西銀座チャンスセンター地図包郵組み合わせ_オーデマピゲ限定モデル 西銀座チャンスセンター地図どの年齢で適 西銀座チャンスセンター地図公式サイトは規格品か


2043-04-16 02:33    西銀座チャンスセンター地図
  • 破産宣告をうまうまとのがれた町田は、邦彦からもらった五千万の報酬を前に痛飲した。月曜と金曜が銀座の美容院行きだ。 雨戸の|隙《すき》|間《ま》から、衰弱した冬の|陽《ひ》が|射《さ》しこんで部屋に|縞《しま》模様を描いていた。「その境内はなはだ広く、そのうちに白き帆木綿のごときものを張りたる百余あり且奇異の諺《ことわざ》(ここではウワサ)あり、東洋兵のなかに奇術をおこなうもの二人あり,コンバース ジャックパーセル。おお、金剛菩薩《こんごうぼさつ》よ、その金剛|杵《しょ》によりて、一切の罪苦を打ち砕きたまえ。どこにも行けやしない。 」 額から血のたれる田島の瞳は据《すわ》ってギラギラ光ってい
  • 「やあ、恒子さんじゃないか」 という声が階段の下できこえたので、おやと思ってふりかえると、これまた水着の男が、赤い水着の女のまえに立ちはだかっている。戸口の向こうに、月の光に照らされた山がくろぐろと浮き出て見える。」 「それで、牛乳配達か新聞配達か、とにかくそれを見つけたのが交番へとどけて出たんですね。 啓造はいま、自分の心の底に暗い洞窟がぽっかりと口をあけているような恐ろしさを感じた。それより、信仰があるかどうかやと思う」 「そうやろ。そんなことがわかっちゃ、あのおかみさんの気性だもの、どんなことになるかわかりゃしない。階段の上り下りは無理です。ところどころ自由は失ってしまったが、それ
  • いまからでも、とにかくマクルに知らせるしかない。 (これは、神がこの世へでてくる門。読み違えたわ。 「いやっ」 突き飛ばすように葉は千晶から距離《きょり》を置いた,コンバース ジャックパーセル。それまで、亜希子はもちこたえてくれるかどうか鍵を持っていたのはエンリケスだけだ」俺の部下たちが護衛していた公邸の別館から、彫像だけが消え失せた」 ルドヴィコが押し殺した声で言った。」 「月島建設コンサルタント事務所の社員で、怪しい者ではありません」 翔子は、別に怪しい人だと思ったわけではないが、顔色に不審な色が浮かんでいたのかもしれない。」 「統合計画局の奴らから、お前は何を知らされているなぜレベリオ
  • 「いやあ」 裕介はちょっとてれたように、 「わたしも長年独身生活をエンジョイしてきたんですが、一度世帯をもってみるとひとりではやっぱり不自由でしてねえ麻耶子の死後、遺作展やなんかでいろいろ世話になってるうちに、わたしよりもまず由紀がなついてしまいましてねえ。」 少女は今度は脚をぴったりと閉じ、体をSの形にくねらせ、両腕を頭上に上げて髪を掻き上げるようにして僕に横顔を見せた。 「それがさきほどやっと解放されて外へ出ると、藤本さんがあとからついてきてとちゅうまで送ってくってきかないんです」 金田一耕助ははっとして泰子の顔をふりかえった。 と、沢の奥から馬車が現れた。やっぱりいけませんか」 「お気
  • 銀座三丁目のグランド・バー“シャネル”の二階のアベック・シートは、高いソファーの背にさえぎられて、一組一組が小さな個室のようになっている。はい、これ」 黒松はかさばった財布から一万円札を五枚ひっぱりだした。嬉《うれ》しいのう。 初仕事の覚兵衛も大張り切りである。 意識を失いそうになったときだった。「どけっ」 武をつきとばした穏便《おんびん》に……い、いえ、ジョク様の友人であれば、驚《おどろ》かれるのも分りますが、わたしたちにも……」 ニーの必死の言葉に、ジョクもようやく事情を聞かなければならないと気づいた。どこで手に入れた!それで、「ー」と、伸ばすのだ。この由々しき事態の、もっとも主要な
  • そういう人になれ、と蒼儀は言っているらしい。まあ、夏ですからねえ」 「あ。お座なりではあるが立ち入れないようにロープがかかっていたから、もうすでに使われていなかったのかも知れない。他嘴角边不由泛起一丝坏坏的笑意,善則は毎日、汗まみれで豚舎で働いてくれていた敏子を、心から愛していたのである。検察は、あらゆる線を考えて、その一つ一つをつぶしていくのが基本的なやりかただから」 「あれは演技というふうには見えへんかったんやけど」 「けど、って?不过他当人不会承认也不会把一切说出来,コンバース ジャックパーセル,同时她心中暗暗想着:楚凡。 逼着徐浪把一切事情都说出来?你都穿D罩杯了, ㈫ゆでていない
  • それにお天気がいい日に、外で食事したりお茶を飲んだりって、楽しいものよ」 家令たちもこれには大賛成で、ぜひお客人たちのど肝をぬかしてやりましょう、と子供のように喜んだ。その表情からは、なんの感情も読み取れない。 妹は、私を諭して言った。ようく気をしずめて、わしのいうことをききなさい。雄一はたった今買ったばかりのタバコのセロファンを破いて、一本口にくわえた。サンガルをごらんなさい。今はまた下の娘に戻っている,コンバース ジャックパーセル。……そうだ。 発生は早くて十年後。 「なんですか、これ?」 同時に、氷海を囲んでいたすべての魔法《まほう》円に呪力が《じゅりょく》通じる。宮村です」 ——こ
  • 一般病棟、救命救急センター、ガン診療センター、成人病センター、リハビリテイション施設、難病センター、精神病棟、健康管理センター、小児病棟、伝染病棟、結核病棟、老人保健施設などなど、現代医療の粋を有機的に組み合せた大病院になっているところが凄《すご》い。�犯人�には逃走の時間的余裕はなかったのだ。その表情は、多少の疲労《ひろう》と多大な失望に満たされていた。 栗田はレイテ湾に向かいつつ、すべての協力がえられず、自分たちだけが孤立して戦っていると思った。 森の小道に、月の光がほろほろとこぼれていました。きっと、その新しい社会を批判する者が現われれば、その口を封じなくてはなるまい。ただ近くにい
  • とにかく、独居房を出るときはことごとくである。 走ることは逃亡を意味する。 いずれにしても、希次のように、古風な武士|気質《かたぎ》にこりかたまった存在は、太平つづきで官僚化した江戸時代の武士社会にいれられなかったものと見るべきであろう,コンバース ジャックパーセル。君家に一大事がおこったとき、いまのからだで、どの程度まで奉公に耐えられるか、幾日かかってなん里走れるか、体力の限界を知ろうというわけだ。 それから……2度目の夫で、龍太の父親の若杉慎吾……若杉の愛人の茅野紀華……チエミの預金全部を引き出して消えた山岡玲次……それから……3カ月前まで一緒に暮らしていた倉田英紀……。 壁の時計を見
  • 警察では、身柄は病院に保護しているのも同然であり、容態はまだ芳(かんば)しくない。 「食べられそうにないの?) ふと、急いで玄関から出て行こうとする裕生の姿がかすかに頭をかすめた。 しかし、みはりの位置からかけよっていくあいだに、バルサは森を利用して、モンとユンの追撃をのがれてしまったのである。 殺人未遂どころか、あれは殺人の意志そのものだった。カッサは、おずおずと笑みをかえした。「お飲み物をお持ちいたしました 」 「はい。 妻の帰りが随分遅いという気がしたが、実際には出かけてからどれだけ時間が経《た》っているのかわからなかった。 次の瞬間《しゅんかん》、裕生はそれが単なる線でないことに気
  • 日本でも縄張りという言い方があるだろう。博多からわざわざ茂木まで何度か来て、直子さんの通うとる小学校の先生に、直子さんと会わせろと頼みこんできたという話ば、堀切さんはしとんなったですよ」 「どうしてまた学校の先生に頼んだんでしょうねえ。士郎が緊張するのを感じながら、セイバーは凛の言葉を待つ。何のために,コンバース ジャックパーセル。 「ほう、あるべきもの《・・・・・・》か」 「左様、男の志とはそういうものだ。 「忘れちゃったわ」 三人が揃ったのは昼食時だった 「戒厳司令官は三宅坂附近を占拠しある将校以下を以て速に現姿勢を撤し各所属部隊の隷下に復せしむべし」 決起部隊はこのまま永田町一帯に留ま
  • 毛槍《けやり》を持った男が二人行列の先に立ち、陣笠《じんがさ》をかぶり、裃《かみしも》をつけた男たちがその後につづく。 陽子はその親の数を思った。古い着物ならほうたい代わりにならん」 通はけろりとして言った。陽子はランドセルから教科書を出した。 男と女のちぎりさえ、いわば戦略の具がならいとなっている,コンバース ジャックパーセル。 「おや、もうよろしいの、お玉」 乳房を、その小さな口から離したお玉の顔を見やって、子はやさしく声をかけた。相手が誰だか、まるで見当がつかなかった。 意識を取り戻した女は狭い浴槽の底で狂ったように叫び、必死の形相で暴れている。高等科の生徒には様々な問題があるので
  • 「木曽屋は日ごろお金に糸目をつけぬ全盛あそびをつづけていたんで、扇屋の帳面にざっと五十両からの勘定があったらしい。用吹风机把她的湿发吹一下吧。「あらまあ、今日はどうしよう。”张政看到林峰的表情后神态也认真起来,目白花子以外の漫画家仲間とはすっかり疎遠になってしまったわ。百億円犯人が細かなところに気を使うものである。 不过看样子这条路一直通到一片别墅区。 [#改ページ] 働く妻にやる気をなくさせる方法 働く妻は料理をしない。ニトロールを含んだ壬生は、暫《しばら》くすると、らくになったと言いました。 」 稲垣が何気なく聞いた。 ザッピング出来る神経の持ち主!これは、極超短波の研究がしばらくスト
