产生了疑问——难道这小子跟大小姐真是恋人关系?そして彼らは、私は大へん疑問に思うのだが、六カ月間全く陸地を見ることなく漂流した。 ニジネカムチャツクにおいて私が最も興味を抱き、したがって黙過し得ないことは、過ぐる夏アレウト列島からロシアの毛皮取引の船で送られてきた九人の日本人と出会ったことである。”张政眼中
  • いったい——」 銀座勤めの女である。也认识了不少朋友。 その上、聡子さんは浮気しているので、いつ家庭が崩壊するかわからない。看着如今已经是空荡荡地总经理地位置。それにしてもなぜわしに相談しないのか」。その様子は舞踏会で、社交界にデビューしたばかりの若い恋人同士が手を取り合い、踊るさまを連想させた。 ただちに爆発物処理班によって紙袋の中身の確認がなされた。ハサミがすばやく反応した。 友美が一緒だった。そのため、三つのうちの一つには、ちょこんと載っているだけ。 他可是国景集团的总经理,由那些专业人士查看着。 タミちゃんにとっては、多喜二がどっか遠くさ行ってしまったような、侘《わ》びしい思いだ
  • 違った。ミホがその同じ銀座へ行ったことは、まったくの偶然である。 あのときから微細に時を刻んで、私は天授庵の神秘な情景の意味するものへ、確実に近づいて来たのだった。 それはなんともいえぬむごたらしい、だが、むごたらしいがゆえに、何かしら気の遠くなるほど美しい情景のように浩三には思えた。もっと円熟した先生ならば、小永谷の発言によって、かえってみんなの緊張を解き、その、 「乗せてやればいい」 という言葉を、思いやりのある言葉として、ほめてやったかも知れない。人間は一人であり、決してひとつにはなれない。どういうんだろう」 片山敏子は卓上電話をとりあげて、発送部に連絡すると、思いだしたように、 「
  • 最新情報

    ランキング