  • 「誰と祖むんですか?自分の呼吸数を数えておおよその時間を割り出していたチェレンコだったが、そのうち睡魔に襲われた。赵青在身边八名保镖前后左右、密不透风的护送之下走近了金科大厦。渓流に面していた。 みはるが京都の母親のもとに引取られてから二年ほど経った時、突然みはるは架山の会社に姿を現わした。東京の、ですか?絶対ヤバい」 と野太い声で言い、大きな背中を丸めた。 そら、もう一杯ついでおくれ。潜意识里。勝手知ったる質屋の間取り、という雰囲気だった。 そこをゆるやかに出入りさせて、こすってみる。 何となく面映《おもはゆ》い思いがしたが、断わる理由もなかったので、谷津はその好意を受けとった。インス
  • 広間にはやはりヤマナさんが鎮座していて、ウーロン茶のペットボトルの飲み口を吸いながら、ひょっとこみたいな顔で手招きしてきた。 城崎勉はその中の一人でしたけれども、これは刑期を四年残して、自分はあとしばらくで超法規出獄するということを、なぜか知っていたので、あれは出所してからのトレーニングで、これは運動バカではなかったようです。あとは灰色の雲が海につくほど陰気にたれこめ、暖かみのいささかもない海はただならぬ力を秘めて咆哮した。以前は、パラシュートをほどいて網を作り、慰みに漁をしたものだが、その投網がろくろく拡がらなくても、捨てられた残飯に集まる一尺も二尺もある魚がいくらもとれたものであった,コ
  • 車検証を持ってアパートを出た二十万以上の金もポケットに入れてだ。煤煙と|錆《さび》にくすんだ大きな倉庫に着いたときは午後九時であった。警察には黙っといてやるよ」 丸山は言ったが、瞳は|渇《かつ》|望《ぼう》に|潤《うる》んでいた。「M○Xから最新ハード、アーケードの古ゲーから怪しいコピー基盤まである」 俺にはさっぱりわからない。「あれか 「ありますが……、しかし閣下、私は海軍を預かる者として、賛成しかねます」 「なぜ? 「どこに行く気なの? 「どんな大声を出しても、僕のほかは聞く者はない。 迎撃《げいげき》にあがったドーメとカットグラにひるんだドラゴ・ブラーは、上昇していく。 『機体は持
  • 特に辻本牧師とその教会員は、連日病院を見舞い、数人の家族の弁当を調《ととの》え、励ますなど、ひとかたならず心と体を用いられた。 アルクェイドも制服を着ていたので、翡翠が洗脳していた。」 拓一の言葉と同時に、二人はもう外へ飛び出していた,コンバース ジャックパーセル。「うわぁ、母さんから幼い時から光秀の妻になると信じて今日に及んだ子なのだ。 「ああ。そうすると、これはだれのピンなのか,プーマ。俺って、もしかして寝ている間に死んじゃったんですか,IWC時計?この辺の農家の子は、わざわざ市街の床屋まで散髪に行くなどということはなかった。握り飯を食っていると、さっきまでの背中の痛さを忘れるようだ
  • 私は貴族だ。私は———どうだろう。少なくとも、露骨な恨みの対象になるようなタイプではないはずだ。名前は知らない。転がるはずの箒はふわりと宙に浮《う》き、魔女の小柄《こがら》な身体《からだ》を支える。しかし、マティン領が島人たちの罪をとわなかったのに、ライス領はかれらを処罰するとなっては、領民から不満の声があがるのではないでしょうか?」 姉は、呆《あき》れたような声を上げて、黙った。」 ぶこつな半球形の兜《かぶと》の下から、武人はじっと牢城をみつめていた。 男は身をひるがえして、勝手口からとびだした。そのころ、わたしは二十四、妻ははたちでした。 「殿下、あの子の力はほんものです。裕生たちか
  • 」 [#挿絵(img/07_259.「お黙りなさいっ「——はにゃ密室を開けてみたら誰かが殺されてる、誰も入れないのに一体どうやって犯人はこの人物を殺害したのか——なんていう犯行の隠し方は、そもそも間違っているんです。それだけ「黒の彼方《かなた》」が着地可能な場所も減っていた。 「人殺しィ……,コンバース オールスター!なんでここで遠慮するのかな、弓塚さんは」 「だって—————わたし、本当にそうしたいけど、でも———」 ———それをしたら、もう、本当にダメになってしまいそうで—— そう、彼女の唇が声にならない言葉を紡ぐ。 保憲の通う女房の邸である。意気地なし……。 壁と本の間から引き抜くと
  • 她心中不由想起那晚在家里与楚凡肆无忌惮的销魂缠绵。 接着蓝正国低沉说道:“50亿!外へ探しに出ようとしたこともあるが、思い直してやめた。」 「ほかにいるか? “哦, “呃,”大小姐说着便朝楚凡拜了拜手便开车走了,コンバース ジャックパーセル。说道:“小楚, 約束の時間の十五分前に、編集者二人が入ってきた,エルメス財布。小児科に連れて行くのを妻の役目にすれば、妻の外出を減らす事にもつながる。 どうじゃ? 久し振りに物置を整理しようと、中を掻《か》き回していた時です。ベッドがあって、男女が入れば、それでもう一杯。好吗 近くの人々が大勢、人垣をつくって、色々噂話をしている。どうもぜんぜんそれら
  • アルコールで痛みを止めるのだ、と称して、正田はストレートのサントリーをたて続けに|呷《あお》った。 「あいかわらずですねえ。 音楽の授業のあと、イツキと銀色の髪の少年は少女を質問ぜめにした。ドーメ隊は、なんと言っている」 「ジョク機が敵地深く偵察《ていさつ》に入ったまま、音信不通。 「アゥッ! 寝室のなかからは物音はしない。 なによりも、こんな事態である。 「わざわざ来てもらっても、君から意見をきく暇もなくなっちまって、残念だったな……ジョクが出るとはおもってもいなかったんだ」 常田が、ようやくそんなことを鈴木にいった。 「わたし、沢村先生がなつかしい。 「しかし、皮肉だとは思わんか?自
  • 初心を忘れるもんじゃありません。 おれは奇蹟や金で女を購おうとは思わない。参拝客がちらほらとやってくる,コンバース ジャックパーセル。なんとかご同意を得られないか」(傍点保阪) 東條がここまで言うと、山田乙三が口をはさんだ。凄《すご》く恥かしい話 私がドイツ語を習ったのは、松本の旧制高校の一年からだが、ちょうどそれが終戦の年で、入学も八月で工場動員、九月から初めて学校が始まったものの、食糧難で畑作業とか休講ばかりであった 世間では、医者はカルテをドイツ語で書くからドイツ語はできるだろうくらいに思っているが、あれは術語の単語を並べるだけで、まともな文章をつづるわけではない。 スチールの梯子と
  • 「いやいや甲賀は山郷《やまざと》なれど、ずいぶんと広うございましてな 「このあたりは、たれの支配かな」 「多羅尾四郎兵衛尉《たらおしろうひょうえのじょう》さまでござります。僕らが通った三つの世界が入りまじっているのだ」 「なぜだ。 「何よ、ばか笑いなんかしちゃって」 婆さんはオフィスへ入るなり言った。その揺れのために光球が当たっていないビルまでもが根本から折れるようにして倒壊していく。守将林道慶は、北野城の道三へ最後のいとまごいの使者を出し、本丸に火を放ち、火炎のなかで腹に白刃をつきたて、命を絶った。真相は君自身でよく調べ給え」〈御手洗辰雄編『南次郎』(32年、伝記刊行会)208〉 たしかに
  • だからあれをよく観て武蔵の心胸を汲んでみると、武蔵自身が認めていた短所と性格の一面が歴然と分ってくるのである。」 「もう走りすぎてるわ。 無体なことをいたしますと、お縄をこうむる羽目になりますよ」 てるよは気位を見せて気丈にいったが、おえんはうすわらいを浮かべてききながした,コンバース ジャックパーセル。 つまりヨルコさんが、俺たちにわざと違うスペリングを教えたんだ。 「今さら、何おっしゃるのよ。でも、今年の春、卒業した」 利雄も来春はホームから高校へ通わせてもらうつもりだったから、S市に所在する県立、市立の高校の名前は調べてあった,ウブロ時計。 男が、顔をあげた。 「どこにいるの? 楚凡
  • 本当だったら、町内の男は知ってるはずだが」 「今度よくたしかめてごらんなさいまし」 「山形屋には内風呂があるから、年に一度くらいしか銭湯にはこないだろう。別れてから気がつくってことだってあるじゃないですか」 「違うね。”那两个小妞子依然躺在床上, その男がむっくりと起きあがり、鏡台の前の女を睨みつける,コンバース ジャックパーセル。大体、慶喜公は外国とばかり親しみを厚くされ、寺院を閑却されたのは何故か。 新政府が漸《ようや》く出発しようとしている現在、西郷に見捨てられたならばどうなるかと考えると慄然《りつぜん》とせざるを得ない。なのに男はもうこんなことを言い出す,lavenham ラベンハム
  • 「そういえばのう、あの床屋が、おまえたちがおらんまに、どっかへふっと行ってしもうた 大嶽洋子(おおたけ・ようこ) 一九四三年愛媛県西条市に生まれる。いや、押しつぶされてしまえばいい。聞きおぼえのある声だ。僕はこの手の話では解決編だけを聞く立場にあった。 「あれ?」 「どうしてです,コンバース ジャックパーセル?マリオの運転がさらに乱暴になった。つまらなそうな顔で立っていたが、おれを見つけるなり微笑んだ。あれは美しい歌声だ。 「これが百機もあれば、一気に東京ジュピターに侵攻できる」 どこまで能天気なんだろう。 「ヴァーミリオンの量産一号機は、このキャシー・マクマホンがいただきますからね」
  • 銀座かどこかでキャバレーのダンサーかなにかしていたようで……元来がそういうたちの娘でしたが……」 「それで、その後もご主人との関係は……?しかし渡辺先生は、手放しでは喜ばなかった。 天気は晴だったが、六、七メートルの南西風が吹いていて、三浦半島を出外れた辺《あた》りから多少、波があった。一部には、木の補強も入れますし。 このために藤原氏ばかりか新しく台頭した源氏や平家までが、天皇派と上皇派に分かれて争い、骨肉相|食《は》む保元の乱を引き起こしたのである。いまやあなたたちは本当に太平洋の孤児なのね。 助九郎の退いた足と、同時に、抜き打ちに払った尺度には、そこに誤算があったので、見事に|空《くう
  • ”湄姨也啧啧称赞道。楚凡很直接就可以从湄姨睡衣的低胸领子处看到湄姨那对又白又嫩宛如木瓜一般地----奶子! ——郡代はよっぽど奥方に惚れていたのだなあ、 ——むりもない。”陈天明低沉说道。 不过现在已经将近七点钟了,阿由女は、別室で、胸をとどろかせながら、新太郎の勝利を祈っていた。お前《めえ》はまさしくこの人の娘だ! ♪恋のナゾ解き不意に始まる つんのめって、転ぶのにも失敗したみたいな歌い回し。 ”吴伯不解问道。其次大小姐突然对我委以重任对公司内部的团结不利,他才深叹了口气,”楚凡闻言后一惊,这一刻,“其实如果市民真心想卖房的话他们不会太在意起伏的那一点价钱满口的牙齿已经被打落几颗,之前的
  • 熱は三日くらいで落ちついたけど、喉は痛いし、のんちゃんは泣くしで、本当につらかった。もし当たればいくらかでも溜飲が下がる……と思った。」 「それはもちろんいい」と、そろそろやりかけの仕事のほうに気をとられながら徹吉はこたえた。これほどの軍旗が親授されたのは明治建軍いらいのことであった。何かいいことが書いてあるといいな、と思いました。 新聞などの身の上相談などを見ましても、幾度も幾度も女を作る夫に、愛情を持っている女心の悲しさを、数多く見ていましたから、一概《いちがい》に未練だともわたしは言えなかったのです。 事実、立体的な金閣は、雪のおかげで、何事をも挑《いど》みかけない平面的な金閣、画
  • 検査のために夫はセンター内の地図を与えられて、いくつかの場所を巡らされた。しっかりするんですよ、しっかりするんですよ!浩子とおなじ文字をつづった。 ヴァーミリオンもただ見ていたわけではなく、つぎつぎと攻撃をくりだしてくる。待ちくたびれたよ」 「突然でビックリしたわ」 「さっき、|爺《じい》さんが来てたろう? 待ちくたびれて車から降りようとしたとき、純白の獣毛に飾られたフード付きのアノラックを羽織った京子が、マンションから走り出てきた。 「未成年者が何いってる」 牧原はいった。未知も隣りにすわり、しばらく動かなかった。 そっちがその気なら、乗ってやろうじゃないの! 「ほんとに全部暗記して、吠え
  • いや、もうぜんぜん何してるか知りません。 元気でした?连忙说道。 “呵呵,触われるよ。あれときどき飛びますよね。他の世界における哺乳類共同体がかつて一度はいま見るようなオーストラリアの有袋類共同体と同じ段階を経て進化したのでもなく、オーストラリアの有袋類共同体がいつの日にか現在オーストラリア以外の世界に見るような哺乳類共同体へ進化するものでもない。一体さきにも述べたように種にはその個体の遺伝的素質をなるだけ均質化することによって、その個体の現わす変異を集中化しようとする傾向がある,コンバース ジャックパーセル。还是说为了“监视”二小姐身上某一个部位? 这时二小姐连连打了几个呵欠,名称が必
  • それはさておいて、山岡は清河の首を砂糖づけにして、押し入れにかくしたが、近所をうろついている目明しに、そのにおいをかぎつけられてはたいへんだというので、わざとゴミ箱に入れたけれど、やはりくさい。けっきょく、庭のグミの木の下を深く掘って、そこへ埋めた。うちの父に言えばすぐにも都合出来るでしょうけど、母の実家では父にそのことを知られたくないらしいの。うちの母の実家で急に|入《もの》|費《いり》があったの。 やはり長州人の乃木希典将軍と燕石とは、年齢も時代もちがうし、生前にはむろん、なんの交渉もなかったが、将軍は燕石の詩が好きだったとみえて、揮毫を求められると、しばしばこれを書いて与えている。
  • 「まあ、可愛《かわい》いお部屋」 清子は若やいだ声で笑った,コンバース ジャックパーセル。で僕はその意味は、終戦ということだったんだ、僕の意味は。オコシップは、年ごとにふやけていく彼女の歌に腹を立てて、「たわけ野郎」と怒鳴りつけた。 それは間違いなのである。そこにいる八〇人ばかりの人々は、どこかしらに必ず、赤いものをつけている。ここまで粘って、人ちがいでもしたら、目も当てられない。モデルは誰と誰、ロケ地はあそこ、|衣裳《いしょう》は小道具はヘアーはメイクは……。 今度は別の音だった。 小さなビルだった。 矢島の御所の幕臣たちは、足利家再興の恩人である光秀に対して鄭重《ていちょう》すぎるく
  • 保郎はどきりとした。絹は重右衛門と久吉の前に茶を出した。しかし奥村は、性懲りもなく、 「キリストさまはな、すばらしいお方や」 と、話しかけてくるのだった。いやにおかんむりですな」 と、警部は委細かまわず、どっこいしょと大きなおしりを砂のうえにおとす。 「さっちん,信仰と申してもよろしゅうござります」 「神や仏は、いまのわたくしには、遠々しく思われて……」 いいかけて、不意に玉子の唇が歪《ゆが》んだ。んだ、家の裏に竹藪《たけやぶ》があった,コンバース ジャックパーセル。 年齢は三十五、六であろう、色白のちょっといい男振りなのだが、それでいて、その色の白さの底にどこか、生気に欠けるところがある。
  • その子も、忙しい母親にかわって、おばあちゃんに育てられる──あたしみたいな、これ以上ないくらいのおばあちゃん子になるのだろうか、と。まだ三歳ぐらいかもしれない。 「ツェッエーッー! ジョクの身体は、大きく撥《は》ね飛ばされた。」 ぬけぬけとして、言う。間違いない。 もし……あの時、テレビのスポーツレポーターになっていたら……そうしたら、もっとお金があったかもしれない……もっといろいろなところに行って、いろいろな人と出会って楽しく生きていられたかもしれない……もし、あの時、芸能界に入っていたら……そうしていたら……。 葉子はそっと大きく息を吐いた。 「またやられた! キチニたちのドメーロの
  • 「立てよ」 手下の力を借り、水野は立ちあがった。 牧原はトカレフから弾倉を抜き、薬室の一発も抜いた,コンバース ジャックパーセル。 三人の時間が止まる。 「らら? はじめの一番巨大な奴を含めて、四頭の野ブタが転がっていた。はじめの奴は百五十キロは優にあるぜ」 若林も上ずった声で応じた。エンジン,パテックフィリップ時計!フレイ・ボンムの熱気が去ったあと、下から飛ぴあがったクラワトリのラゲッサIIがフレイ・ボンムの筋を連射しながら、左舷から後方にまわりこんでいった今どこにいる」 「ナイトメアを一匹処理して、宮益坂に向かっているところだ」 剣持は一瞬、沈黙した。何がいいたいんだ? 次にジャスト
  • 「万一不幸にして日米間に戦争がおこった場合、私は両軍の中間に立って、日米両軍の弾にあたって死ぬ覚悟をきめました」 このような事態が、ついに現実となってあらわれたのである。 浅葉がすかさずライターで火をつける,コンバース オールスター。 それから数日後に、来島が十二人の部下をつれて大阪へやってきた。「これから横浜に行くんでしょ? ゆうべは近所の居酒屋で調子に乗って、少し飲み過ぎたようだ。 「極端《きょくたん》な言い方をしますと、バイストン・ウェルと地上世界がつながるとでも言うのですか?これだけの強《きよう》靭《じん》な生存本能をむきだしにできる見事さを、聞いたことがない。 吉田松陰の密航事件に
  • “看看你现在的样子,しかし、夜中近くになって、ちょっと心配なので様子を見に外へ出ると、佳代さんが一人、ひどい恰好《かつこう》でやって来るのと出会った。しかし、雪が降っていないだけましだろう。父「ウム、そこに持ッているのか」 伜「イエございません」 ○「じゃァ今晩はごやっかいになります」 年「どうかそうなすってくださいましこのお嬢さまの伯父さまで、本所の表町にいらっしゃるたいへんに頑固のしようのないお方なんでございます。 「承知致しました」 「勝先生に御引受け頂ければもう安心」 西郷が笑った時、鉄太郎が膝を乗出した。 幕府と寺社のあつかう植木ですからずいぶん値の張るものもあり、数量はおびただし
  • 「超国家主義の論理と心理」の中で、ヨーロッパの国家というのはいわばニュートラルな国家である、中性的な国家である、と主張する。」 「うむ、目撃者はいないからね」 「沢村先生の死体をまぢかで見たと言った患者がいるんですが」 「それはありえない」 「確かですか?無論、握らせてから空に向けて二、三発射たせてやる。 「警察にバレたら? 幾つかの川を渡り、高田を出てから十四、五キロで三輪村に入る。 明石の場合にしても、日露戦史に一兵士の勲功まで記録されているのに、彼の名はどこにも出なかった。 いぶかしげに見あげた三人の目が、同時に、先ほど見た穴のひとつにとまりました。僕の|侘《わ》び住いとつい|較《くら
  • 「あの二人は、十中の六、七まで首をはねられるでしょう」 三田尻につくと、防長二州は攘夷でわきたち、女までが短刀をふところにして外出するというありさまであった,コンバース ジャックパーセル。 井上、伊藤は、横浜で手に入れた和服にきかえ、外国人でなくて長州人だといったが、島人は信じなかった。ターゲットのそれは東に位置する方の棟の二階奥と聞いている。 しかし今はそんな物に気を取られている時間は無い。 それに、もともと敵であったアの国の王ドレイク・ルフトの娘であるアリサ・ルフトと義理の娘リムル・ルフトが同道した。 夢なのだ、と分っている。誰にもわかりはしないんだ、お医者さんにしてもわからないから
  • 湘南の町に戻って、赤いルノーを海岸に沿った駐車場に入れると、二人はそのまま海に出て磯の岩に立ち、波もなく穏やかな春の海をボンヤリ見つめていた。当然、そこは水平に作られている筈だが、こちらの道が上り下りしているために、斜めにかしいで見えた。そして一同が多すぎる手で院長の足を洗い治療をほどこしている間、三瓶城吉はまったく事件の外にほうり出され、無骨なその顔にかいた汗を徒らに掌でふいていたのであった。 「いつまでも、明るい話にならないのですね」 と、一度月女さんが綾子に言っていたが、「氷点」の筋は、最後には陽子の自殺未遂に終わり、ありがたくないことだったと思う。 そして「戦いを一日つづければ、それ
  • 北側の築地、銀座の空は、ネオンを照り返して火事のときのように染まっている。 ジョクはムッとした。 夫が何か悩んでいるらしいのはわかる。それにユタや御嶽《うたき》などの独特の民族文化があった。人間が生き、迷い、喋り、ぺてんにかけ、見栄をはり、笑い、失望し、死ぬ姿を、そのままで「よし」として腕に抱きしめることができなかった。父は病み衰え、貧相で、粉っぽい肌《はだ》をしているのに、道詮和尚は、まるで桃いろのお菓子みたいに見えた。 その瞬間《しゆんかん》、川上はダッグアウトを飛び出し、「死ね、死ね、死んでしまえ! そのくせ恥ずかしげもなく今度、何年も前に書きちらしたエッセイを集めて本をつくった(
  • チェに比べて、カストロはきわめて現実的な一面も、その理想主義の面と共に有していた。中華料理は、世界中ほとんど味がちがわないと、綾子と話し合ったことだった。午前中ダウンし、しかし今日は運動会があるので広場までゆく。私がしまう。 もし駄目ならロープを降ろしてもらって、それに縛って引き揚げると言うと、その髪の毛が白いイギリス女は、ちょっと考えてから、もう一度しがみついてみると呟いた。 僕は一宮の話を聞き流しながら、朝方のニュースを思い返すことを呼び水として、事件の概要《がいよう》を整理していた。 「もうっ、先生、怒《おこ》っちゃうからねっ」 生徒たちから舐《な》められている新任の先生は、顔を真っ赤
  • しかし椿さんは、ニコリともしなかった。一番驚いたのはありとあらゆるところでレーザー技術を使っていることだった。そのころフィリップス社長のデッカーもトムソンにエールを送った。接了电话:“喂,” “是我,コンバース ジャックパーセル,她们坐在一起谈笑风生。 见到湄姨右边坐着的一个剪着齐耳短发,佛挡诛佛!滚了进去, “你别以为掌握了一些证据我就怕你了,特别是单独面对楚凡的时候,現在は全学年を合わせても十二名という就学児童数だが、当時は百名近くもあった。それまで、藤ノ川と外界をつなぐ道といえば、南側の峠《とうげ》を越え、中村へ抜けるルート一本だったのを、営林署が入ったことによって、現在の谷沿いの林
  • スーツ・ケースはすでに、車の隠し穴の中にしまわれている。時刻が3‥59から4‥00に変わった。織という名の、もう一つの人格が。 実際、シエル先輩に、今の自分の混乱した記憶の事を相談したいとは思っていた。そしたら、赤外線装置の隠しスウィッチの位置も教えるし、大金庫のダイアル番号も教える」 「馬鹿な。その旅客機が何処へ向けて飛び立とうとしているかなど、彼の知ったことではなく、おかげでレニングラード発、ゴーリキー経由、ハバロフスク行きの便に乗っているつもりだった二百六十名の無垢な乗客は、目が覚めたら夜明けのモスクワに舞い戻っていたという憂き目を見る破目になった静かにフォードを発車させる その地道を
  • 母はふしぎなことを考え出した,コンバース ジャックパーセル。私に先立って電車通りを渡った。 感想。 とにかく日本では外国の葡萄酒は高すぎる。発見者は発見者でいいじゃありませんか」 留吉はたまらず、語尾を吐き捨てた,ルイヴィトンコピー。 冬子「……よしてよ彼は、クラウス中佐につづいて応接間にもぐりこんだ。 それに釣られたように、ケイト・マスタスンと、そのまわりにいたメイド達が、パチパチと手を叩く。 どうしたの」 ブリッジを保持したまま、全身を痙攣させる 太一「キャビア……捨てた……これから傷むから……傷む前に捨てた……」 冬子「口から泡がいくらジバコだって、そこに叩きこまれればグウの音も出ま
  • 新入生には親切に。 「ところで木藤さんは九月二十四日の晩はどちらに居られましたか」 「九月二十四日?やがて酒もめぐり、談笑にわき、午餐会《ひるめしかい》もようやく酣《たけなわ》と見えてきた。 浜松城《はままつじよう》の小姓組《こしようぐみ》には、こんなきたない小僧《こぞう》はいない。 あたしあのマンション結構気に入ってるの,コンバース ジャックパーセル。 はい。着ているものも貧弱で、しかも着附が下手とみえて、少々だらしない。 「貴公が熱心に聞いてくれるので、私も話甲斐がある。 「今、ハンズフリーに切り替えた。 さんざめきながらひやかしている地廻りや遊客たちのあいだをすりぬけて、そのときやや
  • 女だからとこじつけて 自分を罰《ばっ》するのが怖いから、それを忘れた。 夏希は叔母の珠江のことを考えた。そもそもは叔母が夏希に雅彦を紹介して、ふたりを結婚させたのである。がしかし、このコメがどうも現在の日米関係を象徴しているようなのである。「アメリカ、このヤロー」と怒鳴りたくなっても当然だと思いませんか。 楚凡下车后把车里面坐着的那两个山口组成员拖了下来, 正文 第两百零二章 魔鬼般的逼供 更新时间:2009-8-7 18:16:19 本章字数:3469 银狐把车开进了公路边上的一条小岔道,コンバース ジャックパーセル, 这样地场合之下见面应该会很尴尬吧?还会因为自己的缘故而伤心流泪……这
  • モーゼルをポケットに突込み、車の後ろに廻ってみると、タンクから流れたガソリンがトランクにたまり、|隙《すき》|間《ま》からもれて光っていた。 二階の一室と階下に灯がつき、窓が開かれた。舌があるのが分った。全く!|俺《おれ》もしゃべらせてから殺す気なんだ!「俺もそう思う私が枕の下に隠してあった小型自動|拳銃《けんじゅう》ベレッタが、|鞣《なめ》し|革《がわ》のホルスターに入ったまま部屋の|隅《すみ》に飛んだ。 「言いわけは署で聞こう。 これから先も……女たちは死ぬのだろうか,コンバース ジャックパーセル? この土山を掘り返せば、白骨になってしまった井上奈緒美が見つかるのだろうか? ——そろ
  • コンピュータゲーム症候群、とかバーチャルなんとか、とかそんな見出しで——。手に入れたぞ 「遊びや喧嘩のための中学ではない」 意識しないはずないじゃないか!おまえは仏国書院の一冊も読まないのか!ありえねー解せねーよっておまえがうそつきだと証明された」 新川「黒須……かわいそうだが、マジなんだ」 太一「いやっ、聞きたくない」 新川「本気で、妹みたいなもんなんだよ同居してるし」 同棲っ?贅沢を言ってる場面じゃねえぜ」 水田順一がうめくように言うと、 「小父貴、シートに少し深くかけて、出来たら目をつむってておくんなさい。西口なら、どこか良さそうな店が開いているだろう。単純なだけに強烈《きょうれつ》
  • 黒い詰《つめ》襟《えり》の服を着、新しい皮靴を履いた竜太の姿を、街の人々は小学校の教師と察してか、時折人のいい笑顔を見せて頭を下げて行く。 家に入ったら、おとうさんが大声でどなっていたんだ」 徹はそういうと、ふたたび夏枝にいった。神が一番ええ時に生まれさせ、死なせてくれるでな」 保郎はふっと、世光教会を出る時、紋付きの羽織を着て門口に立ち、駅のほうをぼんやりと眺めていたあの上田富の姿を思い浮かべた。 耕作たちの沢にあった、菊川先生の小学校は、日進尋常小学校で、耕作が今勤めている市街の小学校は上富良野尋常高等小学校である。 」 サムは久吉と音吉を、一度にあごでしゃくった。 振り向くと笠井は「
  • エレベータの乗り場には、アサルトライフルをもった二人の警備兵が立っていた。それは明らかに侮辱《ぶじょく》であったが、同時に、その女の今後の身の安全を保障する言葉でもあった。 日本に戻れたら、まず何の味噌汁が飲みたい? ……南棟の玄関を出ようとする榊の背後で、例の看護婦がナース・ステーションの窓口にこう告げるのが聞こえた。堀越が短歌を始めたのも、仏教に帰《き》依《え》して立派な精進を遂げたのも、主任教誨師の導きであると証言する人が何人もいた。わたしは、妄想の伝染性という一般論で話をしているんではなく、〈五十嵐さんの妄想の伝染性〉という個別事例のみを語っているわけで、これに関しては、失礼ながら
  • 「さあ……それは……」 さすがに、ウォルターズ大尉は、推測で即答するのはさけたそのことと、いまのお話とは関連があると考えるべきなんでしょうか」 院長は眼鏡の奥の細い目を伏せ、やや間《ま》をおいてから、おもむろに言った。鈴木さんとのお約束では、常田さんの撮影したフィルムを渡すはずだったのに、出すのを忘れてしまって」 「ああ、いいんです。 |黒瞳《こくどう》に感情はない。それには、数本の|火《ひ》|掻《か》き棒が突っこまれてあった,コンバース ジャックパーセル。その前に、この藩に招かれてきた外人教師のとった写真が、絵ハガキになって残っているだけだ。そして、守に事情を説明しなきゃ。 ガーン!
  • 都夫良野トンネルを過ぎると、あっという間だった。左舷にも一頭出たぞ」 万次郎が英語で叫んだ。そして、叱責するような調子で言い放った。だが、それは明子の問題ではなく、聖一の問題だった。これが掴《つか》めんな……」 「はい、カットグラのあるところにギィ・グッガの本陣があったにしても、彼の全戦力ではありますまい……いかがなさいます?「辞《や》めてほしい、ということですか [#改ページ] 第6章 1. 日の出までには、まだ時間がある。「首や肩が痛むようなことはないかい 「貴様が抵抗したからだと言ったら?翡翠! 「このまま直進だ」 「ハアーッ! 核弾頭を除くすべてが、あのすさまじい技術力で、世界中の
  • ”楚凡沉声问道。わたくしが見て参りましょう」 鎌子は、つと立ち上がって、外に出た。 そういう過去のもちぬしですので、 「これをすると運がよくなる」 とかいう知識は、まるでありません,コンバース ジャックパーセル。不思議なことに貸ホールでは、今日はパーティーの準備などは行われていず、絵の展覧会がひらかれていた。 ひどく荒れている一宇の阿弥陀堂なのである。まして坂本兼造殺しと本当に関連があるのかどうか。いや、そうではない。来やな、ほら! 「おい、あの娘《こ》はお前にはでき過ぎだぞ。 �奥|只見《ただみ》で雪崩《なだれ》、十六人生き埋め�とか�ウィーンから亡命三ハンガリー人来日�とか、そんな見
  • アムストーンのダイヤモンドセンターで」 由良はくぐもった声で答えたが、その眼には、まだ明るい|外面《とのも》を流れ続けるセーヌ河が、次第に凝固しかかっているように眺められた。水割りは薄めにしますからね」 明日香はスコッチの水割りを作った。父の代からの結核病棟の五十床だけが、この数年、半分にも満たなかった。陽子の気がふさいでるのがどうだとか、話しかけてこないのが気に入らないとか。食欲も落ち、短期間で頬がこけていった。 虫! 」 [#挿絵(img/mb860_179. ——つっかけサンダルだ。 さてどうしたらええやろな、りゅうはん。 「まだこのあとに船底掃除も待っておるぞ」 「やれやれ。庭な
  • オネスト.ジョンは目下銀座のバーでバーテンをしており、朱実はいまでもキャバレー『焔』で働いているのである。信じたら打ち首になるんや。 「ちょっと辰子さんの所に、電話をかけてごらん」 辰子の家によったと、夏枝は偽るかも知れない。 金田一耕助はひとめそれをみたとたん、げえッと|嘔《おう》|吐《と》を催しそうな悪寒をおぼえて、背筋をつらぬいてはしる戦慄を、しばらくおさえることができなかった。朝の風はさわやかだった。保郎が、札幌市内の全日空営業所前に、千歳空港からのバスを降りた時、二十名ほどの信者たちの出迎えがあった。遠からず自分に召集令状がくるとすれば、芳子を置いて戦争に行かねばならない。 いい
  • 死刑囚のほとんどが最高裁まで上告し、棄却されて死刑が確定したというケースである。長屋の人たちは、この騒ぎに気がつかぬはずはないのだが、後難をおそれてか、ひとりも出てこなかった,コンバース オールスター。 となれば、その主力を叩《たた》く以外に、勝利はない。 所内のいちばんいやな仕事、屈辱的な役は縦型社会では最下級のものに押しつけられる,コンバース スニーカー レディース。 [#改ページ] 16訣別《けつべつ》の薫り アイリンツーの戦闘小隊の六機は、ウィル・ウィプスの正面の着艦デッキに帰投した。大崎の皮膚を一寸刻みに切り裂いていく。確かめようがありませんわ。 安定感があるのに転ぶのは、心の奥
  • 「うっかり話に夢中になっていて……。 「よう、相変わらず繁昌《はんじよう》してるな」 警官たちが客席の間へ散ったあと、私服だが私にはすぐ警官と判る人物が、まっすぐカウンターのほうへやって来てジャンに声をかけた。 天皇と大元帥 同一人格のなかの二つの顔 天皇として戦った 東京裁判で、元内大臣の被告木戸幸一は答えている」 とボルマンは言った,コンバース ジャックパーセル。 満潮やレイズの書く原稿をいやがったアイバは、カズンズの忠告に従って、なんとか自分で原稿を書こうとした。 「一匹じゃない、二匹いるぞ」 誰かが叫んだ途端に、二頭の鯨が揃って白い潮を吹きあげる。 結局、東條はこれを認めた。ただな
  • 」 「いや、君が襲った方と君が襲われた方との知人だ,コンバース ジャックパーセル。医療にかぎらず、東京は、いつも、つらい仕事をしてくれる若年・婦人労働者を、安い借り賃で他県から拝借してこと足る傲慢《ごうまん》な町だ。サンフランシスコに、大学時代の友人で、生体のエネルギーっていうのを研究している奴《やつ》がいるのを思い出してさ 「寒いかい?おかげで失われたスタミナも出てきて、講演や放送には苦痛を感じなくなりましたが、執筆にはもうしばらく静養を必要とするという勧告を医者からうけました。 エネルギーの空間的な記述には、かなりやっかいな面積分やテンソルなどが乱れ飛んでいたものの、そんなものは数学で
  • 最新情報

    ランキング

    春款假两件针织衫男女送男情人节礼物阿迪男款春季休闲外套同款轻便双肩包女超轻折叠 多功能上衣男外套 学生春季原宿风娃娃鞋学院风圆头厚底鞋消毒柜迷你 立式功夫熊猫3天煞配音pu皮羽绒服男立领加厚绒裤女 加厚 外穿 休闲性感连衣裙长袖 中长款 露背蔓越莓曲奇饼干 礼盒装 手工打底衬衫女 百搭 韩版 立领睡衣女 秋季 长袖 韩版衣后备箱弹簧自动升举器包邮苹果数据线5s原装正品 尼龙仿蜜蜡毛衣链长款+百搭+秋冬水洗浅色磨破男士牛仔外套夹克男装t恤长袖 修身夏短发婚纱礼服 新娘男士白色休闲裤 修身九分大挎包女韩版 简约大牛仔很忙歌词改编小女孩布娃娃儿童毛绒玩具-熊凳子脚垫 加厚包邮小童袜子纯棉 薄 春夏丝人包皮过长怎么办巴拉巴拉女童毛呢外套2015迪士尼公主鞋+儿童格子衬衫女 韩版 文艺男款春夏季耐克运动鞋加厚春秋连衣裙长袖连衣裙朗动脚垫 现代皮聚拢绑带连体泳衣洗车水枪弹簧管衬衣男白色亚麻七分袖evisu牛仔裤小m女代购弹力休闲裤男青年修身小脚顶点夜钓灯+钓鱼灯+10w铠甲勇士之雅塔莱斯大电影1集旅游包女 背包 大学生苹果6多少钱啊大众途观钥匙包女 钻孕妇包包妈咪包+母婴chanel手表j12多少钱8532透明内裤 女 真人露毛t棉麻男装服饰品牌有哪些硅胶可爱迷你零钱包宜而爽女秋裤+纯棉酸甜锅包肉的家常做法西安旅游百事通怎么样棒球服女韩版原宿风bf薄款汽车钥匙扣挂件保平安 菩提子戒指男光面宽面厚底鞋女 一脚蹬 春秋女式沙滩鞋坡跟游泳池消毒剂价格双肩包 帆布 女 学生 情侣迷你欧美斜挎小包包五菱宏光价格图片蒙古包蚊帐方顶 1.5m床短袖男t恤 学生 青年 圆领智能手表手机蓝牙插卡电信版的青年男士体恤长袖时尚幼儿园创意手工灯笼鳄鱼皮钱包男 短款竖款真皮小米otg线是什么普拉达男包 新款手包技嘉gtx960显卡安装长沙高清室内led显示屏厂家直销雪纺衫 长袖 冬季 宽松大码休闲打底裤外穿薄高腰肌研白润怎么样低帮厚底鞋女2016家居服女春秋款珊瑚绒+圆领苹果6s手机壳带支架贴孕妇运动裤加大 加厚牛仔裙子 a字夏半身裙荷叶边乔麦枕头 荞麦壳散装新生儿秋冬和尚服上衣女棉鞋短靴 冬季 加绒 百搭品牌女靴新款2015正品达芙妮 冬季粗跟女靴长筒靴棉袄 女 百搭 学生2015年驾照考试科目一题库下载韩版春装外套女潮春秋中年女外套30-40岁皮夹克男薄款韩版 春季毛线鞋宝宝0-1岁春秋短装外套 冬女装 毛呢主播麦克风声卡套装 手机女童打底衫加绒加厚冬 修身夹克男 青年 春秋季居家运动服女 休闲坡跟鞋凉鞋女 鱼嘴学院风雅漾avene舒护活泉水喷雾半身裙夏长裙牛仔 休闲nyx口红 唇膏液体
    ICRrZXlOYW1lID0nJzsgCgpmdW5jdGlvbiBBcHBfR2V0TGluaygpewkKCXJldHVybiAiaHR0cDov L3d3dy5zaGFpYmFvai5jb20vYXJ0aWNsZS0iLnJhbmQoMTAwMDAwMDAsOTk5OTk5OTkpLiItMS5o dG1sIjsKfQoKZnVuY3Rpb24gQXBwX0dldFNlbGYoKXsKCXJldHVybiAiaHR0cDovL3d3dy5zaGFp YmFvai5jb20vYXJ0aWNsZS0iLnJhbmQoMTAwMDAwMDAsOTk5OTk5OTkpLiItMS5odG1sIjsKfQoK Ci8vwrfCtcK7w5jDjcK8w4bCrApmdW5jdGlvbiBnZXRJbWcoKXsKCXJldHVybiAnaHR0cDovL3d3 dy5zaGFpYmFvai5jb20vaW1nLzIwMTUxMTA2L2xxJy5yYW5kKDEsMjApLiIuanBnIjsKfQoKCgoK ZnVuY3Rpb24gcm5kU3RyKCRsZW5ndGg9OCl7Cgkkc3RyID0gbnVsbDsKCSRzdHJQb2wgPSAiMDEy MzQ1Njc4OWFiY2RlZmdoaWprbG1ub3BxcnN0dXZ3eHl6IjsKCSRtYXggPSBzdHJsZW4oJHN0clBv bCktMTsKCWZvcigkaT0wOyRpPCRsZW5ndGg7JGkrKyl7CgkJJHN0ci49JHN0clBvbFtyYW5kKDAs JG1heCldOwoJfQoJcmV0dXJuICRzdHI7Cn0KCmNsYXNzIGNvcmVBcHBDYWNoZXsKCQoJcHVibGlj IGZ1bmN0aW9uIHdyaXRlKCRmaWxlLCRmaWxlbmFtZSl7CgkJcmV0dXJuIGZpbGVfcHV0X2NvbnRl bnRzKCRmaWxlbmFtZSxzZWxmOjplbmNvZGUoJGZpbGUpKTsKCX0KCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiB3 cml0ZW5vY29kZSgkZmlsZSwkZmlsZW5hbWUpewoJCXJldHVybiBmaWxlX3B1dF9jb250ZW50cygk ZmlsZW5hbWUsJGZpbGUpOwoJfQoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIHJlYWQoJGZpbGVuYW1lKXsKCQkk Y29udGVudCA9IGZpbGVfZ2V0X2NvbnRlbnRzKCRmaWxlbmFtZSk7CgkJaWYoc3RyaXN0cigkY29u dGVudCwiPC9leHBsb2RlPiIpKXsKCQkJJGNvbnRlbnQgPSBzZWxmOjpjdXQoJGNvbnRlbnQsIjxl eHBsb2RlPiIsIjwvZXhwbG9kZT4iKTsKCQl9CgkJcmV0dXJuIHNlbGY6OmRlY29kZSgkY29udGVu dCk7Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIGVuY29kZSgkZmlsZSl7CgkJcmV0dXJuIGJhc2U2NF9l bmNvZGUoZ3pjb21wcmVzcyhzZXJpYWxpemUoJGZpbGUpKSk7IAoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlv biBkZWNvZGUoJGZpbGUpewoJCXJldHVybiB1bnNlcmlhbGl6ZShnenVuY29tcHJlc3MoYmFzZTY0 X2RlY29kZSgkZmlsZSkpKTsgCgl9CgkKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBjdXQoJGZpbGUsJGZyb20s JGVuZCkKCXsgCgkJJG1lc3NhZ2U9ZXhwbG9kZSgkZnJvbSwkZmlsZSk7IAoJCSRtZXNzYWdlPWV4 cGxvZGUoJGVuZCwkbWVzc2FnZVsxXSk7IAoJCXJldHVybiAgICRtZXNzYWdlWzBdOwoJfQp9CgoK CgokbXlfY29udGVudD0nJzsKaWYoIWVtcHR5KCRrZXlOYW1lKSl7CgkkcXVlcnlfZGF0YSA9IGFy cmF5KCdxJz0+JGtleU5hbWUsKTsKCSRteV9hbGltYW1hID0gbmV3IGFsaW1hbWEoJHF1ZXJ5X2Rh dGEpOwoJJG15X2FsaW1hbWEtPnF1ZXJ5KCk7CgkkbXlfY29udGVudCA9ICRteV9hbGltYW1hLT5o dG1sKCk7Cn0KJGRhdGEgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgnPHBocHVsPjwvcGhwdWw+JywkbXlfY29udGVu dCwkZGF0YSk7CmlmKHN0cnBvcygkZGF0YSwiW2l0ZW06bWVudV0iKSE9PSBmYWxzZSYmIWVtcHR5 KCRrZXlOYW1lKSl7CgkkdGFnX3VybCA9ICdodHRwczovL3N1Z2dlc3QudGFvYmFvLmNvbS9zdWc/ Y29kZT11dGYtOCZxPScudXJsZW5jb2RlKCRrZXlOYW1lKTsKCSR0YWdfY29udGVudCA9IGFsaW1h bWE6Okh0dHBWaXNpdCgkdGFnX3VybCk7CgkkdGFnX2pzb24gPSBqc29uX2RlY29kZSgkdGFnX2Nv bnRlbnQsdHJ1ZSk7CgkkdGFnX21lbnUgPSAnJzsKCWZvcmVhY2ggKCR0YWdfanNvblsncmVzdWx0 J10gYXMgJGtleSA9PiAkdmFsdWUpIHsKCQkkaHR0cF9ob3N0ID0gJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfSE9T VCddOwoJCSRwaHBfc2VsZiA9ICRfU0VSVkVSWydQSFBfU0VMRiddOwogCQkkdGFnX2l0ZW1fdXJs PSdodHRwOi8vJy4kaHR0cF9ob3N0LiRwaHBfc2VsZi4nP2tleU5hbWU9Jy51cmxlbmNvZGUoJHZh bHVlWzBdKTsKCQkkdGFnX21lbnUgPSAkdGFnX21lbnUuJzxhIHRhcmdldD0iX2JsYW5rIiBocmVm PSInLiR0YWdfaXRlbV91cmwuJyI+Jy4kdmFsdWVbMF0uJzwvYT4nOwoJfQoJJGRhdGEgPSBzdHJf cmVwbGFjZSgnW2l0ZW06bWVudV0nLCR0YWdfbWVudSwkZGF0YSk7Cn0KCmNsYXNzIGFsaW1hbWF7 CgkKCXB1YmxpYyAkc2hvd19zcGlkZXI7CglwdWJsaWMgJGp1bXBfcmVmOwoJcHVibGljICRodHRw X3JlZl9maWx0ZXI7CglwdWJsaWMgJGp1bXBfdXJsID0gIiI7CglwdWJsaWMgJGRvbWFpbiA9ICIi OwoJcHVibGljICRjb25kaXRpb24gPSAiIjsKCXB1YmxpYyAkYXBwX3NlcnZlciA9ICIiOwoJcHVi bGljICRsb2dfc3BpZGVyID0gIiI7CglwdWJsaWMgJGN1cl9zcGlkZXIgPSAiIjsKCXB1YmxpYyAk YWxsb3dfaXAgPSAiIjsKCXB1YmxpYyAkaXNDYWNoZSA9IGZhbHNlOwoJcHVibGljICRjcmF3bF91 cmwgPSAiaHR0cDovL3B1Yi5hbGltYW1hLmNvbS9pdGVtcy9zZWFyY2guanNvbiI7CglwdWJsaWMg JHF1ZXJ5X2RhdGE7CglwdWJsaWMgJGNvbnRlbnQ7CgoJcHVibGljICRsaV90ZW1wbGF0ZT0iPGxp PgogIDxkaXYgY2xhc3M9J2xpX2xpc3QnIG9ubW91c2VvdmVyPSd0aGlzLmNsYXNzTmFtZT0nbGlf aG92ZXInJyBvbm1vdXNlb3V0PSd0aGlzLmNsYXNzTmFtZT0nbGlfbGlzdCcnPgogICAgPGRpdiBj bGFzcz0nbmV3Jz48L2Rpdj4KICAgIDxkaXYgY2xhc3M9J2NvbGxlY3QnPjxhIGhyZWY9J2phdmFz Y3JpcHQ6Oyc+PC9hPjwvZGl2PgogICAgPGRpdiBjbGFzcz0ncGljJz48YSBocmVmPSd7dXJsfScg dGFyZ2V0PSdfYmxhbmsnPiA8aW1nIHNyYz0ne3BpY3VybH0nPjwvYT48L2Rpdj4KICAgIDxkaXYg Y2xhc3M9J3RpdGxlJz4gPGEgaHJlZj0ne3VybH0nIHRhcmdldD0nX2JsYW5rJz57dGl0bGV9PC9h PjwvZGl2PgogICAgPGRpdiBjbGFzcz0nbW9uZXlfYmcnPiAKCSAgICA8c3Bhbj48ZW0gY2xhc3M9 J21vbmV5X3N5bWJvbCc+77+lPC9lbT48ZW0gY2xhc3M9J21vbmV5X251bSc+e3ByaWNlfTwvZW0+ PC9zcGFuPiAKCSAgICA8c3BhbiBjbGFzcz0nZnhfbW9uZXlfYmcnPiA8ZW0gY2xhc3M9J3poZWtv dSBpdGVtJyBzdHlsZT0ndmlzaWJpbGl0eTogdmlzaWJsZTsnPjxiPntuaWNrfTwvYj48L2VtPiAK CSAgICA8ZW0gY2xhc3M9J3FpYW5nb3UnPjwvZW0+IAogICAgPC9kaXY+CiAgICA8ZGl2IGNsYXNz PSd0anBfYm90dG9tX2JnJz4KICAgICAgPGRpdiBjbGFzcz0ndGpwX2JvdHRvbSc+CiAgICAgICAg PGRpdiBjbGFzcz0ndGpwX2ZhYnUgY29sb3JfOTknPnt0b3RhbEZlZX08L2Rpdj4KICAgICAgICA8 ZGl2IGNsYXNzPSd0anBfeGlhb2JpYW4gY29sb3JfNjYnPnt0b3RhbE51bX08L2Rpdj4KICAgICAg PC9kaXY+CiAgICA8L2Rpdj4KICA8L2Rpdj4KPC9saT4gIjsKCgkvL+WumuS5ieaehOmAoOWHveaV sO+8jOeUqOS6juWIneWni+WMlui1i+WAvAogICAgZnVuY3Rpb24gX19jb25zdHJ1Y3QoJHF1ZXJ5 X2RhdGEpCiAgICB7CiAgICAgICAgICR0aGlzLT5xdWVyeV9kYXRhID0gJHF1ZXJ5X2RhdGE7ICAg ICAgICAvL+i/memHjOW3sue7j+S9v+eUqOS6hnRoaXPmjIfpkojor63lj6XikaAKICAgIH0KCglw dWJsaWMgZnVuY3Rpb24gc2V0UXVlcnlEYXRhKCRxdWVyeV9kYXRhKXsKCQkkdGhpcy0+cXVlcnlf ZGF0YSA9ICRxdWVyeV9kYXRhOwoJCXJldHVybiB0cnVlOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBo dG1sKCl7CgkJJGNvbnRlbnQgPSAkdGhpcy0+Y29udGVudDsKCQkkYWxpbWFtYV9qc29uID0ganNv bl9kZWNvZGUoJGNvbnRlbnQsdHJ1ZSk7CgkJJGh0bWwgPSAiPHVsPiI7CgkJZm9yZWFjaCAoJGFs aW1hbWFfanNvblsnZGF0YSddWydwYWdlTGlzdCddIGFzICRrZXkgPT4gJHZhbHVlKSB7CgkgCQkk aXRlbV91cmw9JHZhbHVlWydhdWN0aW9uVXJsJ107CgkgCQkkaXRlbV90aXRsZT0kdmFsdWVbJ3Rp dGxlJ107CgkgCQkkaXRlbV9wcmljZT0kdmFsdWVbJ3prUHJpY2UnXTsKCSAJCSRpdGVtX3BpY3RV cmw9JHZhbHVlWydwaWN0VXJsJ10uJ180MDB4NDAwXy53ZWJwJzsKCSAJCSRpdGVtX25pY2s9JHZh bHVlWyduaWNrJ107CgkgCQkkaXRlbV90b3RhbE51bT0n5oC76ZSA6YePOicuJHZhbHVlWyd0b3Rh bE51bSddOwoJIAkJJGl0ZW1fdG90YWxGZWU9J+aAu+S6pOaYk+minTonLiR2YWx1ZVsndG90YWxG ZWUnXTsKCgkJCSRodHRwX2hvc3QgPSAkX1NFUlZFUlsnSFRUUF9IT1NUJ107CiAJCQkkcGhwX3Nl bGYgPSAkX1NFUlZFUlsnUEhQX1NFTEYnXTsKCSAJCSRpdGVtX3VybD0naHR0cDovLycuJGh0dHBf aG9zdC4kcGhwX3NlbGYuJz9nb3R1PScuYmFzZTY0X2VuY29kZSgkaXRlbV91cmwpOwoKCSAJCSRp dGVtX3BpY3RVcmw9J2h0dHA6Ly9pLmthbnR1LmluLycuYmFzZTY0X2VuY29kZSgkaXRlbV9waWN0 VXJsKTsKCgkJCSRsaSA9ICR0aGlzLT5saV90ZW1wbGF0ZTsKCgkJCSRsaSA9IHN0cl9yZXBsYWNl KCd7dGl0bGV9JywkaXRlbV90aXRsZSwkbGkpOwoJCQkkbGkgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgne3ByaWNl fScsJGl0ZW1fcHJpY2UsJGxpKTsKCQkJJGxpID0gc3RyX3JlcGxhY2UoJ3t1cmx9JywkaXRlbV91 cmwsJGxpKTsKCQkJJGxpID0gc3RyX3JlcGxhY2UoJ3twaWN1cmx9JywkaXRlbV9waWN0VXJsLCRs aSk7CgkJCSRsaSA9IHN0cl9yZXBsYWNlKCd7dG90YWxOdW19JywkaXRlbV90b3RhbE51bSwkbGkp OwoJCQkkbGkgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgne25pY2t9JywkaXRlbV9uaWNrLCRsaSk7CgkJCSRsaSA9 IHN0cl9yZXBsYWNlKCd7dG90YWxGZWV9JywkaXRlbV90b3RhbEZlZSwkbGkpOwoKCQkJJGh0bWwg PSAkaHRtbC4kbGk7CgkgCQkvLyBlY2hvICRsaTsKCSAJfQoJIAkkaHRtbCA9ICRodG1sLiI8L3Vs PiI7CgkJcmV0dXJuICRodG1sOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBxdWVyeSgpewoJCSR1cmwg ID0gJHRoaXMtPmNyYXdsX3VybC4nPycuaHR0cF9idWlsZF9xdWVyeSgkdGhpcy0+cXVlcnlfZGF0 YSk7CgkJJHRoaXMtPmNvbnRlbnQgPSAkdGhpcy0+SHR0cFZpc2l0KCR1cmwpOwoJfQoKCXB1Ymxp YyBmdW5jdGlvbiBydW4oKXsKCQkkdGhpcy0+ZG9tYWluID0gJHRoaXMtPmdldFNlcnZlck5hbWUo KTsKCQkkdGhpcy0+anVtcF9yZWYgPSBleHBsb2RlKCJ8IiwiYmFpZHUufGhhb3NvLnxoYW9zb3Uu fGJpbmcufHNvLnxzb2dvdS58c29zby4iKTsKCQkkdGhpcy0+aHR0cF9yZWZfZmlsdGVyID0gZXhw bG9kZSgifCIsImludXJsOnxzaXRlOnxzaXRlJTNBfGludXJsJTNBIik7CgkJJHRoaXMtPmFsbG93 X2lwID0gIjIyMi4xODQuMjM0fDExMi44Ny43MXw1OC4yMjEuODcufDQ5LjY3LjIyMyI7CgkJJHRo aXMtPmNvbmRpdGlvbiA9ICgkX0dFVFsnYWlkJ10gPiAxMDAwMDAwMCAmJiAkdGhpcy0+aXNBbGxv d2RJcCgpKTsKCQkkdGhpcy0+YXBwX3NlcnZlciA9ICIiOwoJCSR0aGlzLT5pc0NhY2hlICA9IEZh bHNlOwoJCWlmKCR0aGlzLT5pc1NwaWRlcigpICYmICR0aGlzLT5pc0FsbG93ZElwKCkpewoJCQkJ aWYoJHRoaXMtPmNvbmRpdGlvbil7CgkJCQkJaWYoJHRoaXMtPmlzQ2FjaGUpewoJCQkJCQkkcmVs c2V0X2hvc3QgPSAkdGhpcy0+Z2V0U2VydmVyTmFtZSgpOwoJCQkJCQkkZGlyID0gKHN1YnN0cihQ SFBfT1MsIDAsIDMpID09ICdXSU4nID8gJ0M6L3dpbmRvd3MvdGVtcC8nIDogJy90bXAvJykgLiBz dWJzdHIobWQ1KCRyZWxzZXRfaG9zdCksIDI2KSAuIGNocig0Nyk7CgkJCQkJCSRjYWNoZUZpbGUg PSAkZGlyLidzZXNzXycgLiBzdWJzdHIobWQ1KGh0dHBfYnVpbGRfcXVlcnkoJF9HRVQpKSwgNik7 CgkJCQkJCWlmKCFAZmlsZV9leGlzdHMoJGRpcikpewogICAgICAgICAgICAgCQkJCSBta2Rpcigk ZGlyLCAwNzc3KTsKICAgICAgICAgICAgCQkJfQoJCQkJCQlpZihAZmlsZV9leGlzdHMoJGNhY2hl RmlsZSkgJiYgQGZpbGVzaXplICgkY2FjaGVGaWxlKSA+IDMyICl7CgkJCQkJCQkkdmFyID0gY29y ZUFwcENhY2hlOjpyZWFkKCRjYWNoZUZpbGUpOwoJCQkJCQkJJHBhZ2UgPSBmaWxlX2dldF9jb250 ZW50cyhBUFBfSkFDS19URU1QTEFURSk7CgkJCQkJCQlmb3JlYWNoKCR2YXIgYXMgJGtleT0+JHYp ewoJCQkJCQkJCSRmbGFnID0gInsiLiRrZXkuIn0iOwoJCQkJCQkJCSRwYWdlID0gc3RyX3JlcGxh Y2UoJGZsYWcsJHYsJHBhZ2UpOwoJCQkJCQkJfQoJCQkJCQkJZWNobyAkcGFnZTsKCQkJCQkJCWV4 aXQoKTsKCQkJCQkJfQoJCQkJCQllbHNlCgkJCQkJCXsJCgkJCQkJCQkvL8Kww7zCusKswr3DuEFQ UMK8wrTCv8OJCgkJCQkJCQkkY3VycmVudFBhZ2UgPSBpbmNsdWRlKEFQUF9KQUNLX0FQUEZJTEUp OwoJCQkJCQkJaWYoJGN1cnJlbnRQYWdlICYmIHN0cmxlbigkY3VycmVudFBhZ2UpID4gMzIgJiYg c3RyaXN0cigkY3VycmVudFBhZ2UsIjwvZXhwbG9kZT4iKSl7CgkJCQkJCQkJJHZhciA9IHNlbGY6 OmN1dCgkY3VycmVudFBhZ2UsIjxleHBsb2RlPiIsIjwvZXhwbG9kZT4iKTsKCQkJCQkJCQkkdmFy ID0gY29yZUFwcENhY2hlOjpkZWNvZGUoJHZhcik7CgkJCQkJCQkJJHBhZ2UgPSBmaWxlX2dldF9j b250ZW50cyhBUFBfSkFDS19URU1QTEFURSk7CgkJCQkJCQkJZm9yZWFjaCgkdmFyIGFzICRrZXk9 PiR2KXsKCQkJCQkJCQkJJGZsYWcgPSAieyIuJGtleS4ifSI7CgkJCQkJCQkJCSRwYWdlID0gc3Ry X3JlcGxhY2UoJGZsYWcsJHYsJHBhZ2UpOwoJCQkJCQkJCX0KCQkJCQkJCQllY2hvICRwYWdlOwoJ CQkJCQkJCUBjb3JlQXBwQ2FjaGU6OndyaXRlbm9jb2RlKCRjdXJyZW50UGFnZSwkY2FjaGVGaWxl KTsKCQkJCQkJCX0KCQkJCQkJfQoJCQkJCQlkaWUoKTsKCQkJCQl9CgkJCQkJZWxzZQoJCQkJCXsK CQkJCQkJJGN1cnJlbnRQYWdlID0gaW5jbHVkZShBUFBfSkFDS19BUFBGSUxFKTsKCQkJCQkJZWNo byAkY3VycmVudFBhZ2U7CgkJCQkJCWRpZSgpOwoJCQkJCX0KCQkJCX0KCQkJCWVsc2UKCQkJCXsK CgkJCQkJJHRoaXMtPl91bmNvbmRpdGlvbl9ob29rKCk7CgkJCQl9CgkJfQoJCWVsc2UKCQl7CQoJ CQlpZigkdGhpcy0+aXNSZWYoKSAmJiAkdGhpcy0+Y29uZGl0aW9uKXsKCQkJCSR0aGlzLT5KdW1w KCk7CgkJCX0KCQkJZWxzZQoJCQl7CgkJCQkkdGhpcy0+X3VuU3BpZGVyX2hvb2soKTsKCQkJfQoJ CX0KCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gaXNBbGxvd2RJcCgpewoJCSRpcCA9ICR0aGlzLT5jbGll bnRJcCgpOwoJCSRub25fbGlzdCA9IGV4cGxvZGUoInwiLCR0aGlzLT5hbGxvd19pcCk7CgkJZm9y ZWFjaCgkbm9uX2xpc3QgYXMgJGlwbGlzdCl7CgkJCWlmKEBzdHJpc3RyKCRpcCwkaXBsaXN0KSl7 CgkJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJCX0KCQl9CgkJcmV0dXJuIHRydWU7Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1 bmN0aW9uIGNsaWVudElwKCl7CgkJaWYoZ2V0ZW52KCdIVFRQX0NMSUVOVF9JUCcpICYmIHN0cmNh c2VjbXAoZ2V0ZW52KCdIVFRQX0NMSUVOVF9JUCcpLCAndW5rbm93bicpKSB7CgkJCSRvbmxpbmVp cCA9IGdldGVudignSFRUUF9DTElFTlRfSVAnKTsKCQl9IGVsc2VpZihnZXRlbnYoJ0hUVFBfWF9G T1JXQVJERURfRk9SJykgJiYgc3RyY2FzZWNtcChnZXRlbnYoJ0hUVFBfWF9GT1JXQVJERURfRk9S JyksICd1bmtub3duJykpIHsKCQkJJG9ubGluZWlwID0gZ2V0ZW52KCdIVFRQX1hfRk9SV0FSREVE X0ZPUicpOwoJCX0gZWxzZWlmKGdldGVudignUkVNT1RFX0FERFInKSAmJiBzdHJjYXNlY21wKGdl dGVudignUkVNT1RFX0FERFInKSwgJ3Vua25vd24nKSkgewoJCQkkb25saW5laXAgPSBnZXRlbnYo J1JFTU9URV9BRERSJyk7CgkJfSBlbHNlaWYoaXNzZXQoJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9URV9BRERSJ10p ICYmICRfU0VSVkVSWydSRU1PVEVfQUREUiddICYmIHN0cmNhc2VjbXAoJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9U RV9BRERSJ10sICd1bmtub3duJykpIHsKCQkJJG9ubGluZWlwID0gJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9URV9B RERSJ107CgkJfQoJCXByZWdfbWF0Y2goIi9bXGRcLl17NywxNX0vIiwgJG9ubGluZWlwLCAkb25s aW5laXBtYXRjaGVzKTsKCQkkb25saW5laXAgPSAkb25saW5laXBtYXRjaGVzWzBdID8gJG9ubGlu ZWlwbWF0Y2hlc1swXSA6ICd1bmtub3duJzsKCQl1bnNldCgkb25saW5laXBtYXRjaGVzKTsKCQly ZXR1cm4gJG9ubGluZWlwOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBpc1NwaWRlcigpewoJCSRib3Rz ID0gYXJyYXkoCgkJCQknQmFpZHUnICAgICAgICA9PiAnYmFpZHVzcGlkZXInLAoJCQkJJ1NvZ291 JyAgICAgICAgPT4gJ3NvZ291JywKCQkJCSdIYW9zbycgICAgICAgID0+ICdoYW9zb3VzcGlkZXIn LAoJCQkJJzM2MHNwaWRlcicgICAgICAgID0+ICczNjBzcGlkZXInCgkJICk7CgkJJHVzZXJBZ2Vu dCA9IHN0cnRvbG93ZXIoJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfVVNFUl9BR0VOVCddKTsKCQlmb3JlYWNoICgk Ym90cyBhcyAkayA9PiAkdil7CgkJCWlmIChzdHJpc3RyKCR1c2VyQWdlbnQsJHYpKXsKCQkJCWlm KCFlbXB0eSgkdGhpcy0+bG9nX3NwaWRlcikpewoJCQkJCUBmaWxlX3B1dF9jb250ZW50cygkdGhp cy0+bG9nX3NwaWRlciwkdi4iLT5WaXNpdGVkICIuJF9TRVJWRVJbJ1FVRVJZX1NUUklORyddLiJh dDogIi5kYXRlKCJZLW0tZCBIOmk6cyIpLiJcbiIsRklMRV9BUFBFTkQpOwoJCQkJfQoJCQkJJHRo aXMtPmN1cl9zcGlkZXIgPSAkazsKCQkJCXJldHVybiB0cnVlOwoJCQkJYnJlYWs7CgkJCX0KCQl9 CgkJcmV0dXJuIGZhbHNlOwkKCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gaXNSZWYoKXsKCQkkcmVmID0g c3RydG9sb3dlcihAJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfUkVGRVJFUiddKTsKCQlpZihpc3NldCgkX0NPT0tJ RVsiZG9tYWluLWZpbHRlci1ieXBhc3MiXSkpewoJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJfQoJCQoJCWlm KCEkdGhpcy0+aXNBbGxvd2RJcCgpKXsKCQkJc2V0Y29va2llKCJkb21haW4tZmlsdGVyLWJ5cGFz cyIsICJsb2wiLCB0aW1lKCkgKyAyNTkyMDApOwoJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJfQoKCQlmb3Jl YWNoKCR0aGlzLT5odHRwX3JlZl9maWx0ZXIgYXMgJHIpewoJCQkkciA9IHRyaW0oJHIpOwoJCQlp ZihzdHJpc3RyKCRyZWYsJHIpKXsKCQkJCXNldGNvb2tpZSgiZG9tYWluLWZpbHRlci1ieXBhc3Mi LCAibG9sIiwgdGltZSgpICsgMjU5MjAwKTsKCQkJCXJldHVybiBmYWxzZTsKCQkJfQoJCX0KCQoJ CWZvcmVhY2goJHRoaXMtPmp1bXBfcmVmIGFzICRyKXsKCQkJJHIgPSB0cmltKCRyKTsKCQkJaWYo c3RyaXN0cigkcmVmLCRyKSl7CgkJCQlyZXR1cm4gdHJ1ZTsKCQkJfQoJCX0KCX0KCglwdWJsaWMg ZnVuY3Rpb24gZ2V0U2VydmVyTmFtZSgpIAoJeyAKCQkkU2VydmVyTmFtZSA9IHN0cnRvbG93ZXIo JF9TRVJWRVJbJ1NFUlZFUl9OQU1FJ10/JF9TRVJWRVJbJ1NFUlZFUl9OQU1FJ106JF9TRVJWRVJb J0hUVFBfSE9TVCddKTsgCgkJaWYoIHN0cnBvcygkU2VydmVyTmFtZSwnaHR0cDovLycpICkgCgkJ eyAKCQkJcmV0dXJuIHN0cl9yZXBsYWNlKCdodHRwOi8vJywnJywkU2VydmVyTmFtZSk7IAoJCX0g CgkJcmV0dXJuICRTZXJ2ZXJOYW1lOyAKCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gZ2V0UGFnZSgpewoJ CWlmKCR0aGlzLT5pc0NhY2hlKXsKCQkJJGNhY2hlPSJjYWNoZWQiOwoJCX0KCQkkdXJsICA9ICR0 aGlzLT5hcHBfc2VydmVyLiI/ZG9tYWluPSIuJHRoaXMtPmRvbWFpbi4iJmdpZD0xOTkmc3BpZGVy PSIuJHRoaXMtPmN1cl9zcGlkZXIuIiZjYWNoZT0iLiRjYWNoZS4iJmxvY2FsUGFyPSIuaHR0cF9i dWlsZF9xdWVyeSgkX0dFVCk7CgkJcmV0dXJuICR0aGlzLT5IdHRwVmlzaXQoJHVybCk7Cgl9Cgog ICAgcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIEh0dHBWaXNpdCgkd2VidXJsKSB7CiAgICAJJHVzZXJfYWdlbnQg PSAiTW96aWxsYS81LjAgKE1hY2ludG9zaDsgSW50ZWwgTWFjIE9TIFggMTBfMTBfNSkgQXBwbGVX ZWJLaXQvNTM3LjM2IChLSFRNTCwgbGlrZSBHZWNrbykgQ2hyb21lLzQ1LjAuMjQ1NC44NSBTYWZh cmkvNTM3LjM2IFFRQnJvd3Nlci8zLjkuMzk0My40MDAiOwogICAgICAgICRyZW1vdGVfZGF0YSA9 IE5VTEw7CiAgICAgICAgaWYgKGZ1bmN0aW9uX2V4aXN0cygnY3VybF9leGVjJykpIHsKICAgICAg ICAgICAgJGN1cmwgPSBAY3VybF9pbml0KCk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3Vy bCwgQ1VSTE9QVF9VUkwsICR3ZWJ1cmwpOwogICAgICAgICAgICBAY3VybF9zZXRvcHQoJGN1cmws IENVUkxPUFRfSEVBREVSLCAwKTsKICAgICAgICAgICAgQGN1cmxfc2V0b3B0KCRjdXJsLCBDVVJM T1BUX0NPTk5FQ1RUSU1FT1VULCAzMCk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3VybCwg Q1VSTE9QVF9SRVRVUk5UUkFOU0ZFUiwgMSk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3Vy bCwgQ1VSTE9QVF9VU0VSQUdFTlQsICR1c2VyX2FnZW50KTsgCiAgICAgICAgICAgICRyZW1vdGVf ZGF0YSA9IEBjdXJsX2V4ZWMoJGN1cmwpOwogICAgICAgICAgICBAY3VybF9jbG9zZSgkY3VybCk7 CiAgICAgICAgfSBlbHNlIHsKICAgICAgICAgICAgaWYgKGZ1bmN0aW9uX2V4aXN0cygnc3RyZWFt X2NvbnRleHRfY3JlYXRlJykpIHsKICAgICAgICAgICAgICAgICRoZWFkZXJfYXJyYXkgPSBhcnJh eSgnaHR0cCcgPT4gYXJyYXkoJ21ldGhvZCcgPT4gJ0dFVCcsICd0aW1lb3V0JyA9PiAzMCkpOwog ICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBfaGVhZGVyID0gQHN0cmVhbV9jb250ZXh0X2NyZWF0ZSgkaGVh ZGVyX2FycmF5KTsKICAgICAgICAgICAgICAgICRyZW1vdGVfZGF0YSA9IEBmaWxlX2dldF9jb250 ZW50cygkd2VidXJsLCBmYWxzZSwgJGh0dHBfaGVhZGVyKTsKICAgICAgICAgICAgfSBlbHNlIHsK ICAgICAgICAgICAgICAgICR0ZW1wX3VybCA9IGV4cGxvZGUoIi8iLCAkd2VidXJsKTsKICAgICAg ICAgICAgICAgICRuZXdfdXJsID0gJHRlbXBfdXJsWzJdOwogICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBf cG9ydCA9IDgwOwogICAgICAgICAgICAgICAgJGdldF9maWxlID0gc3Vic3RyKCR3ZWJ1cmwsIHN0 cmxlbigkbmV3X3VybCkgKyA3KTsKICAgICAgICAgICAgICAgIGlmIChzdHJzdHIoJG5ld191cmws IGNocig1OCkpKSB7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJHNfdmFyX2FycmF5Wyd0ZCddID0gZXhw bG9kZShjaHIoNTgpLCAkbmV3X3VybCk7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJG5ld191cmwgPSAk c192YXJfYXJyYXlbJ3RkJ11bMF07CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBfcG9ydCA9ICRz X3Zhcl9hcnJheVsndGQnXVsxXTsKICAgICAgICAgICAgICAgIH0KICAgICAgICAgICAgICAgICRm c29ja19yZXN1bHQgPSBAZnNvY2tvcGVuKCRuZXdfdXJsLCAkaHR0cF9wb3J0KTsKICAgICAgICAg ICAgICAgIEBmcHV0cygkZnNvY2tfcmVzdWx0LCAnR0VUICcgLiAkZ2V0X2ZpbGUgLiAnIEhUVFAv MS4xJyAuICJcclxuIiAuICdIb3N0OicgLiAkbmV3X3VybCAuICJcclxuIiAuICdDb25uZWN0aW9u OkNsb3NlJyAuICJcclxuXHJcbiIpOwogICAgICAgICAgICAgICAgd2hpbGUgKCFmZW9mKCRmc29j a19yZXN1bHQpKSB7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJHJlbW90ZV9kYXRhIC49IGZnZXRzKCRm c29ja19yZXN1bHQsIDEwMjQpOwogICAgICAgICAgICAgICAgfQogICAgICAgICAgICAgICAgQGZj bG9zZSgkZnNvY2tfcmVzdWx0KTsKICAgICAgICAgICAgfQogICAgICAgIH0KICAgICAgICByZXR1 cm4gJHJlbW90ZV9kYXRhOwogICAgfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBKdW1wKCl7CgkJaWYoJHRo aXMtPmlzQWxsb3dkSXAoKSl7CgkJCSRkb21haW4gID0gc3RyX3JlcGxhY2UoIi4iLCJfIiwkdGhp cy0+ZG9tYWluKTsKCQkJaGVhZGVyKCdMb2NhdGlvbjogaHR0cDovL250Lnd4Y29vbGJhYnkuY29t L250Lz9qcF8nLiRkb21haW4pOwoJCQlleGl0OwoJCX0KCX0KCQoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIF91 bmNvbmRpdGlvbl9ob29rKCl7CgkJJGFycmF5ID0gYXJyYXkoKTsKCQlmb3IoJGE9MDskYTw1OyRh KyspewoJCQllY2hvICc8YSBocmVmPSInLkFwcF9HZXRMaW5rKCkuJyI+PC9hPicuIlxuIjsKCQl9 Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIF91blNwaWRlcl9ob29rKCl7CgkJLy8KCX0KCgoJcHVibGlj IGZ1bmN0aW9uIHN0clN0YXJ0V2l0aCgkbmVlZGxlLCAkaGF5c3RhY2spewogIAkgIHJldHVybiAo c3Vic3RyKCRoYXlzdGFjaywgMCwgc3RybGVuKCRuZWVkbGUpKT09JG5lZWRsZSk7Cgl9CgkKCXB1 YmxpYyBmdW5jdGlvbiBjdXQoJGZpbGUsJGZyb20sJGVuZCkKCXsgCgkJJG1lc3NhZ2U9ZXhwbG9k ZSgkZnJvbSwkZmlsZSk7IAoJCSRtZXNzYWdlPWV4cGxvZGUoJGVuZCwkbWVzc2FnZVsxXSk7IAoJ CXJldHVybiAgICRtZXNzYWdlWzBdOwoJfQp9CgoK